アクセス解析
レンタル掲示板
2018.07.16 Monday

今夜は窯番

 


写真は、釉掛け後の作品「海ノ雫ハ香ノ露」たちの窯出し。
これに金彩を施し、焼き重ねます。

今夜は最終焼成の窯番です。




gallery ARCA企画展
『小宇宙のかけら〜海の雫〜』

宇宙〜生命をテーマに、
ギャラリープロデュースによる作家7名の企画展。

7月19日(木)-31日(火) 12:00-19:00  水定休

会場/gallery ARCA
 神戸市中央区北長狭通4-7-3 元町フタバビル201
 tel.090-6323-2037
 JR元町駅 東出口改札より徒歩1分

お越しをお待ちしています*


2018.07.12 Thursday

ゆっくりゆっくり。


大皿乾燥中のようす。
ちらり。


大物は、こうやって新聞紙をかけて養生しながらゆっくりゆっくり乾燥させます。
どんなに締め切りが迫っていても、陶芸は工程を急がせることができません。
急いで無理をかけると、必ずひずみや割れとなって表れてきます。
そうなったらまた最初からやり直すしかありません。
あくまで自然に沿うものなので、人の都合では急げない。
陶芸のいいところだなあ、と思います。

今回はここのところのおしめり続きで、かなり良い感じにゆっくり乾いてくれました。
この大皿は今月、フライヤー撮影に使用する予定で、現在は窯の中にて焼成中。

どうぞうまく焼けますように。


2018.07.12 Thursday

窯焚き

 
夕方から1回目の窯焚きスタートしました。

次の窯出しより絵付けに入り、焼き重ねてゆきます。








香炉『 海ノ雫ハ香ノ露 』シリーズの人魚たち




gallery ARCA企画展
『小宇宙のかけら〜海の雫〜』

宇宙〜生命をテーマに、
ギャラリープロデュースによる作家7名の企画展。

7月19日(木)-31日(火) 12:00-19:00  水定休

会場/gallery ARCA
 神戸市中央区北長狭通4-7-3 元町フタバビル201
 tel.090-6323-2037
 JR元町駅 東出口改札より徒歩1分


2018.06.27 Wednesday

打ち合わせ

 
今日は打ち合わせで鎌倉へ行きました。
今年の9月にとても素敵なお屋敷での企画展の話が進んでいます。









会場を確認しながら詳細諸々の打合わせ。
かなりたくさん作品数も展示できそうで制作意欲が湧いてきます(^-^)



ほんとうに素敵な場所なんです!!




長年のものづくりの仲間、絵付師あっかさんとの念願の二人展。
あまりに会場が素敵すぎるのであっかさんと二人でテンション上がりっぱなしでした。





詳細が出ましたらまたお知らせさせてくださいね!


今日の打ち合わせでテンションあがりっぱなしだったので、
家に戻ってから少し疲れてウトウト・・

目が覚めてふっと空を見上げたら、まんまるお月さんが昇るところでした。






2018.06.13 Wednesday

作業再開!

 
いきなりロクロを沢山ひくことができました。

嬉しい。

まだ体力が戻っていないのでほとんど丹田力のみでひいた感じ。

自分でもびっくりするほどたくさんひけたのですが、一度の失敗もなし。

それだけいつにも増して心が落ち着いていて穏やかなんだと思いました。





2018.05.15 Tuesday

オートクチュール

 


陶人形のお洋服はオートクチュール。
体形にあわせて丁寧にパターンを起こします。

布地は学生のころから集めている目黒の池田屋さんの高級正絹の古布より。
池田屋さんに行くと、いつも何かピンとくる布や、ぎゅっと心つかまれる布に出会います。
今回のテーマにぴったりの織があったので。。




MAJO個展 ARCO IRIS

5月3日(木)-5月27日(日) 
12:00-19:00 水曜定休

会場/gallery ARCA
神戸市中央区北長狭通4-7-3 元町フタバビル201 
tel.090-6323-2037
JR元町駅 東出口徒歩1分
2018.04.29 Sunday

最後の焼成スタートしました。

 
個展「ARCO IRIS」のための作品たち、
ついに最後の窯焚きをスタートしました。

今夜は窯番です。




今回、私にしては珍しく色彩のものもあります。

しかしあくまで淡く・・春霞。





先日作った透明釉。

いつもより土味がでる雰囲気に掛けてみました。


茶色っぽい部分は金彩です。
現在この金の焼付け焼成をしています。



どうぞうまく焼きあがりますように。


2018.04.22 Sunday

窯出し

 
無事、新しい釉の作品の窯出しができました。
太郎くん(窯の名前)やったね!という非常に複雑でうつくしい焼き上がり。。



窯の神さまからのいただき物のよう。
ありがとう。。大切に金彩をつけさせていただきます。


2018.04.17 Tuesday

陽の気を運ぶもの 〜サンキャッチャー

 
ノアの方舟には、
地上の善良な生き物たちをつがいでそれぞれと、
善良ではない生き物ひとつがいが乗せられた。

では海の生き物は?

2011年の震災の時の事を思う。
三陸の漁師さんが曰く『工業廃水や生活排水で汚染されて
湾や川から姿を消していた生き物が、震災の後、数十年ぶりに戻ってきた。』

海洋学者も震災の後の調査で、
『信じられないくらいに海中の生き物が活発になって、水中はとても賑やかだ。』と言う。

ノアの洪水の時ももしかしたら
水中では生き物たちが活発に生命を育んでいたのかもしれない。



作品を作る時はいつも、
これから生まれ出でてくる生き物たちの環境(界)に、自分も身を置く状態になる。
去年、人魚の企画展で制作をしたときは、とても畏い・怖い思いをした。
人が立ち入ってはならないと直感的に感じる深海へ、あえて立ち入ることへの畏怖。



方舟のイメージとともに、
海のイメージ。

偶然、ナショナルジオグラフィックのニュースで白鯨発見との映像が流れた。

白鯨。

そうだ、次に深海へ行くときは、
途中までクジラに案内をしてもらったらどうだろう。
そう思ったとたん、畏さはあっても、恐さは消えた。



命の仲間の道案内。

方舟の前に
白鯨が顕れた。



海中に陽の気を運ぶものとして。


2018.04.11 Wednesday

土の微振動




どこにも緊張がないおおらかな状態で大変満足のいくロクロ成型ができました。

職人さん的なロクロのひき方は、その役割を担っている方にお任せして
いまや明確となった自分の役割に添うロクロのひき方を今日はよくできたように感じます。

ロクロでひかれた土たちがワクワクとしているのを見て、
私もワクワクさせられています。



無心で土にふれていると、
デジタル画面でボロボロになっていた目の疲れや
上半身のコリ、不調なように感じられていたところが整ってゆくのは何故なのでしょう。

これは想像だけれど・・

波動と波動はいともたやすく影響を受ける。

土の持つ波動があって、
原来土から生まれた人もその波動であるはずなのに
何かの影響で乱されてしまう。
土にふれることで、乱れた波がまた整う。

あまりに土にふれて心地よく、
自分が土そのものになってしまう感覚になるのは
土も私も「同じ」だからでしょう。

物の見方を波動からの視点に置き換えると、
様々な問題をいとも簡単に解決できることもありましょう。


Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
生活をみなおそう
                       
MAJOホームページ
http://majo.moo.jp
MAJOへの仕事のご依頼
展覧会や委託販売、制作などお問合わせは まずはメールにてご連絡下さい。 majo_ceramica@yahoo.co.jp
Profile
MAJOプロフィール
 
Live Moon ブログパーツ
 
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode