アクセス解析
レンタル掲示板
<< 亀神 | main | ちいさきものたち 金彩工程 >>
2019.07.17 Wednesday

またひとつタマテバコヒラク

 



神戸のgallery ARCAさんに色々納品させていただきました。
その納品ぶんの作品より、今日の写真はARCAさんよりお借り致しました。


今回納品させていただいた作品たちを通じて
ARCAオーナーの西田さんが驚くべき学びを受け取られていました。

おぼえがきにも何度か書いていますが、
私が作る作品は私の物ではなく、
遥か遠いところから訪れてきたものが
この世にあらわれるお手伝いをしている、という感覚です。
(まるでお産婆さんのような、あるいは巫女のような、と例えています。)

私は訪れてくるものたちに頼まれて、
自分が持てる最高の技術でもって
その大いなる自然からのご依頼にお応えしたいと、現在の制作をしています。
それが私がこの世に生まれた意味であり、おつとめだからです。

私も一緒に成長させていただいています。

今日の写真は西田さんが撮られたものですが、
あきらかに以前と撮り方が変わられたのを感じました。
作品たちがこの世に生まれてきて、
最も伝えたい・顕したいと思っている言葉にならない幽玄なものを
キャッチして撮られているのがわかります。
被写体は物質ではない、という、
私が自分で自分の作品を通して写真を撮るときの感覚・或る意味瞑想的な・
と全く同じ視点と感性で撮られているのを感じました。

上記しました西田さんのブログ、以下に転載させていただきますね。
https://ameblo.jp/tane320/entry-12494620564.htmlより転載)
よかったらぜひリンク先の写真たちも合わせてご覧ください。
その時のお気持ち、
文章もよどみなくキラキラとして澄んだものを感じます。
私がしていることの根源を
この地上に生きる仲間として明確にシェアして下さっているのが伝わってきます。

素晴らしい出会いと繋がりでただただ感謝しかありません。


以下より転載になります。

------


「ひかりの子」



今日は、先日届いたMAJOさんの作品のご紹介です。


今回届いた作品を展示したとき、不思議な感じがしました。


普段は一つ一つ拝見して
かわいいなぁ〜とかきれいだなぁ〜とか思うのですが、
突然、目の前の濁ったものがいっきになくなったように感じられ、
「あ!これは光の国からやってきたんだ!」と・・・思いました・・・。

曇ったガラス窓が目の前から取り払われて、真実の姿が見えたような・・・。

私、目がすごく濁ってました。

普段から、MAJOさんはブログでもご自身のことをお産婆さんのようだ、
とおっしゃっている意味が、ぱぁ〜〜〜〜!!っとわかったのです。

あっ!そうか、そういうことか!!

今まで全然わかってなかった・・・。(MAJOさん、すみません・・・)


展示中、はっとさせられた1枚の作品。

タイトルは「ひかりの子」

ああ、これは魂の姿ではないか・・・と思いました。


MAJOさんは昨年の個展DMに使わせていただいた絵皿と
対の作品だ、と教えてくださいました。

表裏一体、表と裏。同じものが違う姿で顕れているとも。

ふわりとエネルギーが集まったところに神が在る。

神の姿は、光であり、魂は、光なんだ。

その神の魂を、どの人にもわけみたまという形で与えられている。

だから、人の中に光の魂が宿っているのです・・・。

そのことにようやく気が付いた時、目の前の濁りがいっきに取り払われ、

MAJOさんの作品の本当の姿が見えたような気がしたのです。。。

楽しいですね。

今まで見えていた作品が全然別の作品のように見えます。

本当にすごい。。。

私もまた、作家さんによって成長させていただけること。

本当に感謝しかないです。。。

桃色ラスターのやわらかな光、あたたかな色は、愛を感じます。

それは光の世界が、愛に満ちた場所だからです。

「桃色ラスター」は、偶然の発色からMAJOさんが名前を付けられたのですけど、
やわらかな色合い、ほどよい美しさ。
底面に敷いたガラスにはいった偶然のひびにすら意味を見出したくなります。

手の中で持ちやすいカップと、ワインカップで入荷しております。

表面に描かれた金彩の動物たちも「光の子」のようで美しいです。

人は、みな、「光の子」です。

聖書にも「光の子らしく歩きなさい」とあります。

それは、きっと、神様からいただいた魂の声を聴いて、
「光(=神)の子」として歩きなさい、という意味だったんだ・・・。

美しい光の国から来た作品。

「天のめぐり」そして「因幡の白兎」の作品も、
新たに金彩を施されて再入荷しました。

また、新作「アルカ」と「カナリア」も
併せてご覧いただけましたら幸いです。

香台「航海の護符」も、
波の灰受け皿のセットになって新たな作品として届いています。

この波の受け皿がまるで波動のように渦を描き、
美しい振動数を描いているように私には見えます。

今の私の解釈が宗教チックになってしまっていたらすみません。

私自身、宗教の壁を取り払い、
真実を求めて何が真実なのか見極めたいと学びの途中です。

観念的、宗教的に、魂を語るのではなくて、
真実そうなんだ、という見地に立った時、
目の前のものがいっきに広がり、
今まで見えていなかったものまで見えるような経験。

ああ、そうか、そうだったんだ、と納得をしていく中で、
改めてMAJOさんの作品を手にした時、
今まで隠されていたことが明らかになって私はとても幸せなのです。。。

長々と書いてしまいましたが、ぜひギャラリーでお手に取ってご覧くださいね。

皆様のお越しをお待ちしております。。。


-------------------------------------------
転載ここまで。



重く閉ざされた平成から
軽やかに開かれる令和に。

それは私も令和になったとたん
あまりに顕著な状況の変化により感じていました。。
今回のこともまさに象徴的な喜ばしい出来事。

平成の扉をきちんと閉めたからこそ
最高の令和の扉の前に立つことができる。
実感しています。


作品は神戸のgalleryARCAさん実店舗でご覧いただけます。
近々ネット販売もしてくださるとのことですので、
もしご興味くださいましたらアルカさんのHPチェックしてみてください。


コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
生活をみなおそう
                       
MAJOホームページ
http://majo.moo.jp
MAJOへの仕事のご依頼
展覧会や委託販売、制作などお問合わせは まずはメールにてご連絡下さい。 majo_ceramica@yahoo.co.jp
Profile
MAJOプロフィール
 
Live Moon ブログパーツ
 
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode