アクセス解析
レンタル掲示板
<< 土の道はつづく | main | コヌルコピア >>
2016.12.27 Tuesday

旅と海老とクリスマス

 
スペインでは、、というより、おそらくカトリックの国では
クリスマスは1月6日のレイエス・マゴス(三賢者)の日を持って幕を閉じます。
大晦日や新年もクリスマスシーズンの内の行事の1つという感じがあるので
やはり何よりクリスマスというものが文化的・民族的には最重要で、
もちろんいま現在も向こうではクリスマス・シーズンまっただ中です。
いわゆる日本みたいな「年末感」が、
スペインに住んでいた時には全く感じられませんでした。
ず〜っとクリスマスの感じ。

そんな訳で、
昨晩スペインの友人からクリスマスのごちそうの写真が送られてきました。
先日のおぼえがきにも少し書きましたが、
むこうでクリスマスのごちそうと言えば、海老です。
写真には海老のみならず、
ロブスター?など数種の甲殻類も写っていてゴージャス。
写真では分かりにくいですが、お米と煮ているので、いわゆる「おじや」みたいな料理です。


(ちなみに日本のおじやは、スペインから伝来したもの。スペイン語で『オジャ』と言います。
大元を辿れば、アフリカ料理なのだそうです。
アフリカからジブラルタル海峡を渡ってスペインに入り、
そこからスペイン・ポルトガルが南蛮文化を日本へ持ち込んだ際に
オジャも渡ってきたのでしょうね。)



この夏スペインの窯元ラ・ランブラの町に滞在していた時に親友から、
『来年はカトマンズに旅行するから現地で会おうよ!』
と言われました。
『日本からなら、スペインへ来るよりも近いでしょう?!』と。

カトマンズに興味ない。。というより、
”観光旅行”そのものにまったく興味がない私は即答で断わったのでした。
その会話をそばで聞いていた親友の旦那さん曰く、
『MAJOは、それよりもラ・ランブラに来たいんだよね。』

ご名答。笑。

もともといわゆる「観光旅行」には魅力を感じていなくて、
つまり、ツアーだろうとフリープランだろうと、
ぎゅう詰めのスケジュールの枠に自分をはめこみ、
ガイドブックと同じ写真を撮って帰ってくるような旅はいやだなあ、と。
国内・国外に限らず。

旅にはいつも私個人なりのかなりピンポイントな目的があって、
それは、陶芸の仕事だったり、
以前にはサンティアゴの巡礼の旅だったり、
もっと昔は、現地でしか観られない演目の観劇目的だったり、と。

スペインは特に土地に呼ばれているように心で感じられるのが
私には不思議です。
現実的には行けそうもない遠い国だと思っていても、
心の赴くまま何かの助けが入り、
この夏のように思いがけず渡航することになるのです。

そんな訳で、その土地に即した
私個人にとって沸き立つような明確な理由がなければ
たぶん旅などには出ないだろうと思うのです。

そして
たぶんすべての要は「土」にかかわる事をしているということ、
すべてそこから発していることなのではないかなと感じ取っています。



コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
生活をみなおそう
                       
MAJOホームページ
http://majo.moo.jp
 
Live Moon ブログパーツ
 
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode