アクセス解析
レンタル掲示板
2017.03.25 Saturday

還るところ

 
先日、海のキワの神社の境内をあるいていたら
何か落ちていたものが気になって拾い上げた。

それはちいさなお守りで、
散華の形をした金属のプレートに
薬師如来の像が彫られていて
その背面には「日光山」と彫られていた。

これは海へお還ししようととっさに思い、
海岸へ降りて行った。

良い波にうまくさらわれてもらえるようにと岩場で場を選んでいたら、
岩の苔にすべって片足がみごとに海の中へボチャン!(笑)
地下足袋だったのでコハゼのところから海水が入ってきた。
「じらさないでさっさと海へ還しなさい。」とでも言われたかのよう。

いつのまにやらお守りは海のどこかへ。





今年の前半の展示がまるで符号のよう。


2月に開催した「in to the wood」。

ただいま開催中の「魔法にかけられた森」。

来月から開催の「BOSQUE」(ボスケとはスペイン語で森の意味)。


いずれも別々の時期に別々のところからお声がけいただいたのに
森がみっつ続いていて、
そして7月に参加させていただく企画展は「人魚姫の涙」!
森は海へとつながっていた。

偶然にしてはこれは。。作品にこの符号が影響しないはずがない。

まさにこれはまるでサンティアゴの巡礼と同じではないか。
あの幸せな巡礼の道と。
山々を越え、荒野と森を抜けて
ようやく最後に辿り着くフィニステーラ(終焉の地)は、海なのだ。


いまも安心であたたかなこの星の大地の胎内=カミーノを歩いている。



2017.03.24 Friday

わかっていること

 
 
「あなたには翼があることを忘れないでください」と
たましいを救ってくれた方から何度も言われた。

そしてそれは
私ひとりだけに向けられた言葉なのではなく
この地上すべての人に向けられた言葉であることも。


*

2010年スペイン・フランス合作映画『 Pa negre(黒いパン) 』の中で
不治の病の青年が、
困難な心理状態を極めた主人公の少年に向かって言う。

『低く飛ぶなら歩いているのと同じ。
どうせ飛ぶなら高く飛ばなきゃ。』

そして少年は、
その時彼ができる最大の手段を用いて飛び立った。
痛みを伴い泣きながら。

その痛みと涙に希望を感じた。



2017.02.17 Friday

光のベールにつつまれたような

 
二人展「in to the wood」の三日目が終了しました。
今日ももとても素敵なお客様ばかりにお越しいただいて
たくさんお話もさせていただいて充実の在廊でした。

美しい光のベールにつつまれたような
ほんとうに内面からきらきらと、穏やかに輝いている方々。。
お話をさせていただいていると
先の未来に光をさしておられる印象を受けました。
日本の人も素敵だなと思いました。

今回の二人展、
やはり今までと違う何か「力」を感じます。
目には見えないけれど、
確実に
世の何かが変わって動いてきているのを感じます。

素敵なご縁を頂きましたすべてに感謝いたします。



17、19日在廊しています。
ぜひお越しくださいね。



2017.02.05 Sunday

来客

 














2017.01.27 Friday

大山阿夫利神社

去年の秋、近所のパンカフェのマスターが
「はい。これ。」と渡してくれた地元新聞の切り抜きには
大山阿夫利神社の記事が。

ナゼワタシニ?

それからしばらくして
何のきっかけだったか忘れたけれど
大山阿夫利神社にお参りに行こうと成った。

その話を友人にしたら、
「私むかし、鶴巻温泉に住んでいて、
大山行きたいとずっと思ってたのに行けなかった。」という。

何のご縁か知らないけれどその友人とふたり、
おそまきながらの初詣となりました。

雪が積もって大変そうだったら
下社までで帰ってこようと、
大山阿夫利神社へ。














































山頂の本宮から中腹にある下社まで降りてくると
お茶屋のおばさんが
「ええっ?!山頂まで行ってきたの?!」と
何度も私に言って驚いていたっけ。
私の足元はいつもの地下足袋だったから。
私も「山歩きにはとっても良いんですよ。」とはいったもの、
あれだけの雪山、
驚かれるのも無理はないなあ。

私も行くまでは内心、山頂は無理だろうな、と思っていた。
けれど行ってみれば明るいお山、ぽかぽかの陽気、
パンカフェのマスターが「明るくて、温かい山だよ。」と
言っていたのがよくわかる。


結果、さまざまな偶然と幸運に導かれ、
今も突き抜けるような清々しさが体じゅうに満ちている。
山頂まで行けてよかった。

そして特筆すべきは大山阿夫利神社の下社の地下から湧き出ているお水。
甘くてほんとうに美味しかったこと。
あんなに美味しいお水はあまりない。
日本の名水に選ばれているらしいけれど納得です。

そしてこんなこともあまりないのだけれど。。
鳥取の大山(だいせん)と同じくらい
(偶然同じ字を書きますが)
大山(おおやま)にただならぬ気線と縁を感じ、
登山など全くしない私には、かなりハードな山だったけれど
心底好きなお山となりました。

後で考えても、よくあんな雪山。。よく昇ったなあと
まるで夢の話のよう。

いまもまだのこる筋肉痛が
あれは夢ではなかったと教えてくれているのでした。



翌日は家の近所の海岸へ。





大山はあのあたり。



2017.01.01 Sunday

あけましておめでとうございます

 








本年は元日より3日までこちらに出展しております。
初詣のあと、よろしかったらぜひ遊びにいらして下さい。
オブジェ、器たちとともに会場にてお待ちして居ります。




本年もどうぞよろしくお願い致します。



 
2016.12.31 Saturday

コヌルコピア

 
先日28日、神戸のアトリエシードさんでの個展が終了いたしました。
本当にたくさんのかたにおこし頂きまして感謝ばかりです。
そしてまた
アトリエシードのオーナーさんの作品たちへ対する、
深い理解と何よりの愛情が
よりいっそうこの展示を輝かせていたことにまちがいないと感じています。
私が作ったものに対して心で受けとって下さり、
打てば響くような素晴らしいご理解を示して下さるアトリエシードさん。
まさに『Feliz! Feliz! しあわせのうつわ展』タイトルそのままを体現でき、
そしておこしくださった方々へとお繋ぎできましたのは、
オーナーさんあってからこそだったのではないかと思っています。

実際おこしいただいたお客さまからも、
アトリエシードさんの心地よさ、楽しさのお声をメールで頂き、
そういった空間に、そしてオーナーさんに、
作品をすっかり安心しておまかせできましたこと、ほんとうに幸せだと思いました。

この個展をお心に留めて頂きましたみなみなさま、
ほんとうにありがとうございました!
本年最後の素晴らしい気を運ぶ展示となりました。

アトリエシードさん神戸元町実店舗は2017年1月2、3日初売り。
 詳細はこちら→アトリエシードさんブログ
ネットショップは無休との事です。
先の個展期間後半に追加納品させて頂いた「山桜と陶のユビワ」も
年内にはネットショップにもアップされるとのこと、
ご興味ありましたらぜひご覧下さいませ。
 →アトリエシードネットショップ/MAJO作品ページ


**

今年をひとことであらわすとすれば「コヌルコピア」に尽きます。
去年の初夏あたりから非常に不思議なご縁で、
特別な食の仕事に関わらせて頂く事に成り、
それは陶芸にのみならず、
この世の自然の事象総てに関わってくる素晴らしい学びとなりました。
また、こころの奥に沈められた大地と繋がる本来の輝きを
思い出させてくれたできごとでもありました。

いままでをすべて、きちんと儀礼に乗っ取って手放すことで、
次の最上の扉の前へ進むことができる、ということを
目の当たりにした年でもありました。

それからあれよあれよと、
スペインでの2つの展示への出展が決まったり、
新しいご縁をいただいたり、
昔からの心地よいご縁が、想像もしなかった新しいこれからに輝かしい形となって
繋がって行ったりと、まるでおとぎ話のような2016年でした。
昨日になってまた大変すばらしいお知らせを頂いたり、、
(これはまた来年ここおぼえがきでもお伝えできると思います。)
おとぎ話はただのおとぎ話ではないかもしれませんね。

こうして繋がってゆくこと・幸福が膨らみ循環してゆくこと、を体感しながら、
おかえししようとしても、もはやしきれないほどの宝物を手にしているかのようです。
不思議な不思議な2016年でした。

この一連を巻き込んで増幅する輝きを、なんと表現したら良いか分からないところで
「コヌルコピア」という言葉に出会いました。
(この日のおぼえがきに書かせてもらっています→
まさに2016年は実感を持ってコヌルコピアが起きていました。
いや、本当はもっとずっとまえから、
そしてこれからも循環し増幅し続けるのだと、
全く揺らぐ事のない確信を抱いて
ますます自由に・自然へと向かって行こうと思っています。

個々を捨て手放す事の意味を知るすべての人々と
コヌルコピアの増幅にここちよく巻き込まれて。

これからもこの星はすばらしい自然の星となってゆくことでしょう。



2016.12.25 Sunday

スペインの友人から

  
『すべての陶芸にたずさわる方々へ』と送られてきた画像です。




本日で終了しました国分寺での『くるみのクリスマス展』。
おこしくださいましたみなさま、ありがとうございました!

今回の展示に最後におこしくださったお客さま
詩とのコラボ展を隔年でさせていただいているアントニオ氏が、
クリスマスの語源のお話をして下さいました。

クリスマスは、ギリシャ語発祥の言葉だという事。
スペイン語のクリスマスを意味するNavidad(ナビダッ)は
『誕生した』を意味するラテン語から。

スペイン語のメリークリスマスを意味する
"Feliz Navidad"は、キリストに対する『お誕生日おめでとう!』という
直訳そのままの言葉の意味なのだそうです。

!Feliz Navidad!



2016.11.14 Monday

転機

 
2015年から2016年にかけての激動。

この激動は、
ひとつひとつの小さな転機として顕われながら、
もうずっと前から連動していて繋がっていたのだ。
満を持して目に見える形で劇的に顕われて下さった。
疑い深い人間なのでここまで時間をかけて準備していただかなければ
このような2016年の今に繋がらなかったかもしれないとも思う。
身に起こる事象に気づいていたか・いないか・の違いで、
これから自分が行うことが異なって行くのでしょう。
やっと気づかせて頂くことができたことで
この小さな振動・降り幅は
地球規模となったときに大きなものとなるのでしょう。

この大地の生命の祈りに届く振動。
まさに文字通りの振動が起きて居り、体がとても軽い。



2016.09.26 Monday

富士山へ

 
 


和歌山からのお客様。
土で狛犬つくる方。

速く乞われて富士山へ。

富士山へ行けるのは今回がもう最後だとどこかで思っている。



明るい空から落ち続ける雨。

鳴き続ける龍。



桜の神紋 コノハナサクヤヒメ








酉 戌 亥  酉 戌 亥



神界があと1日猶予を与えてくれたように感じる。
(神界の1日は人間界の3年だという)











イワナガヒメ







翌日は見事な秋晴れで。



秋津海。





Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
生活をみなおそう
                       
MAJOホームページ
http://majo.moo.jp
 
Live Moon ブログパーツ
 
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode