アクセス解析
レンタル掲示板
<< 避難生活10日目 | main | 工事中断。 海へ。 >>
2019.09.19 Thursday

家の修復工事始まりました

 


昨日までの日常が突然無くなってしまうことが現実に在るとは、
自分が被災者になるとは、
おそらく多くの人は自分の現実として思ってもみないでしょう。
私もそうでした。

昨日と今日が鮮やかに一変する
その自然の大きな力にはやはり敬意しかありません。

被災直後のおぼえがきにも書きましたが、
怖いという感覚はなぜかなかった。
それは思うに日頃から
海と山に自らの細胞ごとすっかり溶け込んでしまっていたから。
だから地震があっても津波があっても台風が来ても、
自然を信じている自分が居ましたし、
いまでも変わらず心から自然が大好きですし
並々ならぬ浄化をもたらず台風にもワクワクします。
そういう自分の心を確かめることができて幸せです。

2011年の東北関東大震災の後、多大なる津波の被害を受けた三陸の漁師さんが
『今でも海が大好きだ』とおっしゃっていた気持ちが
そのままいまの私の実感です。

狭い視野のなかで生きていたら
二項対立で物事を見て
気に入らないものには蓋をして
それで終わったように見せかけることもできるのでしょう。
けれど自然は・自然の生き物たちは、
二項という息苦しい狭さを優に超え、
立体的に立ち上り、
全てを包み込み調えてくれます。
調える方向に動いてくれます。
その自然の中の一粒に自分が居る。
それが真の姿です。
その実感を、今回、魂の奥で得たことが何よりの宝物だと思っています。

だからほんとうは魂は自然がおこなうことに対して「被災」なんて
ちっとも思っていないんです。
きっとこの感覚は私だけではないと思います。
全ての人の魂はまちがいなく大自然の子ですから。

もし災いと感じることがあるとすれば
それは人の魄が起こしたことだとわかるでしょう。

今回無事に救出できた本のうち、
菅原道真公が魂魄について書かれた本を、
落ち着いたら改めて読み返したいといま思っています。


コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
生活をみなおそう
                       
MAJOホームページ
http://majo.moo.jp
MAJOへの仕事のご依頼
展覧会や委託販売、制作などお問合わせは まずはメールにてご連絡下さい。 majo_ceramica@yahoo.co.jp
Profile
MAJOプロフィール
 
Live Moon ブログパーツ
 
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode