アクセス解析
レンタル掲示板
2020.07.13 Monday

コロナを越えて

 
高校生の時、
『日本海側にいくと誘拐されるんだって!』という
都市伝説が流行っていました。
ずいぶん後になって
北朝鮮の拉致事件ということがあったのを知らされました。
 
大学生の時、
『東京ディズニーランドで子供がいなくなるんだって』という
都市伝説が流行りました。
 
大人になって、
都内の文化センターで陶芸の講師をしていた時、
文化センターの掲示板にとても気になるポスターが貼ってありました。
それは子供の人身売買を防止する訴えのポスターで
『お金で子供たちが売られています。
これは「現代」の「日本」で起きている事です。
身の回りで不振なことがあったらすぐに警察へ』
といった内容のものでした。
このようなポスターが貼ってあることを友人に話しても
『ええ?いまどき?』と吃驚されるばかりでした。
 
すでにアメリカやヨーロッパでは情報開示されているようですが
まもなく日本でも(すでにyahooニュースには少しずつ出ていました)
このコロナというあまりに不自然な世界的現象の本質が明かされるようです。
 
この話題を私が取りあげたのは
日本でもし再び自粛要請が出た場合、
これをお読みになっている皆さまには
何があっても外出を控えてほしいと思ったからです。
 
はっきり言ってマスクや消毒などどうでもよいんです。
日本では7、8月が要注意といわれています。
テレビのニュースでも都内の感染者数を上げてきたことには意味があると感じます。
今日はクラスターといっていましたね。
やはり、と思ってしまいます。
 
人の集まるようなところ、
大きな劇場、
大きな病院、
人込み、
都心部の電車、
そういったところへ行かないように本当に気を付けてください。
停電になることも在るかもしれません。
しばらく分の食料とお水をお持ちになった方がいいかも。
 
もしかしたら山の中や人気のない海も気を付けてください。
 
何もなければそれでよしです。
 
先日の三浦半島の異臭事件、
アメリカの軍用機が何事かと感じるくらいに沢山飛んでいた事、
閉山された富士山はアメリカ軍が演習に使っている事。
(本当にコロナのせいなら他の山も閉山されるはずです)
日本のテレビのニュースではまだほとんど何も報道されていません。
 
すべてこれから明かされるでしょう。
ここにそのソースのリンクを貼れば
簡単にお伝えはできるかもしれませんが、
個人個人にとって重要なことは
なにより表面的なコロナにどうぞ惑わされず
世の中の本質を視てください、ということです。
そしてもし次回、外出自粛の要請がでるのは、
コロナからではなく、
あなたの命を守るためだという事だけ、どうぞ覚えていて下さい。
 
真実を追いたい方は、
コロナという現象がいったい何なのか、
いま世界で何が起きているのか、
日本のテレビや新聞などのマスコミではないところで、
広い視野を持ってご自身で調べてください。
いまは日本語での情報もネット上に出ています。
本質に目を据えて真剣にたどればたどり着けます。
そういう意味ではネットの時代はすごいなとも思います。
 
あと少し、大変な時期を越えましたら
もうその先にはこの5000年間とは比べようもない、
素晴らしい時代が待っています。
すでに世界はそのレールに乗っています。
そのために世界中を巻き込んでコロナという現象を利用したのですから。
 
ほんとうにあと少しの我慢です。
 
「paciencia/我慢」というスペイン語の語源を辿ると
「paz/平和」 という言葉にたどり着きます。
これは現実として大変深い意味のある源だと改めて思って居ます。
 
 
今日もたくさん海に歌ってきました。
 
 
 
2020.07.02 Thursday

大祓明けて今年後半の初詣。

 

昨日の大祓と同じく暴風雨のなか

今日も呼ばれて江の島へ。

 

 

お参りさせて頂いて居る間はお日様がのぞき

 

 

 

 

気持ちよいくらいに大荒れの海に跡形もなくすっかり洗い清められ

 

 

 

 

 

 

 

洞窟の奥のお宮は貸し切り状態。

 

 
縄文人の声を出してみれば響く。

 
弁天様のご縁だなあと感じ入り。

 

奥のもと宮で天地をつなぎ、

 

清涼な漆黒の宇宙そのものをしっかり受け取りました。

 

 

 

 

 

 

感謝のおつとめ終えて揚々と今年の後半まいります。

 
 

 

2020.06.30 Tuesday

夏越祓

 

今年の6月の大晦日は大雨になりました。


大好きな海の際の神社に向かっていると
とても気になる自然の場所が心に浮かぶので、
まずは小さな山を登りその場所で大地と海にうたをうたいました。

 

 


一度も訪れたことがないのになぜかずっと気になっていた場所でした。

 

うたをうたっている間

アオスジアゲハとツバメが円を描いてずっと頭上を飛んでいました。

 

 

アオスジアゲハは私がうたい終えて、山を降りて、山の出口まで
ずっと一緒にまるで見送るようについてきてくれました。

 

そのまま胸にスサノオという言葉が浮かぶので

そのお山のすぐ傍にある小さな漁港のスサノヲノミコトを祭る名もない神社へ。

 

拝殿でお参りをしていると
大地からもりもりと波打ち沸き立つようなエネルギー。
地の底から私の目の高さまでエネルギーの水位があがって
波打っていました。(エネルギーも水位というのかな)

 

 

それから波打ち際を裸足で歩きながら海のきわの神社へと向かいました。

 

  

 

 

禊橋のたもとで手を清め

茅の輪をくぐりました。

 

 
最初に心に浮かぶので、
本殿の奥の目隠しされて見えないお社の水の女神をお参りしました。
すると
「ゆるみゆるめ」
という言葉が降りてきました。

 

次に奥の宮にお参りしていると、
カラスがわざわざやってきて近くの枝に止まって羽繕い。
(珍しい事です)

 


マリアの木。

 
本殿にお参りをさせて頂き、

そして境内のお咳稲荷さん(喉を使うかたの守護神)と、
同じく境内のイザナギイザナミを感じる赤ちゃんや幼年期に縁のある

水天宮にお参りしました。

心導くままに。

 

 

 

お参りをしている間はうす曇りでしたが

終えたとたん雨が強く降り出しました。
 
 

帰りはまた波打ち際を歩きながら

ゆるみゆるめの歌(自作の即興・笑)を歌いながら帰ってまいりました*
 

エネルギーに満ち満ちた善き日の善きお参りになりました。

ありがとうございました。

 

 

 

2020.06.27 Saturday

黄金の龍

 

 

 

 

2020.06.02 Tuesday

梅の郷

 

今年も地元の山奥の梅の郷へ。

 

 

 

今年は去年よりも1週間ほど早く

梅の収穫時期が訪れました。
こちら↑の木をメインに
登らせて頂いて(ごめんね・・といいつつ、木登りは好きです)
今年は凶作とはいえ個人的には沢山の梅の実をとらせて頂きました。

 

 

 

 

最近陽光のエネルギーがすさまじいですね。

 

紅天女みたい。。

 

 

 

 

 

 

 

 

去年の秋の台風で折れてしまったと聞いていた

龍のような天然記念物の梅の古木・・

 

 

 

折れて根元が二つに和割れていましたが

支柱からはずれて地面を這う様に・・

・・けれど生きていました!

 

 

生きて今年もたくさんの実をつけてくれていました!

農園の方にこの龍の梅の実も

お分けいただきました。。大切に頂きます。

 

 

 

梅の郷を後にして山から海へ。

 

 

マリアの木。

 

 

 

マリアの木の元で。

 

 

 

 

 

お腹がすいたら

有機の蕎麦畑を持っているオーナーさんのお蕎麦屋さんで。

蕎麦の実の薄皮がまだ新鮮な緑色をしているままに挽いて

薄緑がかった麺。ここのお蕎麦は新鮮で本当においしい。

 

なんて幸せな一日。

 

 

 

2020.05.15 Friday

うみさんぽ


いまにも振り出しそうな一面グレーの曇り空なのに

 
 
『富士山が見えるよ』と声がしたので素直に海岸に行ってみたら
 
 


不思議な見え方。
富士山だけ異次元に居るみたいでした。


 
2020.05.09 Saturday

十五夜お月さん♪

 

 
 
2020.05.08 Friday

Luna llena

 



 
2020.05.07 Thursday

お日様に誘われて

 
昨日は朝起きてから眠るまでずっと雷様と一緒でした。
気持ちの良い雷雨に一日中しあわせでした。
一日の終わりにはたくさんの言葉も降って来て、
あわててメモ帳に書き留めました。
うまくまとまったらおぼえ書きにしてみようとも思います。

・・

そして今日は朝起きたら
こんな風にお日様が誘うので


地元の産土神社へ。。。。
 

 
 

瑞々しいエネルギーが満ち溢れて






いつもの地元ムードはどこかに隠れてしまって
まるで別の場所のような・・楽園のような。。
今日はそんな風に見えました。




そして
鎌倉宮の御神苑。


  
 
 
 
 
 














ずっと気になっていた藤棚にも逢えました。
花はほとんど終わっていたけれど
ひと房だけ、まるで待っていてくれたようでした。










今上天皇のご成婚記念のお祝いに植えられた藤。
初めてここに来たときは棚も崩れ、木もほとんど朽ちてしまっていたものを
いつのまにか心ある方の元で棚が直され、
藤も年々、力を取り戻してくるように見えました。

今日、ひさしぶりに逢うことができたのですが
若葉が萌え、天に向かって柔らかでのびやかで
『もう大丈夫』
という声が聞こえてくるようでした。
その『大丈夫』は、
この藤が映してるものすべてに向けた言葉でした。














とっても近くに来てくれて
写真を撮っている私の手の間を
縫うように飛んで見せたりしてくれました。

かわいいね。














お日様のお誘いはいつもとても素敵なので
おすそ分けさせていただきました。


  
2020.04.27 Monday

巡礼 Peregrinacio'n

  
祈り。

深く穏やかな呼吸とともに。

La oración.

 

Con respiración profunda y suave.







アマポーラ。
Amapola.





突然目の前に。
De repente aparece frente a mí..






























漁師さんが水揚げしたシラスをその場で窯あげしていました。
Un pescador estaba hirviendo al Shirasu hirviendo con ollas grande en el acto.









リュウグウノツカイ・・・
Mensajero Ryugu(el palacio del mar fondo).














"A mí me gusta hoy"












海のお母さんのへそのお。根。
Cordón umbilical de la madre mar,
o raíz de la madre tierra .















海月たち浮上(ポニョ・・)

Las  medusas están flotando y acercando al nivel del mar.





















































巡礼。


祈り。
 
深く穏やかな呼吸とともに

 

Peregrinacio'n.

 

La oración.

 

Con respiración profunda y suave.

 

 

 

Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
生活をみなおそう
                       
MAJOホームページ
http://majo.moo.jp
MAJOへの仕事のご依頼
展覧会や販売、作品のお求めやお問合わせは まずはメールにてご連絡下さい。 majo_ceramica@yahoo.co.jp
Profile
MAJOプロフィール
 
Live Moon ブログパーツ
 
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode