アクセス解析
レンタル掲示板
<< 7月の「土の日」日程 | main | 夏の展示のお知らせ >>
2017.06.18 Sunday

お盆の上のもののお話し


今日は一日強い雨。
景気づけ(?)に
あさひるごはんには(私にしては)ちょっと手の込んだ
レタスのかき玉あんかけのスープをつくってみました。
シンプルなダシ味が旨い!



昔は火を通したレタスは苦手だったのですが、
ある中華屋さんで出されたチャーハンの炒めたレタスが極上で、
目からうろこが落ちた瞬間でした。
アレルギーは別として、大人の食の好き嫌い(特に嫌い)って、
頭で考えての固定概念が原因の場合が多いという話をきいたことがありますが、
ほんとうにそうかも。

世界には、その国の理になかった様々な調理法があり、
それは文化や信仰にも直結していて非常に興味深い。
いつまでも固定概念の硬い頭でいたら、
狭い世界しか見られないのかもしれないなぁと、
過去の自らも、振り返り思うのでした。

まあ好き嫌い以前に、
新鮮であり、
薬品で疲弊していない食材である、
ということが大前提ではありますが。

今日は他に、
いつものようにちょこまか小皿で食べたいもの(主に野菜)たち。
これでパンをたべつくしたので、
また明日から食べるためのパン種を、
冬の間に熟成したリンゴの酵母で仕込みました。
(何度も書いていますが、パン作りと陶芸は似てますね。)



「ふだんの食器は自分で作ったものを使ってるんですか?」
と訪ねられることがあるのですが、
大概、お盆に乗っているものの半数以上は、
気づけば自作の器のことが多いです。
趣向としては小皿を多用するので、
いろいろな小皿があるとうれしい。

今日のお盆に乗っている器たち(上写真)も、
やはり半数ほど自作のもので、そのほかのものは、
太郎くん(窯)をお譲り下さった絵付け師の方のものだったり
かつて軽井沢のイベントでご一緒したキエフ出身の
女性陶芸師のものだったり(どうされてるんだろう。お元気かな)
スペイン窯元の友人作のカリファル様式のものだったり、
京都の友人の骨董家からお分け頂いたものだったり、、、。

どれもこれもそれぞれにまつわる物語のある器たちです。
そんな器たちとの朝昼ごはん。
しあわせなことです。




国分寺での展示会の会期が近づいてきているので、
日々制作。





◆企画展『Antonio D.L. 詩×MAJO 陶』
 6月30日(金)ー7月9日(日)  12:00〜19:00 火曜休

 最終日9日の15時〜16時半は、
 アントニオ氏をゲストに迎えてのギャラリートークあり
 (参加費2500円 タパス、ドリンク付)
※最終日の15時以降はギャラリートーク参加者のみご入場頂けます。
 参加お申込はくるみギャラリーまで。

 くるみギャラリー
 東京都国分寺市本町2-18-16
 TEL.042-312-2963
  メール kurumi@pg7.so-net.ne.jp

6月30日、7月1、5、7日の全日と、
9日の15−16時半「Dia de la charla お話し会」の時間帯に、
在廊しております。

お越しをお待ちしています。






クリックで拡大します





最近、なかなか夜寝つけないので、なんでかなあと思っていたら、
昨晩ふと思った。
『あ、わくわくしてるからかな?』

どうやら日々制作するのが楽しすぎて、
遠足前の園児のように無邪気にわくわくしすぎてうまく寝付けないようです。笑



コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
生活をみなおそう
                       
MAJOホームページ
http://majo.moo.jp
 
Live Moon ブログパーツ
 
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode