アクセス解析
レンタル掲示板
<< ビンの中の船 | main | はてしない森へご案内いたします* >>
2019.04.17 Wednesday

『神は本など書かない』


『偉業を成せると錯覚する者は多いが
人生を支配するものを忘れてる

自然が人間の侮辱に反抗する時が来る
自然は
万物を侮辱する全てを消し去るだろう』




映画「ポー川のひかり」を再見。

どうしてもこのセマナサンタの期間中に
もう一度見たいと思っていた希望が叶いました。


映画の始まりはサスペンスタッチで
宗教学者であり国際的に認められつつある大学教授が、
貴重な宗教学の本をことごとく釘でうちつけ磔刑にして
本人は失踪するところから始まります。

この大学教授がすべてを捨てて
流れ流れて川のほとりにある人里離れた田舎の村に住み着く。
村人たちはよそものの彼に対して初めから普段のように挨拶をし
親しみをもって受け入れていた。
大地に根ざし大地を信じて生きている人たち。

その風貌から大学教授は村人たちに
「キリストさん」というあだ名で呼ばれるようになる。

ワインもパンも何かのたとえではなく・・彼らとの日常は大地に根差したもの。
自然の中で生きてこそ、宗教ではなく、学問でもなく、
かつては聖書の中で読み学んだだけだった言葉たちが
まるで別のもののように魂をもって聞こえるようになる。

彼ははっきりという。
『神は本など書かない』と。



『誰もが生まれ直すべきだ。 最初から始めなければ真実は理解できない。』

余韻が残るラストもとてもよく、魂にしみいる映画でした。
しかも聖書に書かれたキリストの受難(磔刑となる最期の1週間)に
リンクさせながら描かれているのがすごいと感じます。

いまこの時にもう一度見られてよかった。




スペインに住み、
教会の中の宗教としての「キリスト教」ではなく、
民族の文化というものに根付いた「キリスト教」を日常の毎日から受け取りました。
それは木や草や風や大地に繋がるものでした。

私は小学2年生の時から自ら気に入ってキリスト教教会に通っていました。
幼いころ、聖書の中の物語はまるで桃太郎やかぐや姫のお話と同じレベルで
自分のなかに当然のもののようにして吸収されてゆきました。

中高大学と美術学校に進んだことで
宗教美術として、学問として、キリスト教をさらに詳細に学びました。

けれどスペインの田舎町に住んだとき、
これまで学んできたキリスト教というものが、
その民族から、大地や自然から、
切り離されたものだということを痛切に知りました。
スペインで感じ取ったキリスト教というのは
学ぶものではなく、
この土地に住む人々にとって
民族と大地と自然を無意識のうちに
血の中に流れるようにして結んでいるものでした。

大地の自然ありき、だったのです。

日本に帰国後、
スペインの教会で歌った聖歌や
歌によって感謝をつたえる手段の楽しさを忘れられず、
都内の大きなカトリックの教会の聖歌隊で
半年ほど歌わせていただいたこともありました。
けれど、スペインとは全く違ったのです。

日本のキリスト教教会には、
スペインにあったような大地も自然もありませんでした。
(ここは日本なのですから当然です。)
ただ教義だけが入ってきていたのです。

私を気づかせてくれ、導いてくれたものは、
キリスト教という書物の中の教義的な宗教ではなく
その土地に息づく民族的な大地や自然との結びだったのだと気づきました。


そして同じものが日本には
古神道という形でちゃんとありました。
それに気づくことができました。
気づくようにうながしてくれたのは
スペインの大地のカミーノ、サンティアゴ巡礼道での経験でした。

その人が生きている大地自然と、その人の魂は
非常に繊細で美しい振動で繋がっています。
自分で選ぶものではなく、
自然とそうなっているのです。

日本人ならお正月になんだか初詣に行きたくなってしまう。
スペイン人ならセマナサンタの行列に加わりたくなってしまう。

これなのです。
もうすでに日常の中に真理があります。
真理とは神のことわり。
大自然のことわりです。

だからスペインの土着のカトリックも日本の土着の古神道も
大自然との結びですから、とてもよく似ているのです。

私がサンティアゴの巡礼中にうけとった、
この大地の子であるという生命に届くほかに比べようのない幸福感は
揺ぐことのないものであり、それは宗教を超えてこの地上に生きるすべてのものに
むすばれているものだとわかりました。
そうカミーノが教えてくれました。



私が大地から直接受け取った真理を、
机上の教義からは何も見えてこない虚しさを、
この映画「ポー川のひかり」はとても美しく伝えています。


コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
生活をみなおそう
                       
MAJOホームページ
http://majo.moo.jp
MAJOへの仕事のご依頼
展覧会や委託販売、制作などお問合わせは まずはメールにてご連絡下さい。 majo_ceramica@yahoo.co.jp
Profile
MAJOプロフィール
 
Live Moon ブログパーツ
 
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode