アクセス解析
レンタル掲示板
2017.11.03 Friday

11月・12月の土の日

 
先月10月の土の日では特別編としてスペイン式の楽焼絵付けをお楽しみいただきました*



スペインでも珍しい技法ですので、
過去に下絵付けをされたことがある方にも貴重な体験だったのではないでしょうか。
ご参加くださいました皆様*ありがとうございました。

今回は、過去に通常の土に触れる土の日にご参加された方がこの絵付けも体験されて、
『(土で作るのと)ぜんぜんちがう〜』とのご感想。

そうなのです。

実際に「絵付け体験」と、「土で作る体験」の両方をしてみると、
いかに土そのものが人の体の一部なのか、と、まずは感じられたのではないでしょうか。。

絵付けは土いじりとはまた全く異なる作業で、異なるアプローチで、
また内面の深みへと沈んでゆく感じでした。

出来上がった作品たち、素敵でした。
この後、作品たちを預かりして、釉を付けて、最終焼成後のお渡しになります*

頭ではわかっていても、実際に体験してみるとどのようなものなのか、
そんなところもお楽しみいただけたのではないでしょうか。


絵付け体験は、今回が最終回でした。ありがとうございました*


11月以降の土の日は、いつもの 土に触れる土の日 になります。


◆11月と12月の土の日

11月17日(金) 13−15時
11月19日(日) 13−15時

12月15日(金) 13−15時
12月16日(土) 13−15時 満席

開催日前日18時までの予約制です。

縄文人のように親しい土を葉っぱに乗せて、
心のままに土のままに自由に作ってみてください。

初心者の方でもどうぞお気軽に*


***

入会費無料

参加費 1回 4000円 (土代、釉代、焼成代、税込)
    (中学生以下はおひとり1回3500円)
   ※完成した作品は約ひと月後に葉っぱ小屋にてお手渡し
    または宅配便にてお送り(要送料)します。


「土の日」へのお問合せ・お申込みは
土の日会場の葉っぱ小屋まで。
 
・メール  info@happado.com
・電話   080−1164−9020
・葉っぱ小屋店頭でもお申込み頂けます。
鎌倉市御成町11-10 2階
 アクセス:鎌倉駅西口より左へ100歩。
 御成通り右手インテリアマサキさん2階
 
※店頭申込み・お電話の受付時間は11-18時
  ※毎火曜休み 及びオーナーの制作期間中は
不定休となりますので
  葉っぱ小屋サイトにてご確認お願いします

または直接MAJOまでメールでお申込みください。
majo_ceramica@yahoo.co.jp


2017.06.16 Friday

7月の「土の日」日程

 
7月の土の日の日程が決まりました。

7月14日(金) 13−15時
7月22日(土) 13−15時

今月、6月18日(日) 13−15時 こちらもまだお席に余裕あります。

「土の日」の詳細・お申込みは
MAJOトップページ『葉っぱ小屋 今月の「土の日」』をご覧くださいね。

現在、素焼のカフェオレボウルへの絵付けのみの体験も若干お受けできます。
(オリジナル・カフェオレボウルの在庫がなくなり次第終了。)
お申し込みの際にカフェオレボウルの絵付け希望とお伝えください。

気持ちを柔らかく、土と遊んで行ってくださいね。
おまちしています*






2017.06.13 Tuesday

土の日

 



鎌倉の葉っぱ小屋さんで月2回開催させていただいている
「土の日」の説明が、私にはなんだかとても難しい。
いわゆる陶芸教室とも
ちょっとちがって、
土触れて、土の懐に還るような
感覚を楽しんでいただけたら、、
という時間なのです。

現在、葉っぱ小屋さんに
「土の日」で作れるようなものの見本作品を置いていただいているのですが、
なんとなく「ちがうなあ。。」とも思っていました。

とくに「土の日」は、見本のものをつくるわけでもなく、
(もちろん作ってもいいのですが)
もちろん陶土の扱いでわからないことや
迷うことにはお気軽にご質問いただいたり、
お教えしたりはしているのですが、

一番大切にしているのは、

土を前にしたとき、
その時に自然に心に浮かんだもの
(頭で考えたものではなく、心に浮かんだもの)。
それをいちばん大事にしてほしい時間が「土の日」なのです。

それには見本のようなものがあると
かえってじゃまになるかなあと思ったりもしています。
(なので、見本作品は近々撤退の予定。
「土の日」については別の方法でお伝えしてゆきます。)

そしてまた、
自然に還る時間を持つための場として、
葉っぱ小屋さんの空間が、ほんとうにゆるんで、よい環境なのです。

葉っぱ小屋さんと私とで、
「土の日」をお伝えする方法を模索し・表記したサイトページ
よくよく読み込んでくださってお越しくださったり、
あるいは
ぱっと直感でおもしろそう!と、お越しくださった方々が、
まさにそのように自然の懐でゆるむ時間を過ごしてくださっていて、
ああ、心配せずとも伝わっているんだ、とだんだん思えるようにもなってきました。

おそらく「土の日」は
”たくさんの誰にでも”向きではないかもしれないけれど、
直感でピンと来た方が、まるで魚が水中を泳ぐようにして
おだやかな時間をすらりさらりと過ごされてる。

「土の日」は、陶芸に縛られない、
何に例えることもできないおもしろい時空間だと思います。

もしご興味ありましたらいつでもお待ちしています*


6月 土の日 の開催日程は

6月15日(木) 13−15時
6月18日(日) 13−15時


◇1回の参加で完成させる事もできます。
 (絵付けなし・釉がけはお任せになります)
◇2回の参加で自作のものに
絵付けと釉がけをすることもできます。
 (月をまたいでの2回の参加もできます)

土の日ではスペイン式楽焼技法での
絵付け、釉掛けを行います。
陶芸初心者も経験者も、
頭を休め心を自由にお楽しみください。

参加費:おひとり1回4000円(土代、焼成代、税込)
    (中学生以下 おひとり1回3500円)
   ※完成した作品は約ひと月後に
葉っぱ小屋にてお手渡し
    または宅配便にてお送り(要送料)します。

***

「土の日」の詳細・お申込みは

葉っぱ小屋 まで。 
・メール  info@happado.com
・電話   080−1164−9020
・葉っぱ小屋店頭でもお申込み頂けます。 鎌倉市御成町11-10 2階
 アクセス:鎌倉駅西口より左へ100歩。
 御成通り右手インテリアマサキさん2階
 ※店頭申込み・お電話の受付時間は11-18時
  毎火曜休み 及びオーナーの制作期間中は不定休となりますので
  葉っぱ小屋サイトにてご確認お願いします

***



2017.03.19 Sunday

今日は土の日♪

 
今日は私にとっても心のごちそうのような日、「土の日」でした。



鎌倉の葉っぱ小屋さんで
こころのままに土にふれてすごしました。
(下写真は前回ご参加の皆様の完成品。)




**

4月の「土の日」は、
特別メニューをご用意してみました。

◆22日(土)13時半-15時半には、
こまいぬづくりワークショップを行います。

自分のこまいぬを、そのときの気持ちのままに土で表してみます。


上写真は、こまいぬづくりワークショップを去年スペインで行った時のもの。
大人たちも子供たちも、土の力をたくさんもらった心の解放の作品となりました*


◆23日(日)13時半-15時半は
カフェオレボウル絵付けワークショップ。


素焼きのカフェオレボウルに、
ロイヤルブルーの濃淡で絵を描いてゆくスペイン式の楽焼技法を
体験していただけます。(写真右のうつわが焼き上がり見本です。)

◇参加費(焼成費・材料費込み)
  ・各回お一人さま4000円(税込)
 
  ・完成品は焼成後に、後日葉っぱ小屋にてお手渡し。
   または宅配希望の場合は別途要送料。

◇ご用意いただくもの
  ・エプロン
  ・ハンドタオル

◇ご参加は事前予約制(各回定員5名様まで)となります。
 葉っぱ小屋までお申し込みお願いいたします。
(受付時間 11時-18時 ※4/1〜9の間と火曜日お休み)

  ・メール info@happado.com
  ・でんわ 080 1164 9020
  ・店頭にて直接お申し込みも受け付けます。

*ご参加おまちしています*




2017.01.14 Saturday

つたえること ひろがること

 
葉っぱ小屋さんでの「土の日」1月の開催は
  1月19日(木)13-15時 と
     22日(日)10-12時の2回です。

去年は試運転という感じで
毎回ごとにブローチの日、カップの日、としていましたが、
ほんとうは頭で考えたり、情報で受けとったものを優先にしたくなくて、
その時にこころに浮かぶものを作って欲しいと思っています。

先月12月の土の日で、ブローチつくりにこられた方々が
土に触れるうちにどんどんお好きなものをつくって展開させていったのを
傍でみていて、ああ、これなんだ。としみじみ思いました。

今月からは、毎回のテーマはなくて、
『土にふれて作る日』にしようと思っています。
つまり、心に浮かぶものを作る日にしようと思います。

土の日の詳細やお申し込みは、
会場となる葉っぱ小屋さんのこちらのサイトをご覧下さい。



去年11月の土の日に親子で参加して下さったあっかさんが
作品完成後の様子をブログに書いて下さっていました。

○おこさんのつくったものや→あっかさんのブログ1
○おかあさんのつくったカップ
 (既に使い込まれていい感じになっています)→あっかさんのブログ2

下の写真もおこさんがつくったもので、ツリーとキリンです。

どれも出来上がった物が、作った人の心にそっているのが伝わってきて
とてもとても嬉しく思います。

あっかさん、体調崩されているようですが、
たぶん体が、蓄積していたいらないもの排出しているので
ゆっくり休んでお大事に過ごして下さいね。





***

ことしの年始、お正月の三ヶ日に、
ホテルニューオータニに出展させて頂いていたときの事。

美大生ブースに出展されていた学生さんのひとりが、
私のプロフィールの掲示をみて声をかけてくれました。
『藤野芸術の家、わたし子供の頃なんども連れて行ってもらいました。
陶芸も何度もして。』

その学生さんが子供の頃、
ちょうど私が芸術の家で陶芸を教えていた時期と重なります。
わあ。。

その小さかった子が、
その後美大へ進み陶芸を専攻して、
現在、陶芸で作品を作っている。

まったく想像もしなかった縁が
まったく知らなかったところへ繋がり
広がってふくらんで行き
そしてまたその道中で縁があり。。

年の初めのすばらしい贈り物でした。



2016.11.29 Tuesday

『土の日』の環境

 
『土の日』について、葉っぱ小屋のオーナーさんから
『主旨が、アートセラピーと似ていますね。』と言われました。

葉っぱ小屋さんでは定期的にアートセラピーのワークショップもされていて、
その内容のお話を伺うと、確かに似ているかもしれません。

もっと明確には、『土の日』は気功そのものでもあるなあと思っています。
自然に心よりそい、自分が土に自然体になってしまう。
自分が自分でなくなってしまう=本来の源の自分になる。
源の自然は全てを癒し、ゆるがない幸福感がある。

陶芸教室でカップをつくるのと、
『土の日』でカップをつくるのは、
同じカップをつくるのでも
そのこころのアプローチが全く異なります。

小学生の塾の先生をされていた方がラジオでこんな主旨の事を言っていました。
『結局ひとに何かを「教える」ことはできない。
学びは、教える側ではなく相手の側にあって、
相手が学びたいという姿勢があれば学ぶだけのこと。
教える側に出来る事は、
ただ、相手が学びたいと思うような気持ちにさせる『場を作る』こと、
『演出・プロデュースをする』こと。
それが唯一教える側にできること、そして大切なことである。』

とてもよくわかる。
これはまったく陶芸にも言える事で、
場が整っていれば、余計な意識を排除してただただ土に寄り添える。
そういう意味では、『土の日』の会場となる葉っぱ小屋さんの空間は
既成の陶芸教室の概念とは全く異なる空間で、
純粋に土に触れ、頭で考えずに心で感じながら体感してもらうのに、
鎌倉の駅近くでありながら、とてもよいリラックスできる環境であると思います。
この空間を活かすためにも定期開催の『土の日』は少人数制にしています。

このごろの人の生活は、圧倒的に視覚から入る情報量ばかりがおおくて
人の自然が本来もっている感覚のバランスが悪くなっている。

手の感覚、
香り、
音、
空間に漂う空気、
土は五感が働くことをとてもたすけてくれます。

ほんとうに
陶芸教室でカップをつくるのと、
『土の日』でカップをつくるのは、
同じカップをつくるのでも
そのこころのアプローチが全くちがうなぁと感じます。


先日『土の日』に参加して下さった方がお気持ちをブログにアップして下さいました。
とてもうれしく読ませて頂いたので、ご紹介させて下さいね。

あっか 土にふれて



私自身が『土の日』が大好きすぎて
『土の日』のことばかり書いてしまっている事、ご容赦下さいね^^


次回『土の日』は、12/18(日)開催。
あと1名様まで受付できます。
詳細&お申し込みのページはこちら



2016.11.28 Monday

葉っぱも土も

 
昨日の土の日で、初めてさわる陶土でたくさん作った4さいの女の子。

最初は遠慮がちにちいさなちいさなみかんを1こ作った。
『もっと大きいのつくったら・・』と言いかけたのだけど、
お顔を見たら、彼女はいまはそれが精一杯なんだ、と思って、
『うん。いいよ!』と言い直した。
それから女の子、
土をこねこねしているうちに
みるみるどんどん土と仲良くなって、
みるみるどんどん土でつくる秘密を知って、
『わあ、おっきい土〜。』と、おっきい土でつくったり
『もっとつくりた〜い。』と、もっとつくったり
『たのしい〜!』と、何度も言ったりして。

そしてもうじゅうぶん満足なくらい作り終わった時、泣いちゃった。
どうしたの?
土に沢山ふれて、新しいことたくさんやって、
心がいっぱいになった?
すてきだね。
すてきな涙。


女の子のおかあさんは、
葉ロクロでカップをそれはそれはとても丁寧につくっていて
『はぁ〜いいにおい。。』と何度も言っていた。
『これ葉っぱの匂いなの?そうなんだ〜。』


葉っぱも土もありがとう。






2016.11.27 Sunday

『土の日』の時間

 


2時間の間にみるみる土と仲良くなって行くこども。

ゆっくり手に触れて土の塩梅を確かめながら完成させるおとな。


『たのしい!』というこどもの言葉に土も満面の笑みで答えてくれたようです^^


ほんじつの『土の日』もとてもよい時間でした。




土の日について詳細はこちら



2016.11.25 Friday

27日(日)の『土の日』

 
本日ふたつめのおしらせです。

今週末の日曜日は、鎌倉の葉っぱ小屋さんでの『土の日』です。

今回のお題目はブローチづくりとありますが、
心につくりたいものがありましたら
ブローチでなくともかまいませんので遠慮なくご相談下さいね。

さっそく27日の参加者さんから、
前回平日に行いました「葉ろくろ」をやってみたい、というリクエストがありましたので
27日は葉ロクロの器ものづくりもできるよう準備しています。
絵付けをしないのであれば1回のご参加で葉ロクロの器を完成させることができます。
なお、
作った作品は本焼後(制作日より約ひと月後)に、
葉っぱ小屋店頭でのお引き渡しか、
宅配便によるお届け(送料がかかります)、のいずれかになります。


現在のところ、今週末27(日)の回は あと2名さままでお受けできます。
12/18(日) 10:00-12:00は、まだお席に余裕あります。

『土の日』の詳細&お申し込みはこちらまでおねがいします。



2016.11.17 Thursday

『土の日』*土にふれる日でした。

 
今日の朝昼ご飯。
ひさしぶりにスペインの田舎の郷土菓子ソパイパをつくりました。
少しだけ早起きしたので余裕の揚げ物系です。




本日は鎌倉の葉っぱ小屋さんにて『土の日』でした。

基本的に何を作ってもよいのですが、
葉っぱを使って、縄文人のように葉ろくろをやってみました。

何を作ろうかな。

どの葉っぱを敷こうかな。





とろ〜り蜜のようなうねをカップの底に指でしるしつけます。


おしるこ食べるうつわにしようかなぁ。。


作業中の指使いがまるで指のバレリーナのようにうつくしいね。。


とっても丁寧に土と語らいつつ、
場の空気に身を委ねつつ、
唯一の1つを作りました。


今日はどちらもスタンプしたり、へらで年輪のようなあとをつけたりして
飾ってみたので、絵付けはせずに釉づけのみをして完成になります。


今日も清涼な空気の中、心身心地よい時間を過ごさせてもらいました。



『土の日』の会場となる葉っぱ小屋さんはこんなところ。



アトリエショップという名称のとうり、葉っぱ小屋の中には
制作が出来る空間と、
展示のための空間と、
ものづくりのための素材の空間が
なんとな〜く密接に繋がり合いながら存在しています。



ものづくりをするひとなら、何時間でも見入ってしまうような
オーナー氏セレクトの珍しく楽しい素材が色々。。



ワークショップ以外にも、
月ごとに色々な作家さんの作品展など、常時なにかしら開催しています。



ぜひぜひ遊びにいらして下さいね。

『土の日』次回は、
12/18(日) 10:00-12:00 に開催致します。

ブローチづくりとなっていますが、
基本的に『土にふれる日』なので
本日つくったようなうつわや、何か作りたいもの、を作って頂けます。

お問い合わせお申し込みは葉っぱ小屋さんまで。
『土の日』の詳細ページ




Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
生活をみなおそう
                       
MAJOホームページ
http://majo.moo.jp
MAJOへの仕事のご依頼
展覧会や委託販売、制作などお問合わせは まずはメールにてご連絡下さい。 majo_ceramica@yahoo.co.jp
Profile
MAJOプロフィール
 
Live Moon ブログパーツ
 
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode