アクセス解析
レンタル掲示板
<< 水火の結び | main | 海散歩 >>
2019.07.27 Saturday

鏡を祀り開かれる

 
伊豆山神社。












大きな切り株の上に新たに根づいた木々。ちいさな森ができていました。








本宮(奥宮)に向かう道程に白山神社の磐座。



本宮の鳥居。












初島。




樹勢著しいところだと感じました。
しかし荒々しさはなくすべて繊細でやさしい。
木から生まれた日精と月精の森の伝説。
ここにあるものは、

水火の龍

磐座
クロアゲハ
初木姫
日精と月精


何もかもが微振動しています。


伊豆山神社は熱海駅からアクセスのよいところにまず拝殿があり
今回訪れた本宮はさらにそこから山に入って徒歩1時間。
(今日の写真はほぼその道程で撮ったものになります)

そして本宮からさらに元宮(伊豆山神社の大元となった場所)は、
さらに奥まった日金山にあります。

日金山にはこのような伝説があります。



〜光る鏡と日金山〜

 271年(応神天皇2年)、
浜辺に光る鏡が現れた。
その鏡は波間を飛び交った後、西の峰へ飛んでいった。

 その様子は日輪のようで、
峰が火を吹き上げるように見えたことから、「日が峰」と呼ばれ、
やがて「日金山」と呼ばれるようになったのだという。

(鎌倉手帳より https://www.yoritomo-japan.com/izusan-tokoji.htm



松葉(しょうよう)仙人が、この光る不思議な鏡をあがめ、
小さな祠を立てて祀ったのが、おおもとのはじまりだそうです。

ともあれ鏡とご縁の深い土地だと知ってここでも「結び」を感じました。


コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
生活をみなおそう
                       
MAJOホームページ
http://majo.moo.jp
MAJOへの仕事のご依頼
展覧会や委託販売、制作などお問合わせは まずはメールにてご連絡下さい。 majo_ceramica@yahoo.co.jp
Profile
MAJOプロフィール
 
Live Moon ブログパーツ
 
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode