アクセス解析
レンタル掲示板
<< 二人展「宮沢賢治のセカイ」最終日は17時までとなります。 | main | Dulce tradicional japone's. >>
2018.07.05 Thursday

余暇の時間

 
今日の朝昼ごはんは、麦みそぶっかけごはん。
黄色と緑のズッキーニをたっぷり入れました。
瓜好きには素晴らしい季節の到来です(^-^)



素晴らしいと言えば、
すっかりおなじみとなった近所のオーガニックスーパーのスタッフの方に
お米に使われている農薬のアレルギーのことをお伝えしてみたら、
なんと『完全有機栽培のお米ありますよ』とのこと。
店頭には並んでおらず(店頭にはお店と特別契約した農家さんの低農薬のお米が並んでいます)、
奥からその完全有機栽培の米袋を出して見せてくれました。
聞いてみてよかった。
1kgずつお分けできます、とのことでとりあえず1kg頂きました。

それを炊いてみたら穀物の香ばしい香りが・・!
薬で疲弊したお米は炊きたてが洗剤のにおいに感じるので
これは間違いない、と思いました。

食してみればほんとうに美味しくて、
ああ、穀物をいただいているなあ、という感じです。
昨晩炊いたぶんが残っていたので、
今日は、麦みそのぶっかけごはん(好物なんです)にしてみました。
私にとってはなんと贅沢。
冷やご飯があるなんて夢のまた夢の世界になっていましたから。。

かなりの贅沢にはなりますが、たま〜にお米を食べる楽しみが増えました*



昨日は鎌倉へ器を見に行ってきました。

今回も仕事でしたが早い時間帯に済んだこともあり、
なかなか純粋に鎌倉観光する機会もなかったので、
すこしだけ小町通りを散策。

ずいぶんと店が変わってしまって
寄ろうと思って居た店はもうなくなっていました。

その一方で昔からあるお香屋さんは、
今年の春に建物のリニューアルをしたそうですが
変わらずありました。

神棚のお香を買いたいと思い、
かなりの長居をさせて頂いて片端から香っていったのですが、
なかなか一つに絞ることができなくなってしまいました。

ここのお店は小さな包みですこしずつ購入することもできるので
ぱっと香って気になったものをいくつか選んできました。



実際に焚いてみて気に入ったものを大箱で買おうと思います。

昨日は白梅の香りのお香を焚いたのですが
香りも強すぎず、ふとしたときにふわっと甘すぎない花の香りが漂ってきます。
天女のよう・・。

今回いただいてきた中でも一番気になっているのは
「寿王」と名のついた香り。
沈香のようですが、沈香にもいろいろあるようで、
これはなんとも形容しがたい・・・でも気になる香りです。
今日はこれを焚いてみようと思って居ます。
楽しみ。

ずっとお香を買いたいと思っていたのですが
なかなか落ち着いた状態でお店でゆっくり選べる時間がなかったので
とてもよい時間を過ごせました。

いつも焚くお香はそのままそれが部屋の香りになるので
良いものを選びたいなと思います。


コメント
太郎さん
とても丁寧なお返事ありがとうございました。
わたしの方からのお返事がいつも遅くなってしまってすみません。
気が向きましたら、またいつでもおぼえがきへお立ち寄りください。
お気軽にコメントも下さって大丈夫です。
亀がご縁のやりとり、嬉しく思いました。
こちらこそ、古い記事をお読み下さってありがとうございました。

  • MAJO
  • 2018.08.25 Saturday 21:20
36年目とは驚きました。
私は環境の変化で最期まで飼えるか不安ですが、できる限り努力をしたいと考えています。

「神秘在るのも善きこと」
勉強不足でこのような言い回しは初めて知ったのですが、凄く良い言葉でした。
飼っているクサガメを今以上に大切にしたいと考えさせられます。

また、36年間飼い続けている人がいると知れたのは、貴重な知識になりました。

こちらの記事とは、関係のない内容の質問をしてしまったのは失礼だったのではないかと反省しています。以後、気をつけます。すみませんでした。

それでも、丁寧な回答、返信をして頂き感謝しています。ありがとうございました。

  • 太郎
  • 2018.08.14 Tuesday 21:59
太郎さんこんにちは。
コメントをありがとうございました。

20年を越えてクサガメを飼われているのですね。
うちのクサガメは今も健在で、
うちに来てこの夏で36年目程になるかと思います。

もう何年も前になりますが個人的にいろいろ調べてみたこともありますが、
亀の飼育についてデータ不足ということ、
そして亀の寿命が人以上に非常に長いということで、
結局 ”寿命も生態もほとんど分かっていない”という結果でした。
クサガメは専門家による野生種の観察も遅れている。。というか、
ほとんどされていないそうです。

神秘在るのも善きこと・・と思い、
永のつきあいを心して、クサガメといまは日々お付き合いしている感じです。
  • MAJO
  • 2018.08.12 Sunday 14:50
こんにちは、初めまして。
2011年の記事を読み気になったので質問させて欲しいです。
2011年の段階で飼われていたクサガメは現在もご建在でしょうか?

現在私も20年越えのクサガメを飼っていて、当時の書籍では、寿命15年から20年、長くても30年と書いてありました。
最近の図鑑では、60年以上と書いてあり実際いくつまで生きるのかが分からなくなってしまいました。
そこで、以前から実際に飼っている人に聞きたいと思いコメントしました。
よろしくお願いします。
  • 太郎
  • 2018.07.31 Tuesday 17:48
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
生活をみなおそう
                       
MAJOホームページ
http://majo.moo.jp
MAJOへの仕事のご依頼
展覧会や委託販売、制作などお問合わせは まずはメールにてご連絡下さい。 majo_ceramica@yahoo.co.jp
Profile
MAJOプロフィール
 
Live Moon ブログパーツ
 
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode