アクセス解析
レンタル掲示板
2020.07.26 Sunday

顕幽バランスよく*

 
新しい英国王*ジョゼフ・グレゴリー・ハレット

 

新王の話を聞いていても
これからの世界に生きる必須として
顕幽両方の視点をバランスよく持っていること、
それをひしひしと感じます。

 

新しい世界にいきるために一人一人が
人間性・霊性を高めることが要求されています。

 

散々いじめられてきたこれまでの世界で
すぐに「できない」と思ってしまう癖がついているかもしれません。

 

けれど人間の能力はそんなものじゃありません。
本気になれば誰にでも到達できる世界です。

 
諦めさえしなければ
扉はある日突然次々と開かれてゆくものです。

 

 

The Hidden King 隠された英国王
「 KÔFËE WITH THE KING」キングとコーヒータイム

 

パート1
https://youtu.be/lzbwfgHDUAs

パート2
https://www.youtube.com/watch?v=-CdbKKHr7Oo&feature=youtu.be

パート3
https://www.youtube.com/watch?v=ju1KivDkTKk

 

 

 

2020.07.26 Sunday

変わろうと思えばいつでも変われる。  

 
ガーナの大統領がこの現状の霧が晴れることを言ってくれましたね。
重要なのは一人一人の気付きです。それが大きな力と成ってゆく。
世界はもう素晴らしいプレゼントをもって目の前で待っています。
 

いわれるがままに互いを縛り、
自ら見るべきものを見ず、
自らマスクをしている、今は状態です。

 

ほんとうのことですよ。
なによりご自身で調べて
ご自身の目で確かめてください。

 

教えることは簡単ですが
それでは『MAJOさんがいってたこと』で終わってしまい
何の意味もありません。

 

心に聞いて直感を駆使し、目を覚ましてください。

 

一人でも多くの方が幸せの世界へ移行できますように。
二度とこれまでのような世界を顕現させてはいけません。
 
 

 
僕は変えるつもりさ
一生に一度のチャンスなんだ
きっといい気持ちになれる
きっと違うはずさ
きっとすべてがうまくいく

 

僕と言えば 
お気に入りのウィンターコートの襟を立て
冷たい風に目を覚ます
ストリートの子供たち
みんなお腹を空かせてるんだ
その光景に目を背ける僕は何者?
子供たちが望んでることを
見て見ぬふりをしているんだ

 

楽しいはずの夏も過ぎ
浜辺には壊れたビンの
先っぽが転がってる
それは孤独な男の心の風景
(ある男の心の風景)
孤独な魂は風に吹かれて
互いに求めあうのさ
どこに行くあてもないから
だから気付いてほしいんだ

 

鏡に映った男の姿をじっと見る
彼に尋ねるんだ 自分を変えてみないかって
こんなはっきりとしたメッセージはない
この世界をよりよい場所にしたいなら
まず自分を見つめよう
そして“変わるんだ”

 

自分勝手な愛に巻き込まれて
抜け出せなかった僕
もう気がつかなきゃいけない
家のない人
5セントのお金に困る人もいるんだ
気付かないふりをしている僕は
ほんとの僕なんだろうか?
そんな人たちも決して一人じゃないのに

 

幹の裂けたヤナギ
誰かの傷ついた心
色のあせた夢
みんなが風になびいているんだ
だってみんな居場所がないんだよ
だから僕は自分を見つめ直す

 

鏡に映った男の姿をじっと見る
彼に尋ねるんだ 自分を変えてみないかって
こんなはっきりとしたメッセージはない
この世界をよりよい場所にしたいなら
まず自分を見つめよう
そして“変わるんだ”

 

鏡の中の男を見つめるんだ
そいつは生き方を変えることができるかい
言いたいことは単純明快なんだ
この世界をよりよいものにしたいなら
まずは自分を見つめ直して
そして
“変わる”ことなんだ

僕は鏡の中の男をじっと見ている
(そうさ)
彼に生き方を変えようって聞いてるんだ
(よりよくしよう)
言いたいことは簡単なんだ
この世の中をよりよくしていくには
まずは自分を見つめなおして
「変えたい」って行動することさ
そうさ 今すぐ
時間があるときに
目を覚ますんだよ

 

世界を良くしていきたいなら
まずは自分を見つめ
「変える」んだ!

 

変わるんだ
きっといい気持ちだよ
止めるんだ
自分自身を見つめよう
変わるなら今日なんだ!

 

変わるんだ!

 
  
「Man in the mirror 」 Michael Jackson

翻訳はこちらのサイト様より転載させて頂きました。
http://neverendingmusic.blog.jp/archives/24432705.html
 
*
 
 
I'm gonna make a change for once in my life
It's gonna feel real good
Gonna make a difference
Gonna make it right
 
As I, turn up the collar on my favorite winter coat
This wind is blowing my mind
I see the kids in the streets
With not enough to eat
Who am I to be blind?
Pretending not to see their needs
 
A summer's disregard, a broken bottle top
And one man's soul ( and a one man's soul)
They follow each other on the wind ya' know
'Cause they got nowhere to go
That's why I want you to know
 
I'm starting with the man in the mirror
I'm asking him to change his ways
And no message could have been any clearer
If you want to make the world a better place
Take a look at yourself, and then make a change
 
I've been a victim of a selfish kind of love
It's time that I realize
That there are some with no home, not a nickel to loan
Could it be really mean, pretending that they're not alone?
 
A willow deeply scarred, somebody's broken heart
And a washed-out dream
They follow the pattern of the wind ya' see
'Cause they got no place to be
That's why I'm starting with me
 
I'm starting with the man in the mirror
I'm asking him to change his ways
And no message could have been any clearer
If you want to make the world a better place
Take a look at yourself, and then make a change
 
I'm starting with the man in the mirror
I'm asking him to change his ways
And no message could have been any clearer
If you want to make the world a better place
Take a look at yourself and then make that
Change!
 
I'm starting with the man in the mirror
(Oh yeah!)
I'm asking him to change his ways
(Better change!)
No message could have been any clearer
If you want to make the world a better place
Take a look at yourself and then make the change
You gotta get it right, while you got the time
You can't close your, your mind!
(Then you close your, mind!)
 
  
Make that change
  
  
「Man in the mirror」  Michael Jackson
 
 

2020.07.19 Sunday

『この地球に山や森は存在しない』

 
これまでの自分の概念がなんだったのかと愕然とします。

 私たちがみていた大自然、海や山、大地、それは何だったのか。

ご存知の方も多いかもしれませんが、

近い将来のためにぜひ沢山の人に見て頂きたい映像だと思いましたので

ここにご紹介させて頂きます。 

 

『この地球に山や森は存在しない』 (前編)
https://www.youtube.com/watch?v=aW14RAJ35vs&feature=youtu.be

 

『この地球に山や森は存在しない』 (後編)
https://www.youtube.com/watch?v=z7gPiXTXrak&feature=youtu.be


 
 

2020.07.17 Friday

期待することとわくわくすること

 
この二つは似ているようでよく考えるとかなり違うという事が分かります。
 
期待する、というのは、
何かしらの形で見返りを求めていて依存性が強い。
 
一方わくわくするのは、
何の根拠もなくただわくわくしている。
 
氣功的には、期待ではなく、わくわくすることがとても重要です。
 

 
 
わたしが氣功をお伝えしている際に、
氣功のこの動きをすれば○○が治る、と勘違いされている方が
少なからず居られます。
 
現代医療の洗脳が在るので仕方がないのですが、
たいせつなこととしていえるのは、まず「依存心を外す」ことです。
 
京都の氣功の学校で1年間学んだのは
「さまざまな依存心(ブロック)を外す」という事でした。
 
先生はとても言葉を丁寧に選んでお伝え下さっており
なるべく不安が起きないように
つまりよくある、○○すると身体に悪い、というような
ネガティブ思考の植え付けを細心の注意を払って
避けてお伝えくださいました。
氣功に於いてほんとうに素晴らしい師に学んだと思って居ます。
 
この先生がおっしゃっていた大切なことの一つに、
『たとえ氣功だろうが、他人に治してもらいたいという意識は
現代医療となんらかわりない』ということで、いまも胸の中に響いています。
 
 
『ここが悪いから、氣功でここを治してほしい』というのは
世の中がそういう金融システム・物流システムにのっとっているので
そういう社会に慣らされてしまっている私たちには仕方がない発想とはいえ
氣功の本質からはかなりかけ離れています。
 
本質は、その人が自分の内に見つけることです。
もっと簡単に言えば自分でやってみること。
深呼吸一つでも身体は素直に反応し変わります。
氣功はそういったことの繰り返し、循環です。
呼吸を誰か他人にやってもらうなんておかしな話ですよね。
 
 
さてお話を最初に戻すと、
期待することは他人軸で
わくわくすることは自分軸。
 
なんの根拠もなくわくわくする、そういった世界に生きることをお勧めします。
総ての価値観がひっくり返ったその後で、
そういう世界が確かにやって来るのを私はいま感じ取っています。

いまから先取りしてやってみていいんじゃないかなって思います*
 

 
  

 

ほんじつの2枚の写真は本文と関係あるようなないような感じで

きのうじゅいくんが見せてくれた宇宙の本より。

 
 

 

2020.06.14 Sunday

母体ホームページリニューアル中

 

私の活動の母体となっていますホームページですが

現在大幅リニューアル中です。

http://majo.moo.jp

shoppingのコンテンツを今後充実させてゆく予定ですので

どうぞよろしくお願いいたします!
 

shoppingには現在作品集をアップしています。
↓どうぞよろしくお願いいたします。

http://majo.moo.jp/shopping/book/lavozdelcamino.html

 

 

 

私は自分が「陶芸家」と言われると違和感しかありませんでしたが、

ここ1,2年で新たに出会う人々が本質的な物づくりの方々ばかりで
みなさん内側から発光してい居られる凄い方々。
『本質の凄さや美しさをカテゴライズすること自体ナンセンス』という
私がなんとなく居心地悪く抱えていた悩みの枠をすっかりと壊して頂きました。
 
そういった方々が、私のことを『土の人』と呼ぶことは嫌ではありませんでした。
陶芸家ではないけれど土の人ではあるなあ、という自覚があるからでしょう。
ですからそういった自分の気持ちによりフィットするものにしたくて
今回のホームページのリニューアルを進めることにしました。
 
 
数か月前のことですが、
最前線の現代アートカテゴリのお仕事に触れるような出来事があり
そこには息苦しさしかありませんでした。
現代アートも
「平成まで延々と続けられてきた男性性的社会の枠組みの中での活動」
ということが大前提で、
私は古神道を通してその大前提が、
それまで平成の時代には必要なものであった事、
しかし令和になり玉手匣が開きもはやそのシステムが効かなくなっている事、
古いシステムに乘る本質に向かわないものが
今後淘汰されてゆくことをここでもまた明確に感じ取りました。
(話がピンポイントになる過ぎるので詳しく具体的には書きませんが)
 
多くの場所で言われている様に、令和になって女性性の時代に変わりました。
破壊と再生。
縦糸として貼られたピラミッド式階級制(=男性性)はもう終わり、
いまは個々のネットワークである横糸(=女性性)が張られています。
いよいよ錦の織物がこの地上に姿を顕し始めるのでしょう。
 
去年の話になりますが、
ふたりの政治家の方とたまたま近い日程で別々にお会いする機会がありました。
お一人は野党の女性政治家。
お一人は与党の女性政治家。
どちらの方とも
偶然ゆっくりとお話伺える機会を持った事で知ったのですが、
野党の女性政治家の方の方が、二項対立をベースにされており
より男性性的システム社会に呑み込まれているのを感じました。
男性と比較して引けをとらないようにご自身も女性性的な部分を排除して
ご本人らしさを排除して、男性と同じようにと意識して、
活動されているのがその雰囲気の固さからも感じ取れました。
いわゆる女性政治家といって多くの方がイメージする感じでしょうか。
 
一方、与党の女性政治家の方は、
すでに二項対立を離れ、女性性炸裂されていて、
内側から与党を女性性システムに変えてゆこうとされているのがわかって
しかも彼女らしさを失っていない柔らかさがあり、
個人的には希望を感じました。
この与党の女性が言われていたのは、
『悪いと思ったことは謝る。男の政治家は謝れないから嘘を重ねる。
本当は謝りたいと思ってる与党政治家もいるんですがそれができない。
「ごめ〜〜ん。だめだった〜?」と素直に謝って
早い段階で軌道修正したら大事にならないの。
間違えるのは仕方がない事だけど嘘はいけない。男性社会の一番ダメなとこ。』
彼女は、彼女の選挙区で子宮頸がんワクチンの全面廃止を実現されました。
バリバリの政治家という雰囲気はまるでなく、ふんわりと柔らかいイメージでした。
男性社会に合わせようとも
男性社会と対立しようともされていない雰囲気に好感がありました。
彼女は与党の人なのではなく、彼女は彼女なのですね。
(そのほか内観されている与党のお話もとても興味深く。。
一般的に知られる報道って操作されたもので当てになりませんね)
 
 
これまでカテゴライズされてきたものがどんどん壊されて行っています。
カテゴライズできない個々の輝き(=本質)が放たれる時代になりました。
(去年まではまさかこういった形で世界が一変するとは思いませんでしたが)
その先の世界が楽しみです。
 
(勘違いされる方がおられないよう書いておきますが私は与党派ではありません。
〜派という事自体がナンセンスだというのが今回のおぼえがきのテーマです)
 
 
 
2020.05.13 Wednesday

身体の声を聞きながら

  
マスクをすると具合が悪くなるという方の声も搔き消されてしまう昨今。
じっさいマスクをすることで免疫力が下がるそうで、
理に適っている訴えだと個人的には思って居るんです。

強度のアルコールアレルギーがある私はアルコール消毒もできませんが、
水道水でよく洗い流すだけでもウイルスが流れ落ちるので十分との事です。
 
総て植物由来の成分でつくられた
アロマのハンドスプレーが在りますので
そういったものを持ち歩くのも一つの方法です。
先月の展示の際には
こういったケミカルアレルギー対応のアロマスプレーをご用意させて頂きました。
ご興味お持ちになるお客様もいらしたのでご紹介しますね。

製造販売元は、パーフェクトポーションジャパン株式会社。
​私は近所の自然食品店で手に入れて、
アレルギー反応が出なかったので使わせて頂いて居ますが、
各人パッチテストの上ご使用くださいね。


マスクもアルコール消毒も、
言いづらい状況ではありますが、
無理なことは無理とハッキリとご自身の身体を守るために進言することも
世の中の柔軟な対応に繋がってゆくことと思います。
ただし進言される際には二項対立されませんように。
一息おいてご自身の心に聞いてみてくださいね。

私も普段マスクはしない派ですが、
知り合いのパン屋さんを安心させたいという気持ちから
お買い物のときは使い古しのニットのシルクの布で手づくりしたマスクをしています。
とても付け心地がよくて、さらに二つ作りました*



この時期咲いている羽衣ジャスミンの花を2つほど
マスクに挟み込んでつけるとさらに心地よいです(*^-^*)

マスクの手縫いをしていて感じましたが、
古来衣類への刺繍で魔除けをするという習慣がありますが、
手縫い(刺繍ではありませんが)することで
その感覚がなんだかわかるように感じました。
このマスクも、部位によって縫い方を変えています。
縫い方を変えることで氣を動かすような感覚があります。
マスクによる肺への負担、氣の滞りを軽減できればという感じです。

極上の絹の繊維のニット布でしたので、
着古しても捨てることができすにとっておいてよかった。
糸自体もケミカル加工されていないので、
本来の絹の力、
暑いときは涼しく・寒いときは暖かくが発揮されます。
ふわんとしてて
つけるのがことのほか楽しみ*です。

もう令和なんだもん。たのしまなきゃ* ←これ最近の合言葉*

 
 
2020.04.26 Sunday

自然に添う心の声

 

今日の朝昼ごはんはうどん*
うどんは時々自分で打っています。
有機の石臼引きの地粉で香ばしい〜もちもちです。

 

*


私は日本の現代医療を全く信用していないので、
それが「気功」という自然に即した
本質的な治癒と出会わせてくれた事を思うと、
世界は総て多角的に物事をとらえてみるとなんらマイナス要素はなく、
すべて完璧な道となり繋がっているのだなあ、と思うのです。

知り合いの方より、教えてもらった一つの動画。
ウイルスが病気を引き起こすのか?ということを歴史的な観点からも、
イギリスの臨床医と、二人の科学者が詳しく説明してくれています。

https://jimakudaio.com/yt?v=IcBXMWho3aE&lang=ja&fbclid=IwAR3hTtsTR63KruH_DfQfhRPzF6gfGrT1M8Kk-osKA1osyfZ5cvdPiwAZ6vI

癌治療が治療ではないということはすでに様々な文献と

(都内図書館にある癌に関する文献を片っ端から読んだ時期がありました)、

臨床医学からの見地を持つ方のお話から、お聞きして知っていましたが、
この動画みると、ああやっぱりね、という感想以外の
何物でもありませんでした。

今流行している「コロナウイルス」というレッテル、
それもそもそも存在するのかな。とも。
スペイン風邪のように様々な要因の症状に対して
この時期だからと一括してコロナウイルスのせいにしているように感じてしまいます。



いまだ収束していない福島の原発事故。
2011年当時のあの時の状況を思い出すといまも心を暗くさせます。

空気を汚し、
大地を、海を汚し、
生き物にとって要である食が穢されました。
驚くべきことにこれはまだ収束していません。

放射能の禍が、
蓄積してゆく性質であるという事を思うと、
今回のコロナのムーブメントと無関係ではないかもしれません。
おそらく電磁波もふくめて、
多種多様な要素が引き起こしたコロナ騒動なのかもしれません。
上記の動画のように『なにもわかっていない』が正解なのでしょう。

原発事故の時は、
都内でも影響の強い東側に住んでいたので、
ホットスポットと言われる土地の汚染もひどく、
それによって陶芸の土もすべて処分せざるをえませんでした。
当然食器に使うことはできませんから。
空気の汚染も大地の汚染もひどかったです。
除染作業のボランティアをしましたが、
近所の公園の土をガイガーカウンターで測定すると
驚くべき高い数値が出ました。

心がふさぎ、
テレビのニュースを見るとさらに気持ちが酷く落ち込むので
2011年以来、テレビを見ることを一切止めました。
外出もままならず、
食べ物も汚染されていたので
ほとんど何も食べることができなくなりました。

今思うと、あの状況の都内で、
現在のような自粛要請が全くなされず、
逆に風評被害などという文言が独り歩きしていたことが
非常に不思議に思います。

利潤に絡めて、
本当に深刻な事実は隠し、
時には虚構を事実のように見せかけでっちあげる、
そういった体制をどうしても感じてしまうのです。



私の物事の判断基準は『自然か不自然か』です。
今のコロナ騒動はどう考えても不自然です。

いまは都内から引越して海と山の懐に住んでおり、
目の前の海も山も、
これまで目にしたことがないくらいに生き生きと輝いています。
これだけでも大きな揺るぎない心身の力になっています。
なぜなら人は自然そのものだからです。

そして、量産品や現代医療に依存することを、
原発事故をきっかけにもうやめていたので、
今回のコロナ騒動に巻き込まれることなく、
日常にほぼ変わりがないのも現実です。

今年の春の山、森の力強さ、
ここから本質的な力をもらわない訳がありません。
人もこの輪の中で循環していますから。
海辺のゴミも激減しました。
海の透明度が格段に上がっています。
よりパワーアップした海からも大きな力をもらっています。

人を循環の輪から断ち切っているのは、情報や経験や知識です。
ほんとにアルコールで消毒する必要があるのか?
いいなりではなく、心に聞いてみてください。
その前に、自分の心に聞く練習をまず始めてください。
恐れからではなく、知識でもなく、情報でもないものを聞き取ってください。
循環の中に在るのかどうか。つまり、自然か不自然か。

とてもシンプルなことです。

人間は、

動植物にとって地上の生き物としてごく当たり前のことを、

すっかりできなくなってしまっていました。

私ももう何十年も都内に住んでいたのでわかるのですが、
心を閉ざさなければ生きられない環境でした。
都心部で暮らすのにはシャットアウトが基本でした。
感覚を鈍くしなければ生きられない世界でした。
そしてそうしていることすら自分で気づいていなかったのです。

コロナウイルスが肺に働きかけるのは、象徴的です。
味覚に働くのも、象徴的。

物事を頭や意識ではなく、
心と直感で受け取り、
ケミカルなものを廃して「本物=命の輝き」を食してください。
人が霊性(冷静)をとりもどす第一歩です。

原発事故の時と違って、

いまは力いっぱい命輝くお野菜を、

この自然から受け取ることが幸いなことにできます。

大地を、深い海の底を忘れないでください。
それはいますぐその足元のことです。
足元から途切れることなく続いている命のことです。

太陽を毎日見ているとそんなメッセージが心に浮かびます。




コロナによる影響が高いとされているスペインで、
先日から、14才以下の子供の外出が許可されましたね。
子供はコロナの発症がほとんどないというところからだそうですが、
ただし外出する場合は親同伴との事ですので、
実質14才以下のお子さんがいる家族での外出ができるようになってきました。
(スペインではコロナの影響が強いことも在り
外出していると軍警察に逮捕された為、
また記憶に残るフランコ独裁政権を多くの人が思い出して
日本の比ではないくらい心を暗くさせているようです。。

なのでこの自粛緩和は明るいニュースでした。)

自粛することが果たしてコロナ蔓延の軽減に効果があるのかという事に対しても
疑問視する声が上がってきているようです。
(やっぱり『なにもわからない』が正解なのでしょう。)
ヨーロッパで「自粛をしない」と正式に発表する国もでてきました。
みんな何かおかしいと気づき始めたのではないでしょうか。

アメリカの発症者数などの数値も
全く正確ではないという事が分かってきているようです。
(コロナ患者に人工呼吸機等の対コロナ処置をすると、
病院に対して多額の補助金がでるというのがその一因のようです。。
実際にはコロナ患者などいないのに援助金欲しさにコロナ申請している、と、

各地で民間人が証言していますね・・まあ事実はわかりませんが。。
どちらにしても、そもそも数値に信憑性はありません。。日本もです。
だってコロナの実態が分かっていないのですから、
コロナ患者かどうかなんてわかりませんよね。単純な疑問です。)

コロナの実態がわからない、というのは事実でしょうし、
これからもわからないのだと思います。
はっきりいって収束などしないのではないでしょうか。
風邪と同じものと将来は認識されるのかもしれません。

(現代医療の見地からは、

これまで風邪も未知のもので特効薬もありませんし

高齢者にとっては怖いものとされてきていましたよね。)

ここまで騒ぎをおおきくしてしまったものですから、
おそらく3年くらいは引きずるのではないかな、という声が心に響いています。

けれど、3年もあれば本当にその人らしい生き方に各人がシフトできる
十分な時間があるのではないでしょうか。
いまそのチャンスを与えてもらっているように思います。

なにより、
これまで人間に汚染され続けていた自然が
あっという間に本来の力を取り戻しているのは
誰の目にも明らかでしょう。
最低限ケミカルの洗礼をうけていないお野菜たっぷりとって、
(安価な肉魚は注意が必要です)
心身健康に生きてゆく土台、そこが揺るがない限り、
ほんとうに何も心配はないと思いますよ。

真剣に、そして真摯に考える時間はたっぷりあります*

 

2020.04.21 Tuesday

ものづくりの世界

 
世界中の人たちみんなが
家でものづくりして暮らせるようになるといいなあと思います。
時間がなくてできなかったことが
みんな時間があってできるようになるのって
凄い変化だと思いませんか。
もう必要なくなるので「効率よく安く便利に」という趣旨の産業は
淘汰されると思います。
本質的な意味で(あるいは大自然に即して)みんなが生きやすい世の中になる。



写真は本日の朝昼ごはんです。
果物と野菜が好きです。
左の器のソースは自家製豆乳ヨーグルトと自家製甘酒です。
そして、さつまいもとヨーグルトのタルトを焼きました*


 
2020.04.18 Saturday

2年前の体調不良

 
おぼえがきで長くお付き合い頂いている方はご存知かと思うのですが、
私は2年前に大きな体調不良を起こしました。
(遡って4年前にも・・4年前の体調不良は、お米のアレルギーが原因です。
正確には残留農薬や品種改良に対して身体が『これは食べ物ではない』と
強い拒否応を示したものでした)
 
そして今日書きたいのは、2年前の体調不良のことについてです。
その時の症状は、
高熱、
激しい頭痛(人生のなかで頭痛になったことがほとんどなかった私には青天の霹靂でした)、
肺機能の著しい低下による呼吸困難、
激しい動機、
これらの重い症状が約ひと月ほど続きました。
今回の新型コロナウイルスが流行した時、症状が酷似していると感じました。
 
けれど2年前に新型コロナウィルスがあるはずもなく。。と思っていたら、
友人から、トーマス・コーエン博士の動画を教えてもらいました。
今回のコロナウイルスと、
これまでの人類史の中でパンデミックが起こったタイミングについて
大変興味深い内容です。
(すぐ削除されてしまうようなので
お気づきの方は早めに視聴されることをお勧めします)

 
コーエン博士は、
地表を覆う電磁波による被ばく、およびその毒素を排出しようとする体の働きが
ウイルス発祥だと言っています。
過去の人類史の中で、飛躍的に電磁波の影響を受けた時、
パンデミックが起こっていることを博士は説明されています。
だとすれば、
2年前に新型コロナウイルスは無かったはずですが、
電磁波による被ばくとその排出とすれば、私の症状についても納得がいきます。
どうりで今回の新型コロナと症状が同じはずです。
 
インフルエンザの予防接種の中に、
金属のアルミニウムが入っていることは知られていますが
そのアルミニウムが電磁波をため込むという理論も、
多くの自然に向かい合って生きている人たちのお話と合致します。
私が学んだ気功の学校でも
予防接種に対して注意するよう喚起されていました。
 
以前のおぼえがきにも書きましたが、
2年前の時は、上記した重い症状に加えて、
デジタル機器に近づけませんでした。
本能的に体全身で拒否する、という感じでしょうか。
必要な仕事のメールを見ることもできず、
決死の覚悟でメール仕事は友人に頼んだりしていました。
以来、使わないときは電源を落としたり、
コンセントを抜くようになり、それは今も毎日の習慣と成っています。
 
少し前に
『今あたりまえになってるスマフォがなくなる世の中になるかもしれない』と
おっしゃっていた整体師のかたがいましたが、
コーエン博士の動画を見てその根拠が分かったように思いました。
このコロナ騒動を終わらせるためには、本当にそうなるのかもしれません。
さて、コーエン博士の論理が正解だとすれば
免疫ができるはずもなく、何度もコロナにかかる人がいるのも道理です。
そしてよりポイントを絞ったコロナ感染を防ぐ方法が見えてきます。
出来る限り電磁波を出す機器を使わない。これが第一でしょう。
それから、自らの体の中に帯電した電磁波を流す。
アーシングが言われだしたのも必要とあってのことなのでしょう。
アーシングについては専門の本もでていますのし、
各自簡単に行うことができるでしょう。
 
ワクチンなどではなく、
自然の地表、土、それが唯一私たちを救うということです。
私は自分の経験からもそう思っています。
 
2020.04.04 Saturday

MAJO個展『羽衣』 原初の水〜生まれなおし

  


陰と陽が分断されていたらそれは偽物。
善は悪でもあり悪は善でもある。
陽のなかに陰があり陰のなかに陽がある。
二項対立を辞め和合へ。




MAJO個展 『羽衣』

4月3日(金),4(土),5(日) 12時半-19時(最終日18時)
会場/自由帳ギャラリー
杉並区高円寺北2-18-11 tel.03-5373-0306


 
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
生活をみなおそう
                       
MAJOホームページ
http://majo.moo.jp
MAJOへの仕事のご依頼
展覧会や販売、作品のお求めやお問合わせは まずはメールにてご連絡下さい。 majo_ceramica@yahoo.co.jp
Profile
MAJOプロフィール
 
Live Moon ブログパーツ
 
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode