アクセス解析
レンタル掲示板
2019.11.18 Monday

ハレの日

 

ヤマトタケルとご縁ある友人を連れてきたいとずっと思っていた地元吾妻神社。
ここにはヤマトタケルにゆかりのある湧水の場所。
 

この日はそうとは予定に入れていなかったのですが、
たまたま事の成り行きでその友人とバスに乗って通りがかったのが
吾妻神社にほど近い停留所でした。
まるで満を持して
『今日行きなさい』とGoサインがでたかのようでした。
 

誰もいない境内におひさまのぽかぽかが満ちています。 大小の白い蝶ばかりが沢山舞っていました。
心満たされる幸せなお参りでした。
 
拝殿の波紋の瓦。


拝殿の真後ろに在るご神木。。というよりご神体のよう。
 

令和になって素晴らしい扉が次々に開いています。

お参りの後は、当然のように歩いて海へ・・

  

荒ぶる海を鎮めるため海中に身を投げた弟橘媛(オトタチバナヒメ)
人魚の化身ではないかとふと心に浮かびました。


素晴らしい一日。



*
*
 
今朝、私が住んでいる逗子の海中の写真を偶然見つけました。

それがこちらです。
https://m.facebook.com/groups/432864826819334?view=permalink&id=2221717244600741

珊瑚を主とした海中写真を撮り続けているダイバー高島敏春さんのものですが、
ご本人の解説によると、
これまで逗子の海は海流が不安定であること等から
海中を撮影する人がいなかったのだそう。
世界のサンゴ礁の写真を撮られている高島さんによると、
逗子の海のサンゴ礁は世界でも屈指の美しさとの事。

これにはもちろん私を含め地元民はびっくりです。
身近にこんな美しい世界があるなんて。

海を大切にしようという心が人々に芽生えると良いな、ということ、
そしてその思いを子供たちにも伝えてゆきたいという思いから
高島氏は写真集にもされたそうです。

私の絵皿に顕れる人魚たちは
この龍宮からきっとやってきたのだと妙に納得してしまいました。


 
2019.10.21 Monday

茅ヶ崎にて

 
昨日は茅ヶ崎館にて
素敵なコンサートにお誘いいただきました。
 




 

作曲家でありピアニストの中丸倖爾さん。
春に初めてお聴きした、場の空気を汲み取った即興演奏や、
初夏に思金神社での自然と一体になり渦巻くように天に上って行った
奉納演奏の素晴らしさが忘れられません。。

今回のコンサートの会場である茅ヶ崎館は映画監督小津安二郎氏が
脚本を執筆されるのに常宿とされていたそうです。



コンサートの会場を覗いてみるとまだ準備中の様子でしたので館の中を探検・・

二番のお部屋は小津監督が常用されていたお部屋だそう。


こじんまりとキリリとして、切り取られた窓の景色も素敵です。




コンサートの内容は「美しき日本語の調べ」と題して、
今回お誘いくださった中丸倖爾さんと、
そしてテノール歌手の小西貴浩さんとのコラボレーションでした。
おふたりが共鳴し合い、これまでも伊勢神宮をはじめとする
国内や海外の寺社仏閣での奉納演奏など繰り返し行っていらっしゃいます。




この日お着物姿で登場された小西さん。
叙情豊かに日本の歌を歌われる、そのストレートな純粋さが
歌の歌詞の物語性を極めていました。
かなり深く引き込まれた濃密な時間となりました。
ただ日本の歌をプログラムどうりに歌うというようなコンサートとは
全く異なり、良質な演劇舞台にとっぷりと浸ったような、
深い満足のため息・・。



 

どの曲も素晴らしかったのですが、
この9月に奈良で開催された万葉の歌音楽祭で明日香賞を受賞された
「狭岑の島の」という楽曲がことさら心を震わせました。。
柿本人麻呂の歌が
ドラマティックに溢れんばかりの感情いっぱいに歌われて・・・今も余韻があります。

また、令和の出典となった万葉集の歌から「梅よ、梅よ」という曲。
歌詞は原典のまま、こちらもまた中丸さんの作曲によるものですが
寄せては返す波のように大西さんの歌声に引き込まれました。。

作曲の中丸さんが、
『大西さんが歌って一番素晴らしいものと成るようにしたいと曲を作りました』
とおっしゃっていた意味がよくわかります。
舞台演劇を観ていても、やはり心ある作家に当て書きされた演目は、
当て書きを受けた演者の魂をひきだします。
今回コンサートでそれを目の当たりにして、
それもこれが本邦公開とのことでしたので、
とても幸せな場に立ち会わせていただきました。。

ある特定の人の為につくられたものが、ひいては万人の心を打つ、というのは
そのつくられたものが普遍的なものであり、本質に迫っているからこそでしょう。。
 
本当に素晴らしい時間を堪能させていただきました。



コンサートの帰り、近くの海岸に出ると不思議な感じがする空の色。


この日はあちこちの神社でお神輿が出ており、
幸運にも海岸からの帰り道、ちょうど目の当たりにすることができました。




素晴らしい一日に感謝です。


 
2019.10.12 Saturday

自然の中で

 
昨晩、ひと月ぶりに家に戻って眠ることができました。
大きな感謝です。
台風19号がくるというので、大工さんたちが復旧工事を急いでくれました。

思いがけない急な展開でしたが、
やはり次の台風が来る前にと友人が、避難所からの荷物の運び込みを
一昨日、昨日と二日間かけて手伝ってくれたので、
おおよその引越しも昨日で済ませることができました。
嬉しい急展開。

そして間髪入れずに現在、
私が住む地区の真上を台風19号が通過中です。

この度の経験で古民家を借りるということについて様々な見地を養ったと思います。
これは非常に身になる重要な、そして貴重な経験だと思いました。

今日は、万が一の時のために日中、スコーンを沢山焼きました。
さらに先ほど夕飯を作るついでに、
先日頂いた徳島のなると金時を焚き込んだ少ししょっぱめのおにぎりを
沢山作っておきました。(これが美味しい〜!)

お水の汲み置きもして、
9月に被災した際に工房の奥から発見された
大量のローソク(昔イベントに使用しようと思って買いだめしていたもの)
を準備しています。

後は自然にまかせます。
VS自然となるのではなく、
自然と一体化します。
台風と。
9月9日に被災した時の家の中に降る黒い雨
(建材に使われているケミカルなものが溶け出したもの)に比べると、
先ほど植木たち救出のために庭で当たったこの度の台風の雨からは
清らかでどこかかわいらしい調子を感じ取りました。
そして
何があっても自然を信じている自分を再確認できて嬉しく思いました。


 
2019.10.06 Sunday

季節の贈り物

 
今年も徳島の友人が送ってくれました*
 
 
 
毎年の恵み、
これまでの日常を失った今年は殊更に心に響きます。
かわらないこうした大地の循環のエネルギーがあるからこその
新しい日常をいま生きていられる幸せなのですね。
 
輝く命のちから。
本当にありがとう。
 
 
 
2019.09.17 Tuesday

『言葉にならない絵付けの世界』終了いたしました。





沢山の方にお越しくださり、
盛況の中、無事幕をおろすことができました。

お越しくださいました皆さま、作品をお気に召してくださった皆さま
心からありがとうございました。





初日の開廊前は、大好きな地元の海の際の神社にお参りをし、
マリアの木の元で持参のサンドイッチを食べて


そして海沿いにスクーターで走りながら
会場のくるくるさんへと向かいました。
(この日はおりしも満月。帰路では同じく海沿いに走っていると、
畏いほどに美しく大きな満月がかかっていました。素晴らしい初日幕開けでした)











遠方からもたくさんの方がお越しくださり、
お庭や建物も合わせてお楽しみ下さっているご様子がとても印象的でした。









最終日の午前中に降った雨も庭の風情を一層ひきたててくれて
お客様も喜んでおられました。
自然と呼吸が深くなりますね。。



午後になるとお天気に恵まれ、
皆さまには作品をひとつひとつ丁寧にご覧くださり、
また作品と対話してくださっているご様子、
やはりこういった展示には空間を選ぶことの大切さを改めて感じました。

本当に素晴らしい展示となりました。
そして展示はお客様がお越しくださり
作品をお手に取られることで完成するものだと、目の当たりにした思いでした。

いまの私の作品をめでてくださり、お迎えくださることが
根本的な私の表現のエネルギーとなっています。
作品は私が抱え込むものではなく、
大きく開かれているものだと、
今回の展示でよりいっそう体現されたように感じました。

会場となったくるくるのオーナーさまにもご助力いただき本当に感謝しています。
そして改めて今回、
akkaさんとの二人展であることの深い意味を感じ取ることができました。

今回の展示を開催させていただいてほんとうに感謝ばかりです。
たくさんのお客様にお越しいただきまして、
十分な時間ではなかったかとは思いますが
おひとりおひとりさまとお話ができましたこと、
そしてまたそれを楽しかった、来てよかったと、
ご感想頂きましたことでなんとか安堵しております。

本当に本当にありがとうございました。


2019.09.09 Monday

大祓

突然真夜中の大惨事。
(家が古いのでありえると思っていたとはいえ)

部屋の中に降る豪雨(屋根が飛んでなくなったのです)。



自分も周りも何もかもがびしょぬれで人魚のようだなと思いながら
明けて一夜。

窓の向こうにはいつもの朝とおんなじお山がありました。

それにしても雨漏りにバケツやたらいを置くなんて
マンガでしか見たことがなかったよ。

自分ではもうどうしようもない自然現象を目の当たりにすると、
逆に心は落ち着くものなのですね。
ああ心もう慌ててももうしょうがない、できることをやろう、と。
そして淡々と、滝のようになっている自分の部屋から母屋へ本を運び出しました。


次に衣服や箪笥を同じく母屋にはびこんだ。
母屋が無事で両親が母屋に住んでいて私は恵まれている。
夜中に町のあちこちから救急車のサイレンが絶え間なかったけれど
一人暮らしだったらこの私の状態も救急車呼ぶしかなかっただろうと思います。



うちの大家さんは日ごろからとても良い方なのですが、
今回の保険の事や物品の弁償のことについて、
すぐに保険会社に聞いてくれて、分かり易く丁寧に教えてくれました。
(結局、外壁も屋根もまるまる立て直すくらいの大がかりな工事になりそうです。)


私の工房の外壁は土壁が出ちゃってて↑
今となっては屋根もないし、次に雨が降ったら完全にアウト!
ということで、大家さんが迅速に工務店を手配してくれて、
明日はもう足場をくんで工事にかかってくれるとの事。

そういえば今日郵便を届けてくれた配達の方も、
『自分ちの屋根が飛んじゃった』とのこと。
屋根屋さんが午前中、下見に来てくれた時も、
『もう数十件依頼が来てるんです。』とのこと。


工房の2階の浸水(っていうんでしょうか。
今でも天井から室内に雨が降っていて畳が池になっています)
してるところが私の部屋なのですが、当分この部屋は使えません。

工房の窯にも雨水が直撃してしまっているのに気づいて
傘をさしました・・

気づくのが早かったおかげか、窯は稼働しそうです。

なので、
14日からの二人展も開催しますよ!

お越しいただけたら本当にうれしいです。


akka MAJO 二人展
『言葉にならない絵付けの世界』

9月14(土),15(日),16(月・祝)  12:00-18:00 ※最終日16時半迄

会場 garden&spaceくるくる
鎌倉市由比ガ浜2-7-12 tel.080−5544−0021

JR「鎌倉」駅より徒歩15分
江ノ電「和田塚」駅より徒歩1分




祓い清められて目から鱗。
大自然ってすごいですね。
体験しなかったらわからない新しいこと、今日一日で沢山教えてもらいました。
ほんとうに感謝しかありません。


アフリカの布のコレクションも泥水(家の中に降る雨は黒いのです)かぶったので
今日は沢山洗濯機を回しありったけの物干しを使って干しました。


おぼえがきをいまこうして書いていて思いましたが、
私は写真をわりとちゃんと冷静に撮ってるな、と。
大家さんから、保険が降りるために、雨でぬれてダメになってる証拠写真が必要と
教えていただいたのもありますが、
なんだか。。。自然に沿う気持ちってこういうことなのか、
とても穏やかに淡々と撮っていました。


富士山のオブジェ。
輝く日の光と大地の緑の中で、素敵な形と成って埋もれていました。




不謹慎を承知の上で書きますが、
私はもしかしたら私個人に対するこのような強制的断捨離を
願っていたのかもしれないなあとも思います。
顕著だったのは、
これだけの浸水にあって、まったく無事だった部屋の一角がありました。
そこには陶芸の絵付けの材料すべてといつも絵付けをする机、
そして古神道の本が並んだ本棚がありました。


2019.09.02 Monday

8月31日のこと。

 
 都会のど真ん中 夏休み最後の日。




すこーーんと天に抜けるのと同時に



ぐぐっと強いグラウンディング。

お参りさせていただきました。




靖国の桜たち






千鳥ヶ淵。






皇居へとつづく森。





秋の空










素敵な一日。




2019.08.14 Wednesday

The・夏休み!

 
青い空に青い海。
もくもくの入道雲。

裸足で海に入って 浜で貝を拾って。
お日さまに当たって 潮風に当たって。
 
レモネードにソフトクリーム。

地元に遊びに来てくれた友人と夏休みを満喫しました*

たのしかったね。ありがとう。

サヨナラする頃には 空にぽっかりお月さま。





2019.07.27 Saturday

鏡を祀り開かれる

 
伊豆山神社。












大きな切り株の上に新たに根づいた木々。ちいさな森ができていました。








本宮(奥宮)に向かう道程に白山神社の磐座。



本宮の鳥居。












初島。




樹勢著しいところだと感じました。
しかし荒々しさはなくすべて繊細でやさしい。
木から生まれた日精と月精の森の伝説。
ここにあるものは、

水火の龍

磐座
クロアゲハ
初木姫
日精と月精


何もかもが微振動しています。


伊豆山神社は熱海駅からアクセスのよいところにまず拝殿があり
今回訪れた本宮はさらにそこから山に入って徒歩1時間。
(今日の写真はほぼその道程で撮ったものになります)

そして本宮からさらに元宮(伊豆山神社の大元となった場所)は、
さらに奥まった日金山にあります。

日金山にはこのような伝説があります。



〜光る鏡と日金山〜

 271年(応神天皇2年)、
浜辺に光る鏡が現れた。
その鏡は波間を飛び交った後、西の峰へ飛んでいった。

 その様子は日輪のようで、
峰が火を吹き上げるように見えたことから、「日が峰」と呼ばれ、
やがて「日金山」と呼ばれるようになったのだという。

(鎌倉手帳より https://www.yoritomo-japan.com/izusan-tokoji.htm



松葉(しょうよう)仙人が、この光る不思議な鏡をあがめ、
小さな祠を立てて祀ったのが、おおもとのはじまりだそうです。

ともあれ鏡とご縁の深い土地だと知ってここでも「結び」を感じました。


2019.07.24 Wednesday

Felices




















幸せたち*


Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
生活をみなおそう
                       
MAJOホームページ
http://majo.moo.jp
MAJOへの仕事のご依頼
展覧会や委託販売、制作などお問合わせは まずはメールにてご連絡下さい。 majo_ceramica@yahoo.co.jp
Profile
MAJOプロフィール
 
Live Moon ブログパーツ
 
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode