アクセス解析
レンタル掲示板
2018.10.16 Tuesday


今日は閉じこもって絵付け仕事。
こんな日は、ちょこちょこ面倒を見ながらの天然酵母のパン焼きにちょうどよい。

昨晩仕込んでおいたパン種を
朝昼ごはんにタイミングよく焼き上げることができました。
味噌汁とかおから和えとかにも合う、がっつりした旨味の濃いぃパンです*


久々にいただく焼きたてパンの幸せ・・。
(天然酵母パンの場合は冷めてから旨味をより感じるのでそれも好きなのですが)

ついでにおやつに、里芋のパウンドケーキを焼きました。
すりこぎでできる範囲内ですりつぶして生地に混ぜ入れたらふわっふわの出来上がり。
ひよこまめと豆乳ヨーグルトから作った天然酵母液を生地に入れ、
1日半ほど常温で発酵させて膨らませました。


天然酵母でケーキなど作るのは難しいなあ、と感じるのですが、
今回はお芋の効果か、ふわふわで成功と言えそう。
色々ほかの野菜や果物でも試してみたいところです。




昨晩スペインの友人から連絡があり、
息子さんがグルテンアレルギーを発症して入院したとのことで
病院からの連絡でした。

昨晩はさんざんその友人とメールで話していたのですが、
なんだか変です。

私のお米のアレルギーもそうですが、
お米も麦も、人類が長く食べ続けてきたもの。
なぜ急に近年になってそれらのアレルギーが増加するのでしょう。

先日地元の葉山で開催された「までいなマーケット」でも
今年は「麦」をテーマとして提唱されていましたが、
現代の農業に於いては品種改良のしすぎなのでは?という懸念が浮上してきます。
と同時に農薬と化学肥料の問題も見過ごせません。

アレルギーというのは、体が「これを体内に取り込んではいけない」と
なんとかして体外に排出しようとする、体の自然にとって正常かつ清浄な反応です。

アレルギーが出たのだとしたら、体の方ではなくその食材を検査するべき、
多くの人が拒否反応を示すのならば、
やはり普通に考えて食材がもう「食べるものではなくなっている」
と考えるべきでしょう。

グルテンフリーがただの流行で終わりませんように。


結局その友人の息子さんは、
腸の検査の結果(検査がすごく痛かったそうでお気の毒です)
腸は正常に働いているとのこと。
そのため強いアレルギー反応が出ている原因が
医者も分からなくなってしまったとのことで
今日は血液検査をするのだそうです。

・・・もういじくりまわすのはやめましょうよ、と
それを聞いてつい友人に言ってしまいました。
現代医療を私は全く信用していない旨も伝えて。
(スペインの医療は日本に比べてまだ自然治癒に頼るところがあるので
経験上スペインの医療の方が、
薬剤を売って利潤を上げようとする日本よりはまだましとは思うのですが。)
食はもちろん医療も含めてケミカル・不自然を避けて、
あとは基本的にほっとけば(余計なことをしなければ)
体は必ず治癒の方向にしか行かなのですから。
気功の考え方とともに、私の意見として話をしました。

大きく見て大地も、そして身近な自分の体も含めて
最低限自然の邪魔をしないということの大切さ、
「治療」という名でその邪魔をするケミカルの怖さをまた改めて感じたのでした。



パン作りに関連してときたま拝読しているブログの最新記事が
丁度同じようなテーマを扱われていました。

ベーカリーアドバイザーの部屋 より
「赤信号みんなで渡れば・・・」
http://sizuasa.blog44.fc2.com/blog-entry-555.html



2018.10.15 Monday

午後のひととき

 
おじゃまします。




鎌倉のぺいすさんにて





午後のひととき。


じゅいくんの団扇に描かれた絵に見入りながら、




大人も子供もわさわさひとがいる心地よさ。





私が3、4歳のころに描いた絵が(今日はスケッチブック持参でした)
じゅいくんの団扇のひとつに似ていて。。なぜ?




インスピレーションの泉





心の扉開く場所。





お爺さまの書は 和 和 和






工房に戻り・・・今夜はよい絵付けができそうです。


2018.10.15 Monday

自分で守る

 
家族に、今日はごはん炊いたから食べてね、と言われて、
有機栽培ではないお米だけど少しなら、とお付き合いで食べたら七転八倒の苦しみ。
2年前のひどいお米のアレルギー症状がまた出た。

米袋を確認したらあの時に苦しんだのと同じ「ゆめぴりか」だった。
あの時と異なったのは、原因が今回ははっきりしているので、
1日で収まったこと。
2年前の時は、お米が原因とは知らずに、
おかゆを食べ続けた1週間ほどの間にどんどん悪化してしまって
本当に恐怖だったけれど、
対処療法ではなく原因を抑える事の大切さが身に染みる。

本当に懲りて、お付き合いで食べるは無いな、と思った。
はっきり断る事が大事。
何が原因で苦しんでいるのか、家族ですら本当にはわからない。
自分がその身にならなければ本当にはわからないのは道理だ。
医療に依存してる人も多い。
今回もし病院に行っていたら、医者によって色々とは思いつつも
やはり基本的に日本の利潤に傾いた、真の意味においては貧しい医療では、
もっと余計なこと(ケミカルなこと)をされていたと思う。
本当の原因も医者は分からないままに。
日本の医療と言うものの多くがそういう思考回路でマニュアル的に動いているのだから。

これは健康に、命に関わること、
当の本人でなければやはり本当にはわからないのだと実感した。
自分の体をまもれるのは自分しかいない。
自分の体のことをいちばんわかっているのは自分(=意識を排除した体の自然)なのだから。
そのために日常、感覚が鈍らないよう、研ぎ澄まされている状態で居ること。

今回の件以来、おせんべいを食べても鼻の粘膜から喉にかけて腫れてしまって(目も痒い)
ゆめぴりかに限らずお米の何かがアレルギーを引き起こしてしまうようになった。

今でも、完全有機栽培のお米だったら何も症状が出ないので、
やはりお米のアレルギーというより農薬やケミカルの添加物のアレルギーではないかと思う。

少なくとも自分で用意する食は、長期的に摂取して行ってもちゃんと自分の体が喜ぶもの(最低限ダメージを与えないもの)を用意したいと思う。

当たり前のことだけれど。



2年前、そして今年の6月と、体質がクリアになって
このような反応をおこして「摂取するべきではない」と教えてくれる
身近な自然(=自分の体)をありがたく感じています。

自然から学ぶことは多い。



2018.10.14 Sunday

<MAJO窯出し市 2018>につきまして






今年の窯出し市には、毎年のように新作も出品致しますが、
今回特にお問合わせの多い(ありがとうございます)、
「宮沢賢治の世界」のシリーズの絵皿も、
手元にあるものの中より今回出品させて頂こうと思います。
(上写真はその一部より)

「宮沢賢治の世界」のシリーズは
これまで関東で開催の展示でしかご覧・ご購入いただく機会がありませんでしたので
窯出し市の機会にぜひご遠方の方にもお楽しみいただけましたら幸いです。


<MAJO窯出し市 2018>
 10月26日(金)21時より
 11月1日(木)21時まで特設サイトにて開催
 ネット通販による年に一度の窯出し市です。


どうぞよろしくお願いいたします。



2018.10.14 Sunday

かぐや祭

 
大地の場所。
わくわくするモノコトを教えてもらいました。




「さんわーく かぐや」さんのかぐや祭。
今年で10年目、11回目の開催だそうです。


ぞうさんのおでむかえ。足のシワシワ!



裏に回れば。。「かぐや」の由縁。



何故か親しみあるスペイン語で"bienvenido/ようこそ"。



わくわくします。







そこここに動物のオブジェ(猫)。
奥の人だかりは、大好きな鎌倉のぺいすさんのブース。このかぐや祭を教えてくれました。



ここにもあそこにも動物のオブジェ*





生きてるウサギもニワトリもウコッケイも優しい目をしてて、
大事にされて、人を信じている生き物の反応。心なごむ。


鳥小屋の横にはやっぱりスペイン語。(何故?)
"かぐや は 友情、希望 そして 幸せ と同義語"



お金に関わらずに豊かに暮らせることを実行されている、かぐやの人々。
大地に根差した生き方を選んだ人たちが居るところ。

素敵です。


帰り道の段々畑の横の階段には"GRACIAS/ありがとう"。





ぺいすさんの焼き菓子とパンが今日のおやつ*



いまの時期は収穫祭だ。
うちの近所でも山の方では収穫にまつわる催し物がいろいろ開催されている。
当たり前のことかもしれないけど
都会の方に目を向けて受け身で生きていたら気づきにくい事かもしれない。
かぐやさんは住宅地のど真ん中に森を作り畑を作っている。
目をどこに向けるかで生活の仕方、生き方が全然違ってくるということを
机上ではなくほんとうに見せてくれている気がしました。
そうしたいと思えば本当はいつでもできること。
大地に根差すということ。


Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
生活をみなおそう
                       
MAJOホームページ
http://majo.moo.jp
MAJOへの仕事のご依頼
展覧会や委託販売、制作などお問合わせは まずはメールにてご連絡下さい。 majo_ceramica@yahoo.co.jp
Profile
MAJOプロフィール
 
Live Moon ブログパーツ
 
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode