アクセス解析
レンタル掲示板
2019.09.13 Friday

二人展『言葉にならない絵付けの世界』明日より三日間の開催です。

 
前回より1年ぶり。
オーナーさんにもご協力・アドバイスいただき、
今回もとても素敵な空間が現れました。



akkaさんもそして私も新作が沢山でています。
空間でくつろぎながらゆっくりとご覧ください。

おこしを心よりお待ちしています。


akka MAJO 二人展
『言葉にならない絵付けの世界』

9月14(土),15(日),16(月・祝)  12:00-18:00 ※最終日16時半迄

会場 garden&spaceくるくる
鎌倉市由比ガ浜2-7-12 tel.080−5544−0021

JR「鎌倉」駅より徒歩15分
江ノ電「和田塚」駅より徒歩1分

全日在廊しています。





2019.09.11 Wednesday

14日より鎌倉にて開催します。

 

金銀彩焼成前。


akka MAJO 二人展
『言葉にならない絵付けの世界』

9月14(土),15(日),16(月・祝)  12:00-18:00 ※最終日16時半迄

会場 garden&spaceくるくる
鎌倉市由比ガ浜2-7-12 tel.080−5544−0021

JR「鎌倉」駅より徒歩15分
江ノ電「和田塚」駅より徒歩1分


全日在廊しています。
お越しをおまちしています。



金銀彩焼成前。


2019.09.07 Saturday

ラスターの海 〜企画展『私の人魚姫』

 

貝のような器・・・



陶芸の仕事を始めてこの夏でちょうどまるまる25年になるのですが、
15年くらい前のおぼえがきに、
陶芸の工程で一番苦手なのは釉がけだと書いたことがあります。
当時は本当にそうで、息を詰めるようにして全身硬直させて釉がけしていました。
ラスターのような特色のある釉の場合、
釉のかけかた一つで焼き上がりが大きく違ってきますからね。
釉がけも表現の大切な1つです。

あの時のことを思うと、私でもちょっとは進歩したのだなあと、
今回出展中の作品たちのラスター釉の釉がけをして、
その焼き上がりを見てつくづく思いました。
緊張もないし、自意識を手放して完全に任せている。。それができるようになった。

「こんな風になるといいな」が、そのまま、いやそれ以上に
まるでラスターの海原のような趣に焼上がってくれました。
狭い自己を手放して大きく任せるって大事なことですね。。



窯と火と一体になるってこういうことなんだなあ。
人智を超えて、陶芸ならではの醍醐味ですね。



この娘は↑
宮崎駿作品の中で唯一私の琴線に触れたポニョと波長が近いと感じます
(「崖の上のポニョ」は古神道と重ねると大変興味深い映画ですね)



企画展「わたしの人魚姫」は、今週日曜日が最終日となります。


企画展 『わたしの人魚姫』

8月28日(水)-9月8日(日)月・火曜定休 12:30-21:00

会場 点滴堂 東京都武蔵野市中町1-10 2階 tel.090-6796-5281
アクセス 三鷹駅 北口より徒歩5分



どうぞよろしくお願いいたします。


2019.09.05 Thursday

引き続き人魚つれづれ




現在開催中の点滴堂さんでの企画展は人魚のテーマ。
このテーマの根は私にとっては「原初の水」。
今回この企画展の作品にラスター(虹彩)が沢山顕れている理由がよくわかります。
原初の水の神話の出どころはラスター釉の発祥の地でした。
古代メソポタミアとその周域。

「原初の水」は12月の神戸での個展のテーマそのままになります。
今年に入ってから心に強く浮かんでくるテーマでした。

おのずと全てが関わり合い繋がってゆく。。
引き続き人魚がこうして顕れるのも、原初の水へのつながりからでしょう。

明確に顕れてきているものを、そのまま顕れるままに絵付けしています。
写真↑は下絵付けの状態。この後、金彩と銀彩を加え何度も焼成を繰り返し、
順調であれば14日からの鎌倉での展示でご覧いただけるかもしれません。



現在開催中の展示はこちらになります。


企画展 『わたしの人魚姫』

8月28日(水)-9月8日(日)月・火曜定休 12:30-21:00

会場 点滴堂 東京都武蔵野市中町1-10 2階 tel.090-6796-5281
アクセス 三鷹駅 北口より徒歩5分


新作を中心に作品約20点の出展です。
会場の点滴堂さんの空間は、この人魚たちにとって
とてもよい水になっていることと思います。

ラスターがこんな風に顕れることも珍しいです。
作品ぜひお手に取ってご覧くださいね。




上写真を含め現在絵付け中の作品たちは
鎌倉のお屋敷での展示でご覧いただけるよう進めています。
(なにぶん自然現象に左右される陶芸ですので確定ではありませんが。)
鎌倉の会場では、お庭の散策、
敷地内の茶房とともにどうぞお楽しみいただけたらと思います*


akka MAJO 二人展
『言葉にならない絵付けの世界』

9月14(土),15(日),16(月・祝)  12:00-18:00 ※最終日16時半迄

会場 garden&spaceくるくる
鎌倉市由比ガ浜2-7-12 tel.080−5544−0021

JR「鎌倉」駅より徒歩15分
江ノ電「和田塚」駅より徒歩1分




人魚と同時に天使も来ています。上写真の人魚とほぼ同時に生まれました。
アンデルセンの人魚姫のラストみたい。。






三鷹の点滴堂さんでの企画展、鎌倉での企画展、
ともにお越しをお待ちしております。

どうぞよろしくお願いいたします。


2019.09.03 Tuesday

原初の海に・・ 〜企画展「わたしの人魚姫」

 


企画展 『わたしの人魚姫』

8月28日(水)-9月8日(日)月・火曜定休 12:30-21:00

会場 点滴堂 東京都武蔵野市中町1-10 2階 tel.090-6796-5281
アクセス 三鷹駅 北口より徒歩5分




今日の海。




2019.08.30 Friday

天も地も 〜企画展『わたしの人魚姫』

 


企画展 『わたしの人魚姫』

8月28日(水)-9月8日(日)月・火曜定休 12:30-21:00

会場 点滴堂 東京都武蔵野市中町1-10 2階 tel.090-6796-5281
アクセス 三鷹駅 北口より徒歩5分


2019.08.27 Tuesday

ユウの海に 〜企画展『わたしの人魚姫』

 
ユウ、、
游、
幽、
由宇、
・・そして 釉。











窯の火の中からこの人魚達は輝く釉の海とともに生まれてきたようです。

今年の4月に新しい元号が公にされた時、
ぱあっと白色がかったラスター彩のイメージが浮かび上がりました。

今回、太郎くん(うちの窯の名前です*)が焼き上げてくれた
硝子の質のラスター釉の色彩は、正に私が心に浮かべた令和の色でした。
うつくしく繊細に震える光の粒子を凝縮したようです。

この原初の海で、素の魂になって泳ぐ人魚たちがたてたのは、ちいさな三つの波。
どこまでもどこまでも穏やか。

「パシフィックオーシャン/太平洋」のパシフィックの語源は、
スペイン語のpaz/パスだと聞きます。直訳で「平和」という意味。

以前、大変徳の高い巫女の方々のお食事を
畏れ多くもご用意させていただくお台所のお勤めをさせて頂いていたことがあります。
私は大変未熟ながらも、人生における深い勉強の日々となりました。
その時、巫女の方々がおっしゃることには、
『これからの世の人々は
目が合っただけで微笑み合うような、そんな世の中になります。』と。

私もそう心から信じており、いまの土とユウのお仕事をさせていただいています。

今回の人魚たちを
火が紡ぎ出してくれた平和な海よりお届けいたします。



企画展 『わたしの人魚姫』

8月28日(水)-9月8日(日)月・火曜定休 12:30-21:00

会場 点滴堂 東京都武蔵野市中町1-10 2階 tel.090-6796-5281
アクセス 三鷹駅 北口より徒歩5分


2019.08.23 Friday

「海の心音」

 

「海の心音」
点滴堂企画展『わたしの人魚姫』でご覧いただけます。



どきどきしながら作品が観られるのを待っていて下さる方が居るなんて
とても素敵なことですね。

音の響きの源を辿れば、
「待(まつ)」の本質は「舞(まう)」にちかい心境なのかも知れません。。


企画展 『わたしの人魚姫』

8月28日(水)-9月8日(日)月・火曜定休 12:30-21:00

会場 点滴堂 東京都武蔵野市中町1-10 2階 tel.090-6796-5281
アクセス 三鷹駅 北口より徒歩5分




今の私の日常のテーマは「すべてのレベルをアップすること」なのですが、
たとえば、食、仕事、家事、散歩、読書や観劇、人との会話・・
それぞれ寸断し区分けして生きるのではなく、
すべてが連動して同時にレベルアップする、
連動できないものは迷わず切り捨てる。

「レベルアップする」ということはどういうことなのか。

つまりそれは「感謝する」ということ。
それに最近気づきました。

食に、仕事に、家事に、散歩に、読書や観劇に、人との会話に、
満たされるような気持になり自然と感謝が湧くような状態。
それがレベルがアップしているということなのだ、と分かりました。

それがわかったとき、身体的感覚も伴うようになりまして、
(巫女舞の方の誘導で舞を経験して以来、身体的感性が鋭くなっています)
『大きな両手に丁度ふたつの腎臓のあたりからお尻までをふわっと大きく
優しく包み込まれるようにして豊かなソファに座っているような心地よさ』
これが「レベルアップしてる」という体感的なサイン。
腎臓のあたりからつながるのは大地です。
大地に包まれた心地よさとともに大いなる安心感があります。

もしかしたらわかりにくいと感じる方もおられるかもしれませんが
こういった身体の繊細な反応は侮れません。
繊細な振動ほど体の変化に大きく影響し続けます。

気功の学校の先生が
『心がつらかったら先に身体を楽にしてしまえばいい。
(心と体はつながっているから。)』と授業で教えて下さいましたが、
日常の中の全てをレベルアップする、ということにおいても、
上記した「レベルアップしている」身体感覚をまず先に再現してしまう、
という方法もありかもしれないな、と思っています。(試しています。)

大地につながるのはお腹側・下丹田からかな、と思っていたのですが、
巫女舞の方にも教わりましたが、腎臓から大地につながる感覚なのですね。
(丹田の充実ももちろん不可欠ですが)
そういわれると過去様々な経験からも腑に落ちるものがあります。



2019.08.21 Wednesday

※日程変更のお知らせ〜『言葉にならない絵付けの世界』


来月予定しております
友禅の絵付師でありその技術を生かして
オリジナルブランド服を展開されているakkaさんとの二人展。

永くライフワークとして続けてゆきたい大切な展示なのですが、
やむを得ない事情により、日程の変更があります。

会期が3日間となり、
9月14(土),15(日),16(月・祝)
の開催になります。

すでにご案内お葉書をお手渡しさせていただいておりますが、
ご来場の際にはどうぞ会期にご注意くださいませ。

今年はディスプレイについても早々にあっかさんと話し合うことができ、
空間そのものを楽しみながら作品をお選びいただけましたらと思っています。

私たちの表現にお力を貸し下さる会場のオーナー様にも感謝です。
鎌倉の古い和洋折衷なお屋敷にて、
自然の豊かさを感じるお庭の散策とともにどうぞお楽しみください。

敷地内には茶房「空花」さんがあり、
展示観覧の合間のご休憩にお茶とお菓子をお楽しみいただけます。



akka MAJO 二人展
『言葉にならない絵付けの世界』

9月14(土),15(日),16(月・祝)  12:00-18:00 ※最終日16時半迄

会場 garden&spaceくるくる
 鎌倉市由比ガ浜2-7-12 tel.080−5544−0021

JR「鎌倉」駅より徒歩15分
江ノ電「和田塚」駅より徒歩1分

全日在廊しています。
お越しをおまちしています。






2019.08.20 Tuesday

満を持して 〜企画展『わたしの人魚姫』

 
時が巡り目覚めました。

満を持して、強い光を放つ人魚。

会場にてどうぞお逢いいただけますように。




企画展 『わたしの人魚姫』

8月28日(水)-9月8日(日)月・火曜定休 12:30-21:00

会場 点滴堂 東京都武蔵野市中町1-10 2階 tel.090-6796-5281
アクセス 三鷹駅 北口より徒歩5分


Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
生活をみなおそう
                       
MAJOホームページ
http://majo.moo.jp
MAJOへの仕事のご依頼
展覧会や委託販売、制作などお問合わせは まずはメールにてご連絡下さい。 majo_ceramica@yahoo.co.jp
Profile
MAJOプロフィール
 
Live Moon ブログパーツ
 
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode