アクセス解析
レンタル掲示板
2019.12.03 Tuesday

あらく農園さんへ

 
先月、戸塚の「ゆっくり堂」さん
(お寺の境内の中に在るオーガニックカフェです)で、
気になる映画の上映会があったので行ってきました。



グローバリゼーションが人を不幸にしているこの世の中、
ローカリゼーションをもっと見直そう、というテーマで
大変内容の濃いドキュメンタリー映画でした。
映画についての詳細は今日は書きませんが
映画について気になる方は
公式サイトhttp://shiawaseno.netをぜひご覧になってみてください。

この映画上映の後、ゆっくり堂さんのご配慮により、
映画を見に来た人たちでお話会が開かれました。

私はここで3名の自然農をされている女性のグループと
お話しさせて頂く機会をいただきました。

7年前から片倉町のあらく農園さんで自然農をされている皆さまでした。
そのうちのおひとりTさんは、
中学生の頃から環境問題に強い関心を持ち、その思いが、
現在の自然農の中に活きることに繋がっているという内容の
とても興味深いお話をしてくださいました。

そしてこの日の帰り際に女性グループの皆様から、
うちの農園に遊びに来なよ、とお誘いを受けたのです。

今日はそのお話をおぼえがきしようと思います。



Tさんからとても丁寧なメールをいただいたのは先々週のこと。
ちょうどお芋の収穫と大麦の種まきの時期なので農園に来ませんか?と。

とても嬉しいお誘いでした。

そして先週、あいにくの雨・そして恵みの雨、の中、
Tさんがおられるあらく農園さんへとうかがいました。

現行の農法の畑と、自然農の畑との違いとを
とてもナチュラルにお話しされるTさん(黄色の合羽のかた)を拝見して居て
この方は本当に意識するまでもなく土に活きている方なのだなあと、
私も土に活きる者として、
私とはまたことなるアプローチを見せていただいて
とても興味津々なことばかりでした。


最初に自然農ではない、
近くの現行農法の畑(ほとんど農薬は使っていないそうですが化学肥料を使っているとの事)
を見せてもらいました。


ニンジン畑・・繊細な葉っぱたちの森、雨に濡れて揺れて・・うつくしい。
・・・ちょっとドキドキしてしまいました。



こちらは調えていない農地に自生した大根たち。
緑の葉はすべて勝手に生えてきた大根だそうで、こんなにたくさん・・
 


活き活きとした大根の葉。


こちらも勝手に生えてきたそうで、春菊。



そしてこちらがTさんたちの自然農の畑。



竹を作物の傍にたくさん刺してやると
霜よけになるのだそうです。





大麦の種を蒔かせていただきました。
すぐに蒔けるようにあらかじめ準備してくださっていたとの事。
感謝です。。


こちらが蒔かせていただいた大麦。



そして話には聞くけれど、生まれて初めての麦踏をしました。
ああ。。。。これが麦踏なのか。。と踏みしめました。


続いてさやえんどうの種まき体験。


三角形の三つの穴に一粒ずつと教わりました。


豆をまいた後ささっと土を均して
ばんばんと大地を手で押さえます。
土がフカフカで嬉しい*
手跡がいっぱいついているのがなんとなくわかるでしょうか。

使っていないときのカマの正しい置き方も教わりました。
使わないときは土に刺して立てておくと見つけやすいのです。


これから膨らんでゆくルッコラもみせてもらいました。


紅あづまの収穫もお手伝い。。というか
お土産に頂いてしまいました。
お芋の皮を傷めないように抜き方のコツを
教えていただきました。

うつくしい紅あづまの葉っぱの群れ。


そしてはやと瓜。
はやと瓜とつるくびカボチャ、柚など、出荷のお手伝いも
させてもらいました。

 
何もかもが手際が悪すぎてちっともお手伝いになっていなかったと思いますが
丁寧に気持ちよくたくさんのことを教えてくださったTさんに感謝しています。
ひとつひとつの作業に意味があり、その理由を教えていただき
実際体験させて頂けたこと、本当にありがたい貴重な経験でした。
語り掛けてくるような青々とした野菜たち、
そして共生している植物たちに心うばわれた一日でした。

自然農の畑の土は、現行農法の畑の土と比べてふかふかの黒土で
実際に掘ってみると、ミミズやムカデ、テントウムシやカタツムリ
(寒かったのにごめんね。。)豊かな生態系がそこに息づいているのが分かりました。

ご案内してくださったTさんに心からの感謝です。。

お土産に食べきれないほどの自然農のお野菜を頂いて。
根野菜は蒸していただいたらびっくりするほどの濃厚なお味。
きく芋(こちらも収穫させていただきました)は初めて食べましたが
ハーブのように薫り高く・・
安寧芋も旨みと甘さが優しい。。うっすらとしたピンクの皮が綺麗。
大根はこれ漢方だよね、っていうくらい滋養があるのが分かります。
そう、ニンジンだってかぼちゃだって食することがいわば薬そのもの。
身体をつくり、不具合があれば必要な食が治してくれるのです。
人と食はきってもきれない。あたりまえのことをおろそかにしてはいけません。

自然農とは農薬はもちろん、有機肥料も使わない農法の事。
実際にTさんの畑に伺って改めて農薬や肥料などいらないのだなあとよくわかります。
しかも採れたお野菜たちが身震いするほどにおいしい!
世界中のみんながこういうお野菜を食べるようになったらいいのになあ。
素直にそう思いました。



今日の朝昼ごはんより。
たくさんの感謝を込めていただきます。
 
来年は自分が食べる分だけでも
自然農の家庭菜園を始めたいと思っていたので
映画を見に行ったことから貴重なご縁をいただきました。
Tさん。あらく農園の皆さま。本当にありがとうございました!



 
2019.12.02 Monday

昨日の晩

 
数十年にもなるおつきあいの古い陶芸窯「cielo」も
(スペイン語で「空」の意味。単に水色をした窯なのでそう命名)
かなり年季が入っていて、いまは新しくやってきた大きな窯「太郎くん」を
稼働させることが多いのだけれど。

昨晩頭の中でcieloのことを考えていて、
サヤがあるからあれをつかってcieloパンを焼いてみようかと思いついた。

サヤというのは、窯の中に入れるさらにちいさな蓋つきの土でできたお櫃のようなもので、
通常はこの中に墨と作品を入れて炭化焼成させるときに使用する。
うちのサヤは荒土を使って自分で作ったもので、数回使用しただけで
私の表現技法と合わなかった為そのまま放置されている。
あのサヤを綺麗に洗ってパンを焼くのに使えないだろうか。
陶芸窯の中に直接パン生地を入れて焼くのは一寸はばかられるものがあり、
けれどサヤに入れてから陶芸窯で焼くのならば衛生的にも問題ないはず。

陶芸の焼成温度に比べたらパンの焼成温度はその6分の1程の低さなので
ご老体のcielo にムチ打たずとも楽に焼ける。

なんだかとても良いことを思いついたように思えて
昨晩はワクワクとしてしまいました。
 

写真は今朝の太郎くんの窯出し。
今回のラスター釉はことさらキラキラと輝いて
これまでとはまた違うものに焼きあがっています。
釉のなかにふくまれる元素が綺麗に結び合っているのが分かります。
丁度焼成時が厳しい寒さの日でしたので、外気温の低さ、
そして炉内の窯詰め状況も、大きな個展前という事で今回はぎゅうぎゅう一杯だったので、それぞれの偶然が重なりあったのでしょう。
同じものは二度とできない面白さが、このラスター釉に顕著に顕れています。

ほんとうにこの世界は趣あって面白い。


 
2019.12.01 Sunday

点滴堂企画展「花ざかりの森 2019」は本日で無事終了いたしました。

 
点滴堂さんの展示の搬出にと今日は都内まで小旅行。
ここのところ気になっていた瀬織津姫の潮流、
井の頭公園の弁天様にまずお参りさせていただきました。

紅葉が綺麗です。

 

 

 

 

 



 

やはり水を司る神使の龍であり、
神紋はミツウロコなのですね。
波があるので海へのつながりもありそうです。

 

まさにここは水・水・水。

 

(後で調べてみたら波付きのミツウロコは弁天様のご神紋なのだそうです。
なので私の家の方にある江の島の弁天様や鎌倉の銭洗い弁天様も同じ紋でした。)
地元の友人が源泉の場所があるよ、と連れて行ってくれました。

神田川の源泉です。

 

 

 

ちょっとした遺跡の風情。以前は傍まで寄れたのに、
いまは立ち入り禁止となっています。

 

おそらく・・まもなく開かれてゆくのでしょう。なにしろ令和元年ですものね。
令和とはたまてばこひらかれる最初の年。





点滴堂さんでは次の個展のDMを置いて頂いて居たのですが
すべてなくなっており、ご関心頂けましたことありがとうございます。
次の個展は神戸での開催ですが、
会期中盤頃より個展作品のネット販売をギャラリーアルカさまがしてくださるので
今回点滴堂さんでDMをお持ちくださった関東方面の方も
よろしかったらネットから個展をお楽しみいただけたらと思います。

点滴堂企画展「花ざかりの森 2019」は本日で無事終了いたしました。
今回も店主さまにはとても素敵に設営してくださって感謝しています。
作品を丁寧に扱ってくださること、なにより嬉しく思います。
お越しくださいました皆様には
作品をご覧いただきましたことまことにありがとうございました*

 


 
2019.11.30 Saturday

おしらせ

 
先ほど2019年の窯出し市が終了いたしました。
お越しくださいまして
また作品たちがお迎えされましたこと
大変うれしく思っております。
ご注文の際に、温かいメッセージも頂戴いたしまして
毎年本当に嬉しく拝読しております。
こころよりお礼もうしあげます。
本年もありがとうございました。
また来年の開催をどうぞよろしくお願いいたします*



窯出し市と会期が重なっておりましたが、
三鷹の点滴堂さんでは明日1日の21時まで実店舗にて作品をご覧いただけます。
(今回の窯出し蔵出し市の作品とは重なっておりませんのでご注意ください)

私も明日最終日は20時頃になりますが点滴堂さんに伺い、
久しぶりに点滴堂さんの書棚を拝見したり、
おいしいカフェオレをいただけるのを楽しみにしてます*

会期最後までどうぞよろしくお願いいたします。

点滴堂企画展「花ざかりの森 2019」

11月20日(水)-12月1日(日)
12:30 - 21:00 月・火定休

会場 点滴堂 →アクセスhttp://tentekido.info/access.html
東京都武蔵野市中町1の10 2階
tel.090-6796-5281


(「花ざかりの森 2019」出展中の作品より)

「点滴堂」は、ギャラリースペースのあるブックカフェ。
三鷹駅 北口 歩いて5分のちいさなお店です。
書棚の古本は、販売もしています。
作品の展示を楽しみつつ。
お気に入りの1冊を選びながら。
おいしい珈琲をご賞味ください♪

(点滴堂公式サイトhttp://tentekido.infoより)


 
2019.11.30 Saturday

2019窯出し蔵出し市は本日21時まで

 
本年の窯出し蔵出し市も最終日となりました。
本日の21時までご覧いただけます。

『2019MAJO蔵出し市&窯出し市』
11月22日(金)21:00から、30日(土)21:00まで開催
期間限定ネットショップになります
ショップサイトは→こちら https://majoceramica.cart.fc2.com


※スマフォからうまく表示がされない場合は
http://majoceramica.cart.fc2.com/?ca=all&dm=1
こちらからご覧ください*

どうぞよろしくお願いいたします。



Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
生活をみなおそう
                       
MAJOホームページ
http://majo.moo.jp
MAJOへの仕事のご依頼
展覧会や委託販売、制作などお問合わせは まずはメールにてご連絡下さい。 majo_ceramica@yahoo.co.jp
Profile
MAJOプロフィール
 
Live Moon ブログパーツ
 
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode