アクセス解析
レンタル掲示板
<< 『足音』制作過程 〜点滴堂企画展 | main | 朝昼ごはん >>
2019.05.20 Monday

思金神社 ご奉納




平成から令和に元号が変わったとたん
なぜこのように次々と私の人生にとって大切な出来事が現れるのでしょう。。

先月の終わりに偶然とは思えない方との再会があり、
そしてまたさらに尊いつながりが現れ・・・
波のように幾重にも織り重なって起きて来るのでおぼえがきがとても追いつきません。

なので今日(日付変更線を越えたのですでに昨日になりますが)の
出来事をまず書いてみようと思います。


平成の終わりに起こった稀なるご縁に導かれお誘いいただきまして、
今日は横浜の思金(兼)神社でのご奉納に伺いお参り致しました。



ご奉納では、ご縁のある方々の


ピアノ演奏
がありました。



本当に素晴らしいご奉納でした。
最後のご挨拶で宮司さんが胸がいっぱい感動されているのが
こちらにも伝わってくるようでした。

ご奉納の演奏や舞や歌に合わせて鳥が鳴き、風が吹き、蝶が舞い、
山の大気や生き物すべて祝福の大きなうずにつつまれました。
こちらがただただ純粋に自然であれば
こんな風に大自然は答えてくれるのだと感じられました。。
アメノウズメの舞による御神徳とはこういうことなのだと教えられたように感じます。


写真は「浦安の舞」の一場面。
現在では舞い手が少なくなってしまったという貴重な神楽舞なのだそうです。
地元のご年配の方が『めったに見られるものじゃない、ありがたいね』
とおっしゃっていたのが印象的でした。

「舞」については、最近劇的な体験・体感があって、
また機会があるときにおぼえがき出来たらと思うのですが、
舞によって身体にながれるエネルギーについて少し学んだように感じています。
そのエネルギーの使い方で、自ら調ったり、
目に見えない自然界の状態を察知することができるということについて、
なにか飛躍的な理解が自分の内に起こりました。





ここの神社は地元の人々との親和が高く、
それがよそからきた私のような者も包み込んでくれる優しさと心地よさがあり
これもまた地元の人々に愛されている大地だからこそというのを感じました。
これが鎮守の杜の本来の形なのだとも思いました。



奥の宮は水の宮。
さらにご神体のお山に登らせていただき・・・


桜の実。


紅葉の種。



最後には直会にもお誘いいただいてしまい大恐縮でした。。


しかも!
こちらの宮司さんご夫妻が高知県のご出身だとのことで
なんと旬ものとのことで高知直送のカツオの炙りがふるまわれました*


以前高知に訪れた際に、
お心づくしいただいた方がご案内下さったお食事がこのカツオの炙りでした!
地元の方がお勧めされるだけあって忘れられないおいしいお味で・・
それがまさかまさかこちらでいただけるとは・・・数奇すぎます。。

サラダや香味野菜も
地元の畑で宮司ご夫妻や地元の方が手ずから作られて収穫されたものだそうで、
目の前のお山の自然に感謝感謝を致しましておいしくいただきました。







すばらしい一日をくれたお日様に『ありがとう』を言って一日が終わりました。




そうしてまもなくやってきた夜空には美しい女神。





コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
生活をみなおそう
                       
MAJOホームページ
http://majo.moo.jp
MAJOへの仕事のご依頼
展覧会や委託販売、制作などお問合わせは まずはメールにてご連絡下さい。 majo_ceramica@yahoo.co.jp
Profile
MAJOプロフィール
 
Live Moon ブログパーツ
 
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode