アクセス解析
レンタル掲示板
2019.04.21 Sunday

つれづれ



神棚の榊も若葉が次々に。


瀬織津姫のことを調べていると、楠とのつながりを感じます。
瀬織津姫が御奉されている神社の御神木が楠だったり。。。
私の部屋の目の前の山に、一層こんもりと若葉の生い茂る目立つ木があるのですが、
地元の方にお聞きしたら、『あれは楠だよ。』と教えてくれました。
今度近くまで行ってみようと思っています。

いつになくゴージャスな朝昼ごはん*
近所のオーガニックスーパーで売っているレモンの、特にその皮が
とっても美味しくて最近サラダに欠かせないものとなっています。


今日は鎌倉での展示の最終日と搬出です。
ぽかぽか陽気でよかった。
展示は夕方4時までご覧いただけます。
最後までどうぞよろしくお願いいたします。


 
happa do & MAJO二人展『BOSQUE はてしない物語』


4月4日(木)-21日(日) 月・火定休
11:30-17:00 最終日16:00まで

会場 葉っぱ小屋 鎌倉市御成町11-10 2階 電話080−1164−9020
アクセス 鎌倉駅西口より左へ100歩




2019.04.11 Thursday

海山散歩

 
お天気が良かったのでふらりと近所の海山散歩。







































































2019.04.01 Monday

浜散歩。

 
雷雨に洗われたあと。






2019.03.28 Thursday

山から海へ


山も海も家から近いのですが、
何故かなんとなく浜散歩が多い日常。

けれども今日は
山桜を見たくて山から海へ。










































何匹ものクリハラリスが桜の花を食べに来ていました。
つっかけサンダルで出てきてしまったので山頂まではいけなかったけど
きっと山頂はもっとたくさんの山桜が咲いていることでしょう。

ソメイヨシノとちがって原生種なので花が咲くタイミングはばらばらで、
そして若葉が芽吹くのと一緒に花が咲きますが、
山ではその葉桜の姿にも趣きを感じます*



2019.03.27 Wednesday

おやつ

 
全粒粉のチョコクッキー焼きました。



やきあがりをひと口食べて、

『ん?』

知ってるチョコクッキーとは程遠い味。

小麦ふすまの懐かしい味・・・そうだよね、全粒粉だもんね。

小麦粉もカカオもそして生地に練りこんだサルタナ干し葡萄も
お日様いっぱいに浴びて育った植物のがっつりしっかりとした活力ある味。
なんだかおやつというよりお食事みたい。

穀物の噛みごたえがしっかりとある、こういうの好きです*
(決して繊細なお菓子が作れないことへの言い訳ではありません*笑)



たま〜〜にレシピを聞かれるのですが直感なので、いつも異なるのですが。。
クッキーの場合、ベースにしているのはだいたいこのような感じです。
私は食品添加物や残留農薬などのケミカルのアレルギーを持っていますが、
卵や乳製品がダメなかたにもよいと思います*

・有機全粒粉(薄力) 100g
・素焚き糖 30g
・ゲランドの塩 一つまみ
・有機カカオ 大匙山盛り2

低温圧搾の菜種油(薬品で抽出してないもの) 30〜40g


・のついてる材料をすべてボウルに入れ
ボウルを左右にふるいながらお匙でよく混ぜて、
混ざったら油を加えて更にお匙で切るようにサクサクと混ぜます(練らない)
油は、小麦粉の吸油性によって増減加減します。
干しブドウやくるみを入れる場合は、油を入れる前のタイミングで入れ混ぜ、
最後に油を入れてます。

材料を全て混ぜ終わった生地はみためポロポロしてるけど、
手でぎゅっと丸めて成形。
190度に温めておいたオーブンで190度で19分焼いたら出来上がり。

今回はころんと丸い厚みのあるクッキーでしたが、
薄焼きクッキーでしたら
もう少し焼成温度を下げて焼いた方がよいかもしれません。

とくに今回使ってる全粒粉は油をあまり吸わない感じで、
(小麦粉の品種や産地によって全然個性が違います)
成形する時に生地がさらさらしていて丸めにくいのですが
そこをなんとかして丸めることで(形のわるさは気にしない!)、
サクサクの美味しさに繋がります*


2019.03.24 Sunday

コノハナサクヤヒメ

 




浜散歩にて。


2019.03.23 Saturday

おやつ

 


チョコと干しぶどうのタルト焼きました。
ぶどうが綺麗。。
おなかにしっかりたまります*

最近、新しいところから小麦粉を買ってみたのですが、
一応ポストハーベストの心配がないのを確認した上でのオーストラリアの有機小麦粉。

やっぱりどこか外国のかたの味がする。
いかにもいかにも 麦!っていう野性味溢れる香ばしさ。


ついでに有機のライ麦粉も買ってみました。
初めてライ麦のパンを焼いてみました。
いつもの強力粉の3分の1の量をライ麦にしてみたのですが、
ひとくちたべて、わあ〜〜いつもの味と全然違う!
がっつりとくるライ麦の風味。香ばしい!
あこがれのパンの耳に深い味わいがあるパンになってます*

昔ドイツで初めてライ麦のパンを食べたときは、
正直すっぱくてあまりおいしいと思えなかったのですが、
ついでにブルーチーズもその当時初めて食べて、
どれもこれも苦手だなあと感じていたものですが、
いまやブルーチーズは大好きですし、
ライ麦のパンもおいしい食べ方を知りました。

今回作ったパンは小麦粉の分量も多いので
ライ麦の酸味は感じられず(でも風味はしっかり)
なんとなくお味噌やお醤油など和風と合いそうなお味だなと思いました。
野沢菜とか、、おやきみたいな感覚でアレンジしたら美味しそう。

ただ粉を変えただけですが、
いつもつくる国産小麦の繊細なもちもちパンに加えて
パン食のバリエーションが増えそうな感じです*


↑あつあつのふっくら焼きたてのところをむしっとちぎりました。
酵母はひきつづき長野の農家さんのおいしいリンゴから起こしています*

2019.03.22 Friday

 
浜散歩。












天にも海にも
見惚れていたら
海にはまってすっかり足がびしょぬれとなりました。

海水ももうだいぶん温かです。


2019.03.21 Thursday

山桜

 
このあたり一帯の山には広範囲にわたって
「桜山」という名前が付けられているのですが
その名のとおり山桜の山なのです。

近所のパン屋さんが『開花してますよ。』と
山の桜のてっぺんが
うっすらと白く花の色になっているのを教えてくれました。

入日も雲を桜色に染めてくれました。




2019.03.20 Wednesday

 
お日様のような月が山の向こうに見えています。
満月は明日でしょうか。





魚のことにうとくて、
家のそばを流れる川に毎年春になるとやってくるちいちゃな魚の群れは鮎だと、
近所のカフェのマスターが教えてくれました。

この春の鮎の群れはいつものちいちゃな赤ちゃんたちではなく
ずいぶん大きく育った姿だったので、てっきり卵を産みに来ている一群かと思っていました。

こうやって毎春身近に感じるおサカナなので、いつしか愛着が湧き
今回初めて鮎のことをもう少しだけ詳しく知りたいと思って調べてみたら、
鮎の産卵の時期は秋なのですね。。

そして春は卵からかえった赤ちゃん鮎の群れが見られるはずなのですが、
どうしたことか、今年はいつもの赤ちゃんサイズからは程遠い
かなり大きめ若魚でしたので、
推察するに、やはり暖冬が原因だったのではと。
つまり例年よりかなり早く卵がかえり、
普段今時期見られるはずの赤ちゃんたちはとうに大きく育っていたと。


鮎と言ったら塩焼きで、葉山の老舗の料亭などでは初夏になると鮎の会を開いて
庭園で鮎の塩焼きを楽しむ催しが毎年行われています。
とすると、今年はかなりビッグサイズの鮎がいただけるのかもしれませんね。
あんまり大きかったら、景色としてちょっと風情がないようにも思いますが、
それは人の勝手。
こういう小さな日常のことから自然は何かを伝えようとしてきているのかもしれません。




今日のスケッチより。


Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
生活をみなおそう
                       
MAJOホームページ
http://majo.moo.jp
MAJOへの仕事のご依頼
展覧会や委託販売、制作などお問合わせは まずはメールにてご連絡下さい。 majo_ceramica@yahoo.co.jp
Profile
MAJOプロフィール
 
Live Moon ブログパーツ
 
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode