アクセス解析
レンタル掲示板
2020.04.07 Tuesday

海散歩

 



 

 



 
 
 
2020.04.07 Tuesday

龍神雲

  

 
お天気の良い日は、朝起きて
陽光シャワーで気持ちよく髪を洗います。

それから気功をして、
カフェインのない朝のお茶を飲み、
朝昼ご飯の準備。

今日ははからずも私にしてはゴージャスメニューになったので
写真に撮ってみました*



個展の会期中は日常の買い物に行けなかったので
昨日久しぶりに買い物に行って、
たいがい夕方に行くのですが
珍しく午前中にスーパーに行ったら結構にぎわっていて、
お昼間のスーパーってにぎわっているんだな、と思いました。

買い物を済ませてレジに並ぼうとして、ここで初めてびっくり。
いまだかつてないほどの大行列です。
何か限定品の販売でもあるのかな?と思ったり。
隣に並んでいた女性が
『みんなこんな買い込んでどんだけ大きい冷蔵庫もってるのよ』と
笑っているのを見て、初めて気づきました。
あ、これがうわさの買い占め?

私が通常買うもの、おからとか地粉とかお豆腐とか
オーガニックのお野菜諸々・・いつもと変わりなく買えたので
まったくそういう事態になっているという発想がありませんでした。
こんなにぎゅう詰めに人が一堂にスーパーに集まっちゃって
通常以上の混雑。
これ、自粛してる効果あるのかなぁ。
つくづく和歌山の湯浅町の町内放送の
『コロナは特別怖いものではありませんから、安心してお過ごしください』
の方が、心身の安定=免疫効果、買い占めに走らせない、
という意味で心理的効果が高いように思えました。
実質あれから湯浅で感染者増えていませんし。

そんな風にして
長蛇のレジに並びながら、
いつもは見たことがなかった陳列棚の商品を
レジに並ぶ時間の間まじまじひとつひとつ観察。
ちょうどキッチン器具の陳列棚の横に並ばされていたので、
ピーラーとかスライサーとかおろし金とかいろいろあって
思わず買いそうになりました*(笑)

せっかくの転換期。
チャンスの時。
自分がより具体的に心に浮かべる世界に生きられるというのに、
恐怖や不安にスポットを当てるなんてもってのほか。

死なないために生きているのではなく、
活きるために生きている。
と、今のこの現状に向けておっしゃっていた方が居られました。
死が隣にあるからこそ生が活きる、というのは絵空事ではありません。

このコロナ騒動が収束しても、コロナ以前のような日常は戻ってきません。
循環しないもの、本質に届かないもの達は淘汰されます。
何を信じて生きていますか?
大難を小難に。
その術は、それぞれの人々が
何にスポットを当てて日常を活きるかにかかっています。
いまこそ、自分の内の「大いなる自然」を喜ばせたらいい。
それを私は、去年の秋の台風の被災で日常と仕事を失うことから学びました。
日常はストップしたけれど、
時間だけはいくらでもある。
この時間に何をしていたかがとても大切。
いつまで続くかわからなかった避難生活からようやく復興し、
日常が戻ってきても、以前とは異なります。
「時間」というかけがえのない贈り物をいただいたおかげで
さらに大地との結びつきが強まり、
より豊かな日常へと戻ってこられました。
それはここおぼえがきをずっと読んでくださっている方ならご存知かと思います。
 
 
 
2020.04.06 Monday

つれづれ*

 
今回の展示期間、お弁当づくりに徹底したので
疲れ知らずで最終日まで全力でお届けできました。

会場内も混み合うことなく、
お一人ずつとこれまでにないほど
ゆっくりとお話ができたように感じられました。。
場の持つ力ですね。
何度も書きますが、
展示を開催する場を選ぶことは最重要事項と言えるでしょう。

今回初めて展示に来られた方が、
作品に惹きつけられるようにしていろいろ語ってくださり、
『ここに呼ばれてきたのかもしれない』とおっしゃっていて
更に最終日の搬出中にも、ギャラリーへ再訪されて
ぽんかんを差し入れして下さいました*
 
そのままでもとてもおいしいぽんかんですが、
今日は食後のデザートに自家製豆乳ヨーグルト掛けにして
おひさまのようなぽんかんを陽光の元で美味しく頂きました。
ありがとうございました*






今日は夕食後に、歌舞伎鑑賞をしました。
演目は、この3月に国立劇場で上演予定だった
菊之助さんが3役完演されるという「義経千本桜」。

実際には公演が中止になり、
なんと観客なしの上演を、
4月30日までの期間限定でyoutubeで無料配信されています*
今夜はこれを鑑賞致しました。

【期間限定】国立劇場 歌舞伎『義経千本桜』Aプロ

https://youtu.be/az2wWl4AY9U
 
物語をA〜Cまで3つのパート(プログラム)に分けてyoutubeにアップされています。
トータルの上演時間は4時間程です。
(あまり歌舞伎をご覧にならない方には長いと感じられるかもしれませんが
わりとそのくらいの上演時間は普通で。。
今回のyoutube 版では、
物語が3つのパートに分けられてアップされているので
毎日1パートずつなど、わけて見ると見やすいかもしれませんね*)
私は根っからの舞台好きなので、
画面で見るより絶対に劇場で見たほうが良いに決まっているのですが、
この状況下故か、
観客の居ない公演にもかかわらず、
ビデオにもかかわらず、
舞台上の熱エネルギー量が半ぱないです。

これを書いている段階で
Aプロまで見ましたが
菊之助さんの演技に圧倒されて・・・胸が苦しい。
登場人物の一人、中納言知盛に魂丸ごと持ってかれてつらいです。

総てもう死しかない人間が発する爆発的エネルギー。。
憎しみも無念も超えたなんと言い表してよいのか分からないもの。
浄化感さえ感じられて。。
壮絶。。
圧巻。。

ちょっと今日はもう続きが鑑賞できないくらい
気持ちがいっぱいっぱいになってしまったので
明日、続きのBプロを見ようと思います。

あれはもう菊之助さんの演技じゃない・・
中納言知盛その人、本人です。。
歌舞伎は「型」で演じるといいますが、型に魂が宿ったとき、
「型」はエネルギー放出装置に成るのだとよくわかります。
「義経千本桜」は、もう30年近く前に
猿之助(現・猿翁)さんの源九郎狐の公演を何度か見ていますし、
通し公演でなければその後も何度も見ているのですが、
今回の公演は物語がより分かり易いように感じますし
これ、こんなにワクワクするお話だったっけ?という
なにか超越したような力を感じます。
お話しをご存じない方は、ある程度あらすじをお読みになってからの方が
物語に入りやすいかと思います。
「義経千本桜」あらすじ


 
 
2020.04.01 Wednesday

川散歩・海散歩

 






冬、「桜を見ずに行くなんて・・」と私に語り掛けてきた桜が
今日は満開。
たくさんのエネルギーをくれました。
私は去年までエネルギーの受け取り方を知らなかった。
だから引き留めてくれたのだ、と心で解りました。



海に出ると一番最初にこれが砂浜にありました。


根。


ありがとう。
優しい。

 
  
2020.03.31 Tuesday

今日の朝昼ごはんとおやつ

  
いつもと違う状況のなかでは、
いつもと同じスタンスがどこかに在るということが
心身の安定に於いて大変重要であるという事は、
昨年の台風15号の被災による避難生活中に身にしみて感じました。
自分の家には住めなくなったけど、
仕事もできなくなってしまったけど、
不幸中の幸いだったのは、
台所は避難生活中も変わらず使うことができました。

今回私が展示をさせて頂くにあたり、
展示をすること自体が大事とならないよう
そしてサポートしてくださる方々にご迷惑にならないよう
なにより体調を整えてまいります。

それには何よりもまず日常のごはん!
自分で作るご飯に何より癒されます*

先日の作品集出版記念展の会期中も
お弁当を欠かさずに持ってゆきました。
自分の手が作ったものは自分を癒すのです。

自然の生き物としての最適な時期を選び、
自らの身体を通して蒔かれた種が結ぶ実は、
自らを癒す薬と成る。
これはノンフィクション小説「響きわたるシベリア杉シリーズ」にも
詳細に描かれていて、ほんとうにそのとうりだと思います。

種まきからは私にはまだできない環境ですが、
最低限自分の食を自分で調理する、ということができますし、
発酵させることでよりいっそう、
自分への癒し度の高い食を作ることができることがわかってきました。
単に『発酵食品が体にいい』ということではなくて
それを『自分で作る』ということがまず大切なのですね。

気功の学校で学んだ時も、
蒸しタオルを目に当てる治癒法で、
蒸しタオルを誰かにやってもらうのではなく、
自分で引き出しからタオルを取り出して、濡らして、蒸して。。
その一連の動作を自分ですることが全て相まって自分の体の癒しと成る
ということを学びました。今はそれがよく解かります。
他人任せにして「便利」で「速い」ということが、
いかに癒しや治癒から遠いかということがよくわかります。



いつもの朝昼ごはんなのでご紹介するまでもない感じなのですが、敢えて。
左上のトルコブルーの小鉢は、蕗のぬか漬けです。
いつも私がパンを焼くときに使う無農薬の林檎の酵母液で発酵させた、
自然農のお米から出てお分けいただいた糠床です。
自分の手で毎日かき混ぜるのも楽しくて。
ぬかそのものがおいしくて。
そのうえ毎日漬けたお野菜が魔法のように美味しく発酵してる。
糠床をつくってちょうどひと月、
糠床としてやっと完成したかな、という感じの今は深い味わいです。
(大変おいしいので糠床もそのまま食べちゃう)



今日のおやつは、
去年の11月にフランスの洞窟壁画を見に行った友人から
お土産にいただいた、くるみの殻の粉とくるみオイルを使って、
コンク(偶然にもサンティアゴ巡礼道の途中の町!)という町の
名産である「くるみタルト」のレシピ(これもフランス語のレシピを頂きました)をアレンジしたもの。
香りに癖のあるくるみの殻粉のフィリングに、
ドライフルーツと刻みレモンの皮を入れたら合う〜!
今回はタルトのサクサククッキー生地とフィリングをざっくりまぜて、
湘南ゴールドをトッピングして、簡単なミニパフェ風に。
写真は地味ですが(笑)美味しく頂きました*


 
2020.03.29 Sunday

川沿いの桜並木

  
雪と桜になりました。




午後、産土神社のお掃除をさせて頂いた後、





川沿いの桜並木の散歩。





穏やかな日曜日。


  
2020.03.25 Wednesday

山桜はまだ

 
今日は一寸だけ山散歩もしました。









ちょっとした空き地の花がとても綺麗。

私の部屋から見える山桜はまだまだ2〜3部咲きくらい?

満開になったら、
お弁当もって山の頂上の前方後円墳でお花見をしよう。



 
2020.03.25 Wednesday

海散歩

 

 
 
2020.03.20 Friday

今日も

  

縄文人の声で海に歌いました。

もうすっかりおなじみの逗子の海の音が、

体の筒の底から喉を震わせて生まれてくる。


 

  
2020.03.20 Friday

青空ドーナッツ

 
屋根に干した布団の上で発酵中〜

天然酵母のドーナッツ大好き💖



*


今日は工房の倉庫にたまった段ボール類の片づけをして
気づけばおやつ時。
ほどよく生地も膨らんだので菜種油で揚げました*

暖かいとすぐ膨らむね。
仕込んでから4時間でもう食べられるなんて良い季節になりました*



昨日作った甘酒に桜の花の塩漬けを浮かべて*


  
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
生活をみなおそう
                       
MAJOホームページ
http://majo.moo.jp
MAJOへの仕事のご依頼
展覧会や販売、作品のお求めやお問合わせは まずはメールにてご連絡下さい。 majo_ceramica@yahoo.co.jp
Profile
MAJOプロフィール
 
Live Moon ブログパーツ
 
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode