アクセス解析
レンタル掲示板
2019.11.20 Wednesday

日がな一日

 
将棋に流鏑馬、ハンモック。
じゅいくんとむじゃきに遊ぶ。









てんちゃんとてくちゃん。

 
2019.11.15 Friday

夕散歩

 
今日のぽかぽか陽気に掛布団から敷布団まで一式干したので
取り込んだ部屋の中がお日様の匂いでいっぱい。幸せな香り。

今日もロクロをひき、オブジェの作品が生まれてきました。

20日から始まる点滴堂さんでの企画展に向けて作品の梱包と発送。

郵便局へ行ったその足で海岸へ。。

















これまでにやってきたことが急に繋がりだしています。
数日の間にあまりに次々と新しい出会いや出来事が立て続けにあるので
おぼえがきも追いつきません。
なのでひとことだけ。
つくづく過去に何をやってきたのかが今をつくるのだなあということ。

本物のものづくりと感謝の祈りを歌わせてくれたスペインの大地に、
瀬織津姫と引き合わせてくれた富士山に田越川に、
食の大切さを教えてくれた諸々の事象に・・書き出すときりがありませんが、
すべて繋がっていました。大感謝です。

今ある出来事が、
いつも本質を求めてきたこの道は間違っていなかったという
まるで答え合わせをされたような展開。
巡り巡ってスペインの大地で最も幸せだった日々が、
またいま新しい扉を開けた私のもとへ巡ってきた感覚。

それぞれの素晴らしい繋がりは、日常のこととして
おぼえがきにもおいおい書き顕されることでしょう。
これが令和の波。

 
2019.11.14 Thursday

夕散歩

 


ロクロのおしごとのあとは
産土様の境内のお掃除へ。

お掃除中は瞑想しているように内に深く入っていくので、
突然声をかけられるとはっとします。
産子さんはそんなこともよくご存じなので
『驚かせてごめんなさい。』そんな風におっしゃってから
要件をお伝えくださいます。

お掃除をすることで場が開く。
とても簡単で、誰にでもできる且つ大切な方法です。

 
*
*

お掃除の後は海へ。













昨晩から今日にかけて町中に磯の香りが濃く漂っていた・・・波の花?

*
*




散歩おやつ*塩昆布付き。


 
2019.11.11 Monday

雷鳴とどろき丁度よく。

 

ひとつまえのおぼえがきで発酵させていたパン、
朝昼ごはんに丁度良く間に合って美味しく頂きました*


今日は、令和になって初めてのロクロ作業ができました。
練り上げていく粘土がどんどん美しくなってゆきます。


そしてひとつロクロをひきだすと、どんどん生まれてきます。
たいへん心地よくたくさんの土からのものが生まれてきました。
絵付けの技法のイメージも同時に心に浮かんでいるので
これから絵付けまでの長い工程へと導いていくのが楽しみです。



家の工事もひと段落したところで、とつぜん大雨が降ってきました。

お空が持ちこたえてくれたのですね。
大工さんがぬれずに済んで丁度よく、よかった。

今日は色々なことが丁度よい日。





 
2019.11.11 Monday

パンの発酵を待ちながら。

 

ただいまパンの二次発酵待ち。
秋の初めに比べるとめっきり寒くなったので

膨らむのに時間がかかるようになりました。


先月の台風19号で破損した家の一部分。
ようやく今日、大工さんが来てくれました。
うちは9月の台風15号での被害が大きかったのですが、
地元周辺では10月の19号での被害の方が大きく、
9月に追い打ちをかけるようにして、でしたので復興もままならず
大工さんも常に人手不足で本当に大変なようです。
ご苦労さまです。

うちは、雨で工期が伸びたこともあって、
(あの即位の礼の10月22日が工期予定だったのですが
ご存知のように大雨で延期になりました。
でもあの日は本来日常の事は休むべきハレの日でしたから
それでよかったのでしょう。)


ちょうどいまこの文字を打っている部屋の横で
トントン・ガガガガガ・と、トンカチやドリルの音がしていますが
明日からは明るい部屋で暮らせると思うと
(雨戸が閉めたまま開けられない状態になっていたので)
これもまた新しい日常へとつないでくれる音ですね。

今日も雨予報で、朝方は雨でしたが、
いまはなんとかお日様がのぞいてくれてよかったです。



ここひと月くらい、よく聞いているポッドキャストが
「姿勢が変わると、人生が変わる。」という番組。

お話しされているのは東京の青山で整体院を開業されている仲野孝明先生。
大正時代から代々整体院を営むご家族に生まれて、
しかし親御さんからはとくに跡を継げと強制されたことはないそうで、

それだのに結局、

先生のご兄弟4人とも全員が同じ世界の仕事にそれぞれ就いているのだそうです。
子供のころから身近に整体のような世界観があれば、
その道に興味を持つ気持ち、私にもなんだかわかるような気がします。

仲野先生のお話は、私が京都の気功の学校で学んだことと
重なることも多く(本道なんだな、と感じます)、
特にやはり体の使い方には、先生の言われていることを実際にやってみると
呼吸が楽になったり、血流が良くなるのが分かります。


このポッドキャストを聞いて早速実践したことの一つが、
ノートパソコンの画面の高さを目線に合わせる、ということ。
ポッドキャストではそれ専用のスタンディングデスクのお話もされているのですが、
ちょうど陶芸窯の煙突を支えるレンガが2つ余っていたので
それを使って高くしてみました。


これ、効果てきめんでした。
朝起きたときと、夜寝る前に気功をするのですが、
いつも首の後ろが疲れて痛みを持っていたのですよね。
その首の痛みがかなり軽減しました。
これまでノートパソコンを見ていた角度が
相当首に負担をかけていたのがよくわかりました。
ノートパソコンはそもそも携帯用に作られているので
1時間程度の作業ならいいけれども、
長時間作業するのには、人の体の造りにまったくそぐわないと仲野先生。
私はあまりしませんが、きっとスマフォやノートパッドなど常用する人は
もっと首肩腰に負担がかかっていることでしょう。

仲野先生曰く、
町中の人の姿勢を見ていて、もうほんとうにだめだと。
日本では今や65才以上の5人の内4人が寝たきりになっているそうですが、
若い年代の姿勢の現状を見ると、体をこわす年齢がさらに低年齢化し、
寝たきりになる可能性も高くなるだろう、とのこと。
これは専門家でなくとも同意されるかたは多いのではないでしょうか。

仲野先生の目指すところは100歳まで・死の直前まで
自分のことは自分でできて
死の直前にころりとなくなる、という生き方。
人類の健康のために、朝起きてまず、
『自分は地球のために何ができるかと考えます。』
という仲野先生の言葉に清々しさを感じます。
そのためにまず自分のからだで実践し、
走ることを始め色々試しておられることのお話しも興味深いです。

余談になりますが、
仲野先生の整体師としてみている方向が、
私の物づくりの向かう先と同じようにも感じました。
媒体はなんであれ、
自然か不自然かを指針として、
この世界が調和するとよいなと。。自らの持つ役割を果してそれをする。
私は微力ながらでもそれができればいいと思ってます。

現代はさまざまな面で二極化しています。
姿勢においても
実践する人と、実践しない人。
気づいていてもやらない人は気づかない人と同じ「実践しない人」です。
その先の結果は大きく違ってくるのだと、
このポッドキャストを聞いていてもよくわかります。

私が習った気功の学校の先生、天野泰司先生もおっしゃっていましたが、
同じことを仲野先生も言われています。
それは
『どこかへ行って誰かに治してもらうのではない。
本人が自分で治さなければ治らない。』
ということ。
先生に何とかしてもらいたいという依存心が解けなければ、
気功も整体も現代医療と何ら変わりない。
『本当に自分が治したと思っている整体や気功の先生は
一人もいないと思いますよ。
患者さん本人が気づいて自分で治そうとした途端に治り始めてゆく。
そのやり方を教えることができるだけです。
ご本人がやるかどうかです。』
という旨を仲野先生も番組の中で言われていました。
本当にそう思います。

依存心と、利潤にもとづく現代医療の洗脳からまず解放されることが、
本当に自分の体が良くなる重要な鍵だと思います。
私が学んだ気功の学校でも
「意識を外すこと」ということを最初の段階で繰り返し練習しました。
このポッドキャストで学べることもその裏付けになっていると思います。


 

2019.11.09 Saturday

夕散歩

 



 

2019.11.07 Thursday

つながっている。

 
あれから私の日常に、産土神社の境内のお掃除が在ります。

最初にお手伝いさせて頂いたのが境内の片隅にあるお稲荷さん。
他の場所もお掃除させて頂くのですが、
なんとなく、ここに還ってくる感じ。

今日行ってみたら、お稲荷さんの飛び石になっていた参道の
石と石の間がセメントで埋められてバリアフリーになっていました。
地元のご年配のかたも車いすの方もお参りがしやすくなりました。

埋めたセメントは薄桃色をしていて、なんだかほっこりとします。
産子の方にお聞きしたら、工事の方にお願いしてうっすら色を差して頂いたのだそう。

落ち葉のお掃除の時間は大地との語らい、瞑想をしているようで心が鎮まります。

お掃除の後、水筒とちいさなおやつを持って海に行きました。




















自分の内も、薄桃色に染まるほっこりとした神社の境内も、
輝く太陽に照らされた力ある波の元で活きるひとびとの命も、
すべてつながっていました。


 
2019.11.06 Wednesday

朝昼ごはん


朝昼ごはんにスコーンを焼きました。


私は食事の時に沢山水分をとるのですが、
最近は『毎日のお味噌汁はいらないかも』という身体の感覚になっていて
そういう身体の声を、

これまでの経験上ちゃんと聞いたほうが良い事もわかっているので
今日もおすまし的なスープになっています。

スープの具は、海苔と切り干し大根が具とダシを兼ねてて、
それにここ最近は、徳島の友人が送ってくれた鳴門金時を
蒸かしてから入れています(^^)おいもの調理は蒸すのが一番好き。

食事時以外ではほとんど水分をとらない私ですが、
食事時には一気に沢山水分をとります。
スープに加えて、お茶なら3杯くらいおかわりします。



そういえば、サンティアゴの道を巡礼したときも、
他の巡礼者から「水は必ず十分持って歩きなさい」、
「一日最低でも2リットルは飲みなさい」とアドバイス受けましたが、
荷物が重い方が私にはつらくて、結局一番小さいサイズのボトルの水を買って、
飲む前に半分くらい道端にあけて(ごめんなさい・・)軽くして歩いていました。
(そのくらい荷物のわずかな重さは極限状態の体力に響きます)
歩いている間は水はほとんど体の欲求がないので飲むことはありませんでした。
そのかわり、巡礼者宿での食事の時には沢山お水を飲んでいました。
どうやら飲みだめができる体質のようです。


 

2019.11.04 Monday

古いもの


地元、山の根にあるアンティークショップが閉店とのことでのぞいてみたら。。


こまごましたものが気になってお持ち帰り。


真鍮の取っ手は、引き出しをテーマとした作品の一部に使います。


写真↑の作品「cajon/カホン(引き出し)思い出」は、
1点のみギャラリーアルカさんにて現在お取扱い頂いてます。
アルカさんのネットショップからもご覧いただけます。

gallery ARCA(ギャラリーアルカ)
神戸市中央区北長狭通4-7-3-201  tel.090-6323-2037
アルカさんネットショップ
http://atelierseed.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1978195&csid=0&sort=n

ご興味ありましたら是非。


 
2019.10.28 Monday

朝昼ごはん

  

 
今日の朝昼ごはん。
真ん中の器に入っているのは真菰筍(まこもだけ)。
近所のオーガニックのお店でお分けいただきました。
万葉集にもでてくるそうでむかしは薬としても用いられていたそうです。
 
まこもだけは、昔、京都の東寺の近くにある
オーガニックの八百屋さんで初めて入手して以来、なので、
あの時はどんなふうに調理したんだっけ・・と
今回お分けいただいたオーガニックのお店のおかみさんにお聞きしたら
『昨晩うちは天ぷらにしたらとっても美味しかったよ〜!』とのこと。
 
昨晩は天ぷらにする気満々で持ち帰ったのですが、
なんだかピンとくるものがありシンプルに蒸してみました。
蒸すと、ほくほくになり自然の甘味があり滋養があってとっても美味しい!
これはシンプルな調理が一番!と心得ました。
 
なので今夜は素揚げに。
桜エビでダシをとった季節の白菜のおひたしと一緒にいただくと
じんわりと旨みが口の中に広がります。。
揚げてもまこもだけ特有の優しい甘味は消えません。
 
何物にも例えがたい味わいのまこもだけとの季節の出会いに感謝です*
 
追記*
まこもだけの黒いつぶつぶ・・前に京都で食べたときはなかったので
ちょっときになってしらべてみたら・・
こちらのサイト様に詳しくありました。
少し引用させていただきますと、
 
『真菰(まこも)は、東南アジア諸国で古くから食用や薬用として身近な植物で、
日本でも古来から邪気を祓う植物として神事にも使われてきました。
(中略)
これは、黒穂菌(くろぼきん)が寄生したものなんですって。
感染しているマコモは夏を過ぎると、黒穂菌の影響で根元の部分の茎が肥大し、
これが「マコモダケ」となるのだそうです。
遥か昔は、マコモダケから採取した黒穂菌の胞子を「マコモズミ」と呼んで、
お歯黒や眉墨、漆器の顔料などに用いられいたのだそうです。』
 
興味深いお話しです。
 
 
 
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
生活をみなおそう
                       
MAJOホームページ
http://majo.moo.jp
MAJOへの仕事のご依頼
展覧会や委託販売、制作などお問合わせは まずはメールにてご連絡下さい。 majo_ceramica@yahoo.co.jp
Profile
MAJOプロフィール
 
Live Moon ブログパーツ
 
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode