アクセス解析
レンタル掲示板
<< 関西の旅をふりかえるの巻おわり | main | 皇居東御苑にてまさかの・・・ >>
2014.06.03 Tuesday

脳みその使う場所

 
今日は陶芸サークルの窯焚きでした。

窯の温度が上がるにつれて、炉室内はサウナ状態。
暑いは暑いのだけれど、今日は、ぼーっとしたり
だれるような感じではなかったのが、逆に少し気になって
後で、なんでだろう、と考えてみた。

そういえば、今日だけでなく、
ここ最近頭の中がすっきり明瞭な感じがしているのは何故だろう?

・・・思い当たる事1つ。
脳みそに影響しそうなことといったら、
最近、スペイン語を思い出そう・使おうとし始めたこと。

なんとなく、職業柄もあって、
普段から右脳ばっかり使っている感があるのですが、
(世の中では左脳人間がともすれば批判されがちみたいですが)
右脳も左脳も、こういうのってやっぱりバランスなのかもしれないなあ。
ひさびさにスペイン語を使おうとする事で、
左脳が司っている場所が稼動したような気がしています。

昔スペイン語を習っていた時、同じクラスの中に、
『ボケ防止の為に来ています。』とおっしゃっている御人がおられましたが
これは本当にいいかもしれない。他国の文化にもふれる事が出来て一石二鳥です。

私もこの今の脳の状態に便乗?して、ボケ防止の為に^^
なんだかピアノも弾いてみたくなりました。
(ピアノ歴15年ですがブランク期間が長すぎるので下手ですが。)
ピアノは楽譜を追う目と、それに連動する指と、音を確認している耳と、
情緒的なイメージと・・・etcetc...脳みその中のいろいろな場所を
同時に使っている感があります。
弾き終わった後、なんだか視界が明るいもの(笑)

脳みそも、いつもと違う場所を使うのって大事ですね。


P.S.西洋の学問では一般的に言語は左脳に入って行くとしているらしいですが、
日本語は特殊で、右脳に入って行く言葉なのだそうです。
だから、りんりん、ふわふわ、さんさん、とんとん、など
繰り返し音による抽象的な言語伝達を可能にしてるのだとか・・・



コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
生活をみなおそう
                       
MAJOホームページ
http://majo.moo.jp
MAJOへの仕事のご依頼
展覧会や委託販売、制作などお問合わせは まずはメールにてご連絡下さい。 majo_ceramica@yahoo.co.jp
Profile
MAJOプロフィール
 
Live Moon ブログパーツ
 
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode