アクセス解析
レンタル掲示板
<< こころでわかるということ | main | 風が生み出す土の音 >>
2018.05.19 Saturday

ちょっとくびをかしげて〜野の君

 




陶人形のオブジェ「野の君」(ののきみ)
野をつくるかたです。

植物の種の中には、鳥の体内を通過することで発芽するものがあります。
自然の巡りのうち、鳥の役割の一つとしてそうやって種を運び、大地に種を蒔くのです。

余談ですが、
子供のころよく柿の実の種などをお風呂に入れてから蒔いたりしました。
お風呂のお湯の温度がちょうど鳥の体内の温度と同じくらいなのだそうです。
鳥が食べた実を体内で消化し、排出するまでを種に疑似体験させるわけですね。



私が映画「借りぐらしのアリエッティ」が大好きなのは、
最後のお別れの場面。
アリエッティが翔くんに心から『ありがとう』というのだけど、
翔くんは、アリエッティに『君は僕の心臓の一部だ』といいます。

アリエッティは翔くんに助けられたことを感謝しますが、
それ以上に翔くんはアリエッティからかけがえのない命の輝きをもらった。
だから「心臓の一部」なのです。

私がとても好きなのは、
そんな重要な、人の命に関わる素晴らしい行いをしたアリエッティ自身にその自覚がないこと。
彼女がただひたすら素のままに活きていることが、翔くんを救っていたのです。

自然の循環の中で活かされること、役割を果たすこと、というのは
このアリエッティの行いのようなことなのかもしれません。

「野の君」が自覚もなく、野原を草原をそして森を作っていくように。

何か特別なことを行うのではなく
すでにみんながそれぞれにすべてをもう持っていて
それがその時々の状況や環境で活かされていく、というだけのことなのかもしれません。

そういった自然(目に見えるものも、見えないものも)が、いつも人の回りにはある。
このセカイは本当にすばらしいなあと思います。



今回新作で追加納品させていただいた「野の君」は、野をつくるかた。
首の周りのネックレスのようになっているふわっとしたものは、植物の種です。
今日、書かせていただいた、そんな気持ちが顕れています。


MAJO個展『ARCO IRIS』




5月3日(木)-5月27日(日) 12:00-19:00 水曜定休

会場/gallery ARCA
 神戸市中央区北長狭通4-7-3 元町フタバビル201 tel.090-6323-2037
 JR元町駅 東出口徒歩1分


個展全作品がギャラリーのネットショップからもご覧いただけます。
よろしくお願いいたします。



画像をクリックすると拡大します




コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
生活をみなおそう
                       
MAJOホームページ
http://majo.moo.jp
MAJOへの仕事のご依頼
展覧会や委託販売、制作などお問合わせは まずはメールにてご連絡下さい。 majo_ceramica@yahoo.co.jp
Profile
MAJOプロフィール
 
Live Moon ブログパーツ
 
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode