アクセス解析
レンタル掲示板
<< ヤマトタケルの湧き水 | main | 五香六実 >>
2020.06.22 Monday

夏至

 

 

新月で本来見えないはずの月が
太陽に包まれその姿を顕す日でした。

不可視が可視になる瞬間。

 

目に見えないものは、存在する。

 

 

 
山口愛さんの夏至の音瞑想に参加しました。

前回6月6日は満月でした。
そこからひとすじの流れに乘って21日の森の中。

 

 

森の入口のしし岩さまにご挨拶。

 


愛さんが『素敵なところを見つけたの』とおっしゃって
連れて行ってくれたその場所は
イザナミの根の国。

 

一目見てここは胎内だと感じました。

 

 

ウシガエルの鳴く声。
イザナミが心に浮かぶ。

 

古事記に顕される根の国と同じように、
様々な虫があらわれる。
現実に強く引っ張られながら始まった音瞑想は
その同じ強さの力で非現実へと引っ張られてゆくのを感じました。
弓を強くひけば矢はより遠くへと放たれる。

 

  

 

龍神の雨に歓迎されながら
森の胎内の中で
前回の音瞑想が陽だとすれは
今回は陰の場所。

 

自然のバランス。
それにすべてを手渡して自分がなくなる。

 

目の前の木と木の間に金環食が可視化され
上丹田を抑えていた何らかの枠が外されて
完全開放。

 
強く強く声が出る。
内側からの男性性の音。

大地の大地の大地の深いところへと響く声。

ドクダミの香りがほのかに漂ってくる。

二羽のカラスが絡み合って鳴きながら上空の木に止まる。

 
カラスは太陽の神使。

 

音瞑想の呼吸は、
これは生まれた瞬間のあかちゃんの呼吸と同じだ、と気づく。
覚えていないけれども
「憶えて」いる。

 

 

目ではない。
もっとはっきりと視える。

 

はっきりと目醒めたまま
音瞑想が終わりました。

 

大地を強く強く感じ
大地に強く繋がれば繋がる程に
より遠く天へ天へと放たれる。

天を含めての大地が一瞬、姿を顕しました。

大地の深く深くそこは宇宙だと
木々が教えてくれたことを思い出しました。

 
音成り。

内の陰陽の和合。

恵みの雨。

感謝の雨。

安心の場と成った根の国に還る。

 
6月21日。

この日は愛さんのお誕生日でした。

 

愛さんありがとう。

 

 

 


 

 
*

*

 

音瞑想で天地と繋がったまま

 

一日の終わりに

いつものように海に行きました。 

 

 

 

このような空模様の日にまさかと思いつつ・・

ほんの5分ほど太陽からの贈り物が。。!

 

 

 

その瞬間、そこに居られてよかった。

目に見えないものが目前に存在している。

 

 

  

コメント
コメントする








 
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
生活をみなおそう
                       
MAJOホームページ
http://majo.moo.jp
MAJOへの仕事のご依頼
展覧会や販売、作品のお求めやお問合わせは まずはメールにてご連絡下さい。 majo_ceramica@yahoo.co.jp
Profile
MAJOプロフィール
 
Live Moon ブログパーツ
 
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode