アクセス解析
レンタル掲示板
2017.10.14 Saturday

土は乾燥具合が命。

 
土で制作していて気を付けるのはその乾燥具合。
土の乾燥のタイミングで、できることが決まってきます。

ちょうどよい乾燥具合だからこそ、
高台を削ることができますし、
施せる装飾があるからです。
土が固すぎても、柔らかすぎてもできないのです。

だからそもそも量産にはむいていない素材なのだと思います。
ある程度、基本の形状を合理的にたくさん作っても
どんどん乾燥していってしまうので
追われるようにして次から次へと装飾を施さねばならない羽目になります。

けれど次々に時間に追われながら作ることで、
あきらかに作品が荒れてゆくのが分かります。
そういった作り方の作品を見ていると、とても苦しい気持ちになります。
「なにかに追われ続ける」という気持ちが作品に込められているのが
伝わってくるのかもしれません。。
興に乗って手が走る、というのとは明らかに異なります。
合理性が奪うものははかり知れない。


・・・・そんなことを考えながら、
次の、まったく合理的にはつくれない、しかし唯一の作品を、制作準備中。


**

◆企画展『白い図書室』

 11月1日(水)ー12日(日) 12:30〜21:00  月・火曜定休

 会場/点滴堂 →HP
  東京都武蔵野市中町1-10-3 2階
  ※三鷹駅 北口より徒歩5分


幼いころ住んでいた家から最寄りの図書館は、
明治の洋館といった風情の古いレンガ造りで
庭に池があり、とてもお気に入りの場所でした。
この世に生まれて、本という媒体との運命的な出会いは
このレンガ造りの図書館のなかの児童書の部屋が最初だったと思います。

この図書館の閲覧室は、古い黒ずんだぴかぴかの木の床で、
とても広く、まるで宇宙のように感じました。
子供は児童書の部屋以外、入室が許されておらず、
いつか大人になって、あの古い木の床の
本がたくさん並んでいる広い図書室へ入るのを楽しみにしていました。

けれど図書館はやがて新築の鉄筋ビルの中へ移転となり、
レンガ造りのこの建物は今では取り壊されてしまっています。。

・・私が「図書室」と聞いて浮かぶノスタルジックな想いを、
この企画展で作品にできたら、と考えています。

なんとも私にはツボの本ばかりがセレクトされている点滴堂さん。
(大祓祝詞、宮沢賢治、ミヒャエル・エンデのジムボタン、三原順のハッシャバイ、等々)
その古本屋を母体とした点滴堂さんにふさわしい企画テーマだなあと感じ、
この稀有なるテーマにもひかれて、今回参加させていただくことになりました。
私の新作は少し物語性のある作品たちになるかな、と思います。
どうぞお楽しみに*




今日のおやつにチョコクッキーを焼きました。

くるみとイチジク入り。
ほんとうはこれしかクッキーは作れないのですが(笑)

でも自分の好きなおやつなので
これしか作れなくても善しとしています(^-^)

2017.10.13 Friday

夏からのおくりもの


昨日までの数日は、
今年はなんだか夏らしい日がすくないうちに季節が去ってしまったようで
すこしがっかりしていた私には、
夏からのふと思い出したプレゼントのように感じていました。

やはり気温が温かいと体が安心したように緩む。
ゆうるゆうると夕散歩しながら
身体が緩んで癒されていくのを感じました。
ここちよい。。
そうそう、この夕涼みのような感覚・・。
(いまは夏だと思おう。)
そんなふうにここ数日をじんわりとたのしみました。
夏からのすてきなおくりものでした。

今日は5月のころの気温と同じだそう。
春ってそういえばこんな感覚だったかも。
あの時(春)は、寒さよりも気温の中に温かさを感知してて。。
夏から目立って日々ごとの気温の格差が大きい関東ですが、
今年の今までのいろいろな季節を思い出しながら、それはそれでなんだか楽しい*

体感から記憶が呼び覚まされる感覚が敏感になっている。



2017.10.10 Tuesday

富士山の国から

 


富士山の国の方々が遊びに来てくれました。

最後にお会いしてからすでに約10年ぶり。
知らないうちに時が経っているなあと感じます。
これなら100年もあっという間かも。

たとえ100年ぶりにお会いしたとしても素敵なかたはやっぱり素敵なまま。
ひとかどならぬ色々なことがこの10年間に起きても、
それを乗り越えて、
素敵な方は素敵なままでした。

あっという間の100年が充実したものになる秘訣が
わかったような気がする一日。

夕方、みんなで橋の上からみた霞んだ空に、
うすももいろの富士山のあたまがちょこんとのぞいておりました。



2017.10.06 Friday

つれづれ


今日の朝昼ごはん。



天才的に(笑)スコーンがうまく焼けました。
いままでアルミニウムフリーのベーキングパウダーを使っていましたが
無くなったのを機に膨らし粉は重曹のみに変えてみました。
重曹を使うと、いかにも焼き菓子と言う感じの良い焼き色がつきます*

すこし食事の量が多いかと思ったのですが、
秋になってから大食いになってきているのと(寒いとカロリー使います)
最近運動量も増えている気がして、意外とぺろりでした。



私には1日2食があたりまえなことなので、
話の枕詞「私は1日に2食しか食べないので」という事を忘れてしまい、
1日に3食食べている人との会話が微妙にずれていたのに気づかず。。

色々な場面で、自分と他人の常識が異なるので
うまく伝わらず勘違いされていたんだ、と、後になって気づくことも多いです。

ぬかりなく言葉を用いて会話するって難しい。



昨日は中秋の名月でしたが、
今日は満月。

ということでいただき物の鳴門金時とすだちで簡単な月見団子ふう。
自然のお芋とすだちの味のみですがおいしいです。



雨で今宵の月は見えませんね。



ひきつづき金彩中。



今夜は午前3時くらいまで窯番をする予定。



2017.10.05 Thursday

窯を待ちながら


窯出しするにはまだ温度が高いので、
窯待ちがてらに、今日は早めの浜辺の散歩へ。

秋らしい空気になって澄んでいるのか光や空がきれい。















散歩からもどったら、窯出しできるまで温度も下がっていました。

これから、最後の工程金彩にかかります。




2017.09.21 Thursday

アゲハ


たいていお天気の日の朝昼ごはんはこの梅の木の下でいただいています。



外でご飯を食べていると、いろいろな虫や鳥、時にはカニも見かけます。
ヘビが来ないかな〜と思って居るのですがまだ見たことはありません。
(近所の方のお話では、山も近いですし、時々出るようなのですが。)

今年はとくにクロアゲハの訪問が多かった。
昨日も今日もごはんを食べていると頭の上をひらりと一周して飛んでゆきました。


先日海のきわの神社に行ったとき、
真っ青な海の上を沖に向かって飛んでゆくクロアゲハを見て、
何か示唆されるものがあり感動しました。

アゲハチョウは神使のようです。



さて器のバックグラウンドの部分の絵付けが終わり、
釉を筆付けして現在焼成中。
のこる工程は金彩。
果たしてこの風景の中にどのような姿でやって来てくれるでしょうか。





2017.09.15 Friday

散歩の途中

 
商店街にて。



海にて。



そんな日もあります。


2017.09.13 Wednesday

夕散歩

 




春と夏はかすんでいることが多かったけど、
だんだん富士山もみられやすい季節になってきました。




2017.09.11 Monday

夏休み

 


週末は、都会に住む友人が遊びに来てくれて、地元の海や山へ!



友人に会うにしても、どこかへ出かけるにしても
いつも仕事を兼ねてという事が多いので、
今回は久しぶりに完全にお休みをとって
遅ればせながらの夏休みを私も満喫しました。

ずっと長いこと立ち入り禁止になっていたご神木のそばにも
この時はなぜか近寄れるようになっていて、初めてお傍でご挨拶。


夕刻には家の近くの海岸で、
2年前に鎌倉宮でいただいた花火をしました。
なかなか花火などする機会もなくて、気が付けば2年も経っていたことに驚きます。

花火が終わって「夏休みが終わったね。」という
なんだかとても懐かしい気分になりました。


2017.09.08 Friday

身体の自然が本気で整おうとする周期

 
身体の自然が本気で整おうとする周期があるみたいです。
先週は、私の体は1年間の大祓いでした。

思えば子供のころから年に1度は、病院に担ぎ込まれるくらいお腹の激痛になった私。
いまなら実感を持って、
あれは体に蓄積した毒を体が定期的に排出していたのだとわかります。


大人になってしばらくは、子供のころのような定期的な排出もなく
(ひとはそれを健康と呼ぶのかもしれませんが。。)
しかし、排出されないという事は、
どこか排出機能が鈍くなっていていらないものまで体にため込んでいたのでしょう、
去年の6月に前代未聞の大放出。

その時は、
何か食べるとのたうち回るほどの胃腸の激痛で、立ち上がることもできない。
2週間絶食で体力も落ち、ねたきり状態でした。

体の中にあった余計なものがなくなって初めて、
ようやく起き上がるところから始まり、
やがてよちよちあるき、
食は添加物が一切ない流動食からはじまって、
(1日に自家製豆乳ヨーグルト大さじ3杯が食べられる限界でした)
やがて消化の良いものを少しずつ。。

そんな風に去年の6月、体の非常に大きな造りかえがありました。



そして先週、またも。。。と言いたいところですが、
今回はまた異なった症状での排出でした。

そもそも展示続きで疲れのとれない実感があり、
先週初めのある1日、徹底的に気功と整体を自分で行いました。
それがまさに効果覿面。
翌日、胴体全体的な内臓?の激痛で起き上がれない。
最初は筋肉痛かな?と思ったのだけど、さらにその翌日がもっと痛い。
もはや筋肉が痛いのか、骨が痛いのか、神経が痛いのか、わからない。
とにかく胴体が、内臓が、痛い。激痛。

ただ不思議なのが、痛むのは寝転がっている時、寝返りを打つ時だけで、
痛みをこらえて起き上がると、痛みはほとんどなく、
多少の違和感はあるけれど普通に動ける。
重い粘土も持てるし、筋肉痛でも筋を痛めたのでもないみたい。
なんなんだろうこれ?
と思いながらまた眠るとき、横になるときに胴体がズキっとする。
翌朝起きるときが一番痛い。
でも起き上がると何事もなかったようになる。。。そのくり返しで2、3日。
そんな不思議な激痛のあと、
ひどいお腹こわしが始まりました。
トイレと仲良し、外出などできません。
お腹こわし、というより、なんというか、、背骨の奥の奥からでてくる感じ。
これは1日でおさまり、気が付けば嘘のように胴体の痛みも消えていました。

徹底的な気功と整体--胴体と内臓の激痛--ひどいお腹こわしは、
きれいに連動していたようです。

そしておなかこわしも自然に治まったその翌日の夜、
人生初のじんましんに!

最初は蚊に手の甲を刺されたのです。
満足げにぶ〜んと蚊が立ち去るのを見ました。
かゆいな〜と思っていると、
どんどん赤い腫れが増えてゆき、
ぼこぼこと合体して赤い立体地図のように手と腕が腫れて。。
これは蚊じゃないな、じんましん?!と。

食べ物については、忙しかったこともあり、ずっと同じものを食べていて、
その日も同じ食材で、特に胃が弱っていたと思ったので
消化よく調理したものを食べていたのでした。
なので食べ物由来のじんましんとは考えにくく、疲労によるものだろうと思いました。

まあ原因はどうあれ、とにかく痒い。
腫れ始めたのが夜中で、痒くて一晩中眠れませんでした。
そして不眠の翌日は、展示会の搬出日でした。

東京までの往復約4時間、行けるかどうかかなり迷いましたが、
応急処置として
すこしでもかゆみが引いてくれればと、
常備しているメディカルグレードのアロマオイルを塗ってみたら効果覿面。
手の甲に赤味は残っているものの、すうっと痒みとボコボコの腫れが引きました。
本当は症状を抑えるのはあまり良くないのですが、仕方がありません。

気に入ってたまに使っている漢方のお店で買っている精油なのですが、
免疫調整とかおそらくその時一番弱っていた肝臓強化の作用があるらしいです。
とにかくかゆみが引いてくれただけでもありがたい。
それでなんとか搬出も無事終了。

なんとなく今年に入って息つく間もなく続いていた制作の大きな波々を越えきって、
いまはスケジュール的にも少しは一息つける状態になりました。

今週に入ってじんましんがぶり返さないかと懸念していましたが、
忙しさと疲れという根本原因がなくなったからか、
最後にちょっと熱が出て、
それ以降は、先週の怒涛のような不調の連続は消えました。
身体があらゆる手をつくしたような排出のあとは、
頭も体調もすっきりしてまた新しい体をもらった感じです。

すべての不調といわれるものは、いらないものの排出。
これは過去の経験から実感があることで、
昔は薬を飲んだり、医者に行ったりしましたが、
やっぱり薬や医者が直すわけじゃない。
体の不調には理由がある。
自分の体のやることを信じるのが大事。

大気の汚染、水道水はもちろんペットボトルの水にも防腐剤が入っています。
かといって息をしないとか水を飲まないというわけにはいきません。
食事については自炊である程度選ぶことはできますが、
これも完全にはむずかしい。(日本は何でこんな国になってしまったんだろう。。)
仕方なく摂取したものは、やはり体の排出に頼る部分も大きいです。

身体の声を聞き、状態を知り、
身体の行っていることをできるかぎり抑えない。
体はどんどんいらないものに対して感覚が鋭くなっていくので、
今はより排出力が高まっていると感じます。

そしてまた、
去年6月のひどい不調以降、特に食に気を付けるようになったせいか、
今回は去年にくらべて軽い症状ですんだのだと思います。
こういう不調になったとき=根本からの治り方だとわかってきたので、
身体は絶不調でも気持ちの不安はありませんでした。

いまは仕事がら、少し肩こりが残っている程度。
これは海辺の散歩でもしながら整えます。



ずっと忙しくて行けなかった家の近所のパン屋カフェに
今日ひさびさに行きました。
ずっと忙しくて、、やっと展示も終わりました、などと話していたら、
注文して出てきたパンがやけにでっかい。

『やっとお仕事終わったって言ってたから、おまけでいつもより厚く切りました*』
とパン屋さん。

うれしい。
ほんとうに身になる食事って、
栄養素とかオーガニックとかも大事かもしれないけど、
でもそこに加わる気持ちこそ、とっても大きいことかもしれません。

ごちそうさまでした(^-^)



Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
生活をみなおそう
                       
MAJOホームページ
http://majo.moo.jp
 
Live Moon ブログパーツ
 
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode