アクセス解析
レンタル掲示板
2019.02.03 Sunday

ぽかぽかしてる。にこにこしてる。

 
梅の花が咲いています。
明日はもう立春です(*^-^*)

先ほど地元産土神社での節分祭に行って参りました。




おぼえがきにも以前書きましたが、
ここの神社の境内は長いこと喫煙所として使われていましたが
去年の大晦日を境に全面禁煙となりました。

そのせいなのか、以来今年に入ってお参りに行くと今までとの空気の違いを感じます。
まず神社で祈るつもりも毛頭ない方々の出入りが激減した。これは大きい。
今までかなりの数の喫煙者が境内でタバコを吸うためだけに来ていたので
出入りする人の層が目に見えて変わったのを感じます。

節分祭は拝殿での神事から始まり、
それから祓いの弓の儀が行われました。



いつもは扉が閉ざされてみられない御神輿が清楚に置かれています。



神社の名称にちなんだ亀の細工が。



ご神木の二股のイチョウも大好きなのですが、
境内には樹齢を重ねた大木がいくつもあり
末社のお稲荷さんの参道のこちら黒松も立派です。







そして実はいままで気づいていなかったのですが、別の場所より移された
浅間社のコノハナサクヤヒメがこちらにお奉りされていました。。

「大神宮社、浅間祠 大神宮社は天照大御神を祀る、
古くは逗子駅西口前の山上に鎮座していたのを後年八幡宮に合祀された。
その跡地にささやかな石祠が残っており、
浅間様(祭神木花咲耶姫命)と呼ばれていたが、
昭和41年(1966年)5月、境内に移された。」



ちょうど今朝、コノハナサクヤヒメとイワナガヒメの陰陽について考えていたので
はっとするところがありました。
それにしても、やはりここは富士山とは切っても切れないお土地柄なのだと感じます。




今年おそらく最後のつばきがひっそりと燃えていました。





豆まきは大盛況で、
私はぽかぽかと境内の大きな木の気に包まれて
(根っこが包むような形をしている木があってその根元で)
境内の土地がにこにこしているのが伝わってきて幸せに感じていました。



神社ではゆっくりな気持ですごしていたので豆まきの豆はもらいそこない、
けれどおなかは豆を食べたくなっていたので(笑)
黒豆のおかきを今日のおやつにと商店街で買って帰ってきたのでした。


2019.01.07 Monday

産土神社

 


土地の神、産土様。

先祖代々の神様は氏神様で、
昔は引っ越しする人もそうそう多くはなかったので
氏神様イコール産土様であることが多かった。

いまは生まれた土地から引っ越しをする人も多く、
住んだそれぞれの土地にはそれぞれの産土様がいて、
引っ越した数だけの産土様の御加護を受けているのだ、という。



そして特に生まれた土地の産土神は
その人の一生に渡って大きな御加護を与える産土神になると言われる。

生まれる、つまり、人がこの世に顕れる時、魂を授かるのだけれど、
その魂を授かった瞬間より産土様の御加護を受けるという。

そして様々な見地から、
「魂を授かる瞬間」というのは母親の妊娠がわかって間もないころとする場合もあれば
生まれた瞬間とする場合もあるようだ。

大概、妊娠まもない頃も、生まれる瞬間も
同じ場所に住んで居ることが多いのかもしれないけれど、
私は異なる場所になる。

そしてこの週末に、
妊娠がわかってまもないころの方の私の産土様に初詣に参りました。
(生まれた場所は別のところになります。)

とても好きな神社です。



ここの神社のおみくじは大中小みたいな階級評価的なものではなく、
歌が詠まれているのでいつもおみくじをひかない私も
ここでは毎年お歌をいただいています。

今年はなんと数年まえにひいた歌と同じものでした。



「茂りたる うばらからたち 払いても ふむべき道は ゆくべかりけり」

未開の天地を拓き、狭い道をも広く、
文化を常に高めて行くことが、創造の活(はたら)きで、
人生の生き甲斐というものです。
どんな困難をも正義によって勇敢に打開して進みましょう。



あらためて今年もう一度目の前に顕れ詠ませていただいたこの歌に
いまの私の道でよいのだと言っていただいたように感じました。





帰りにお抹茶を点てていただきました。



あまりに寒い外から室内へ で、カメラのレンズに結露がついてフォトジェニック*


2019.01.03 Thursday

初詣

 
元旦にはお弁当持って友人の産土神社のご神体のお山に登って初詣。

友人がさりげなく
『今日は山でゴミがひろえたらそれでいいかなと思って。』と言いました。

なんてこの人はすごい人なんだろう、と改めて思う。
日常的にさらりとこんなことをいつも言う。

こんな思いで初詣に来ている人はいったい何人いるだろうか。




イタリアで日本で長年本格的に登山をしているまた別の友人が言っていた。

近年の登山ブームによって
山に対する、
目に見える世界だけでない
目に見えないところでの
畏怖や敬愛の念が欠けている人が多い。
つまり、目に見えるゴミの問題然りだけれど、
深刻なのが都会での個人的な穢れを山に捨てていく。
「山に何かしてもらいたい」という物欲しげな依存心から登山するつもりなら
山に入るべきではない。
山はそういう人間にサインを送って来る。
「あなたはもう山に近寄るな」と。
その声すら聴けないほど鈍っている人も沢山いるようで・・。



今日は私が住む地域で心から好きな神社へ初詣。



長く続く海岸線をずうっと歩きながら、、
やたらとプラスチックゴミが浜辺に散乱しているのが気になった。

一番最初に目についたのがスーパーの手提げビニール袋。
まずこれを拾って、
元旦の友人の言葉を思い出しながら、
目につくビニールゴミを拾ってはスーパーの手提げビニール袋に入れて
少しずつ神社へ向かうことにした。

10分も歩かないうちにビニール袋がぱんぱんになり
想像以上のごみの量の多さに改めて考えさせられました。

お正月で、神社に向かう海岸沿いにはいつもよりもたくさんの人が居て
この全員が少しずつゴミを拾えば
この海はさぞかし綺麗になるんだろうな、と思った。
くじらの赤ちゃんがプラスチックゴミを
間違えて飲み込むこともなくなるんだろうな。
山の話と同じように海でも同じことが起きている。

ただ思って居ることと
実際にそれをできるかどうかとの大きな違いを改めて感じた初詣。



神社の拝殿は、かつてみたことがない大行列で
私の初詣は拝殿の裏手にある奥の宮にお参りすることにしました。
奥の宮でお参りするひとはほとんどいなくて行列もなし。
ひっそりとして且つ清涼。

大好きなマリアの木にだきついて、
それからお宮さんで海に向かって祝詞を挙げるのが心地よい。



初詣の帰りは、一の鳥居の真正面にあるカフェで美味しいカプチーノ。
帰り際、マスターご夫妻に
『いつも初詣とここのカプチーノは私の中でセットになっているんです。
今年も美味しいカプチーノをありがとうございました。』
とご挨拶したら、
心洗われるようなとてもピュアなありがとうの表情をされて、
こういう世界に生きられることが嬉しく思いました。




いつからお正月は、山は、海は、
何か物欲しげなものの対象と化してしまったのでしょう。
もとにもどるといいな。
そしてもとにもどるだけでなくさらに美しい世界へ。






自然の美しさの様に。




















2019.01.02 Wednesday

お菓子*

 
昨年末から丁寧に発酵させた材料たちを使ってリンゴのタルトを焼きました*
タルト生地は天然酵母パンのアレンジでさくさくに。

フィリングには豆乳ヨーグルトにフレッシュレモンの皮を刻んたものを加え
カスタードクリームを作りました。
メインと成るリンゴは、サルタナレーズンを煮出した果汁でリンゴを煮て
さらに冷蔵庫で数日熟成したものです。ぶどうの果汁がしっかりリンゴに染みてます。

何となくその時その時少しづつ進めていくうちに発酵過程も加えて
ずいぶん丁寧な作り方になりましたが、それだけの価値のあるお味に。
材料は超がつくほど素朴ですが自然の力添えで風味あるタルトになりました。
写真はお一人様サイズのミニタルト。
ほかに耐熱陶器のカスエラで中サイズのものも焼きました。
これはもし今後機会があればミガスカフェのメニューに加えたい*



タルトの奥に写っているのはざっくざくのアーモンドクッキー。
これにはサルタナレーズンのドライを入れてタルトの余熱で焼いてみました。

ずっと気になっているのですが、
サルタナレーズンのサルタナってスルタナのことかな。
アラビアの女王様のことをスペイン語でスルタナと言いますが(因みに王様はスルタン)
このレーズンの原産国にトルコが多いことが分かり、
オスマン帝国から広まったとのことで、やはり・と思いました。
また、アーモンドを使ったお菓子もイスラム圏には多い印象で、
スペイン南部でもアーモンドの樹が身近に生えていて
日常使いで手に入りやすかったのを思うと、
アーモンド+サルタナぶどうのクッキーはまさに
アルアンダルース(スペインがイスラム時代だった時の国名)なお菓子なのでは
・・・という自由な妄想。

スペインに住んでいたとき所属していた地元コーラス隊で
Sultana〜!mi novia de Andalucia〜〜♪という民族曲を歌いました。今でも好きな曲*
2019.01.01 Tuesday

山から海へ

 


































































2019.01.01 Tuesday

Feliz an~o nuevo






2018.12.28 Friday

本日も楽園にて


るんちゃんのおつくりなさるものがあまりにフォトジェニックなので。。








そしてじゅいくんの。。





やはりここは地上の楽園。


2018.12.24 Monday

La Nochebuena


イヴの夜は家族で静かにすごし
深夜のミサですきとおる聖歌隊の声に耳を傾ける。

そんな、サンタクロースもクリスマスツリーもない
スペインの田舎の素朴で静かなクリスマスがすきでした。

『クリスマスは家族と過ごそう』
スペインではこういうキャッチフレーズがテレビで流れ
ごちそうである茹でエビが食卓に並び・・

でも弁護士をしている親友は、
『こんな風にクリスマスがプロパガンダになるのは好きじゃない』と言いました。
彼女の住む小さな村の中でも深刻な悩みを抱えてこの夜を独りで過ごす人が
より哀しみを味わっていることを知っているから。

私が子供のころ、母の日になると学校の中で、
お母さんがいる人は赤いカーネーション、
お母さんがいない人は白いカーネーションのブローチを胸につけさせられました。
これも何かの利潤に基づいた大きな組織の思い付きなのでしょう。
白いカーネーションのブローチをつけさせられた男の子の
なんともやるせない表情が忘れられません。
このあまりにむごいプロパガンダは気がつけばいつのまにかなくなっていました。

無知や経験不足、想像力の欠落、故の無神経な残酷さ。
そんな時代を経て
こんどはその無神経な残酷さを恐れるあまりか、振り子は極端に振れて
神経症的・潔癖症的病状を持つ時代へと移り変わってきました。

干渉しない無関心さ。想像力は欠落したまま。
自分の領域を利己的にまもってやっと安心する。
視野の狭さは個人主義ではなく利己主義なんだよ
と教えてくれた人がいました。


大地はどう思う。
私はどの界で生きてゆきたいと思う。

並行する界のこと。
食のこと。
大地のこと。

総てはつながりを持っているから、一事は万事。
食をみればその人が分かるし、
大地をみればその国が分かる。

直感の鋭い人達は驚くほどにいっせいに、
これから先どうしたらよいかまでをも含めてみな気づき動きはじめています。
突き詰めて、もうこの道しか残されてないと。
この方法でしか地球は救えないと。

これからますます二極化が進むでしょう。
気づいている人と
気づかない人。
気づいても自分で枠を作って行動を起こさない人は気づかない人に属します。

気づいている人は道をすすみ
気づかない人は滞る。
扉は閉じかけているので急ぐ必要はありますが
まだチャンスはあります。
急ぐためには学ぶこと。


何のために自分はこの地上に生まれてきたのか
自然を、大地をみれば、それはあまりに明確です。



2002年
親友とともに飾ったスペインのクリスマス飾りbelen


2018.10.09 Tuesday

山頂から森、そして海へ。巡る水脈を辿る。
















































































水脈辿れば この地上総て 天海含めて大地。




2018.10.01 Monday

10月のはじまり




大きな黒い龍がまっすぐ突き進んでいった昨晩から今朝にかけて。

全く眠れませんでした。
昨日はものすごく体が緩んで眠いのに眠れない。
木の雨戸と木のサッシのがたがた音が半端なくて。。
おまけに室内に風が吹いてる。笑。
当然障子が湿って帆船の帆のようにばたばたと障子紙がひらめく音も
一晩中。。これは今もですが。

家ってこんなに揺れて良いのかな。。というくらい
エアポケットに入った飛行機のように揺れ、
また海鳴りの轟音も飛行機に乗っているかのようでした。



その割には金木犀の花も思ったほど散っていませんでしたし、
近隣ではとりあえずは諸々被害も最小で済んだようでありがたい。

なんだか丹田に響く今回の台風の通過でした。

地球のぺいすで。




Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
生活をみなおそう
                       
MAJOホームページ
http://majo.moo.jp
MAJOへの仕事のご依頼
展覧会や委託販売、制作などお問合わせは まずはメールにてご連絡下さい。 majo_ceramica@yahoo.co.jp
Profile
MAJOプロフィール
 
Live Moon ブログパーツ
 
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode