アクセス解析
レンタル掲示板
2020.07.15 Wednesday

今日の朝昼ごはん*

 
長雨ですね〜。
陶芸の土が全く乾きませんね〜。

 

梅雨らしい梅雨がない年がずっと続いていたので
子供の頃から学生時代までいきなり暑くならずに
7月前半までウールのジャケットをしまわずにいて
梅雨の寒さをしのいだことを今年は思い出しています*
 


 
今日の朝昼ごはん*


左上のガラスコップから右回りに。

コップの中身はパラダイス酵母のリンゴ発酵ジュース💖
今となっては私の腸内調整のたて役者です。
パンも作れるし、糠床もつくれるし、万能酵母!

 

ガラスコップ横の小さな器に入っている生くるみ。

 

そのお隣は白菜とアボカドのサラダ。
自家製塩麹で和えて、ニンジンのすりおろしのトッピング*

 

そのお隣お盆の右上端は自家製豆乳ヨーグルト。

 

その下は発酵玄米と野菜のおじやのスープ*
おじやはスペインのollaオジャが日本に入ってきた料理です*
今日のおじやはへっころ谷さんでお分け頂いた自家製お味噌が味の決め手。

 

その左隣はスペインのオリーブオイル。
フルーティーなお味で大好き。パンにつけます*

 

最後、左下のお皿にはパンとスコーン*ニンジンの糠漬け添えてます。
パンは近所のプラートさんのもの。
素朴で香ばしい。窯がやっぱり違う。
スコーンは全粒粉で自作のもの*

 
その中でも今日の朝昼ごはんで特筆すべきは(笑)
こちら。

 
自家製豆乳ヨーグルトの上に乘っている赤いのは
先日地元農園さんで沢山採らせて頂いたすももをジャムにしましたもの*
そしてそのよこに乗せたのはプルーンの糠漬け。
豆乳ヨーグルトとプルーンの糠漬けの甘酸っぱさが
なんとも発酵同士ピッタリでハマっています!
 
感謝の食卓*

 

 
 

2020.07.15 Wednesday

エネルギーの世界


昨日の明け方3〜4時頃、
宇宙から沢山のエネルギーが降りてきました。
 
目を閉じるとはっきりと視えるものが在り
目は閉じているのですが目を閉じて視る世界が現実として在るのが

手にとるようにわかるという感覚です。
 
**
 
こういう感覚は、
今年になって初めて一度経験しています。
 
やはり明け方の3〜4時頃で、
寝ぼけ眼でしたが目を閉じると
イズミック・タイルの床がはっきりと視えました。
スペインでもよく見かけるトルコ発祥のアラブ式装飾タイルです。
一度目を開けると、いつもの自分の部屋です。
もう一度目を閉じると、また、目を開けているときと同じ現実感で
タイルの床が絵柄の細部まではっきりと視えます。
そのタイルをみながら、
私自身『アラブ人だったんだ!』と驚いている自分が居りました。。
 
これはどういうこと??という大変不思議な経験でした。
今でも夢ではなかったような気がしています。
 

 
それから数日して、以前から会う約束をしていた
巫女舞のかたと鎌倉で会いました。
彼女の友人と、私と3人でランチをすることになっていました。
 
巫女舞のかたのご友人とは初対面でしたが、
私とも深いご縁があることが分かってとても驚きました。
 
またそのままお話の流れでご友人がいわく、私の祖先は、
ずっと代々土のお仕事をしている血筋であるけれど、
魂の転生を繰り返してきている代々もずっと土の仕事をしている、
と言われました。
私の父方がずっと先祖代々窯元であるというお話は
巫女舞の方にも、もちろん初対面のご友人にもお話ししていません。
 
さらにご友人が曰く
今生の私にもっとも影響している魂は
ペルシャやトルコ時代の私の魂だという事。
タイルを作ってる姿が視えるとおっしゃいました。
 
それをお聞きして驚きつつもどこか納得している自分が居りました。
なぜなら私の作品に欠かせないラスター釉の技法は
ペルシャで発祥し施されていた技法だからです。

 

ラスター釉は温度管理が難しく、
おびただしい数の失敗の陶器が遺跡から出てきています。
その技法はペルシャからイスラム圏を通じて中世スペインに
入ってきました。
わたしはこの技法と、スペインの窯元に文化交流で滞在しているときに出会い、
現在自分の作品に体現させて頂いて居ます。
現在でもあまりに繊細な技法のため量産のものには使われていません。
焼成が安易で失敗が少ないラスター彩の方が広く普及したようです。
それもそれで一つの伝承だと私は思って居ますが、
何故か私の処には何の苦労もなく「ラスター釉」の技法がやってきたので
素直に作品に体現させて頂いて居ます。
(ラスター釉とラスター彩は別物で質感が全く異なります)
「苦労なく」というのは、
大自然の真意が宿っているからこそと私は理解しています。

必要がなくなればまた大自然にお還しするものです。
 
**
 
前置きが長くなりましたが、
一昨日の明け方のことです。
 
ふと目を覚ますと
綺麗な光の細かい粒子が上方から降ってきているのが視えました。

 

その光の粒子は瞳のような同心円になったり、
8の字を横にした、無限大の形に泳ぐ煙のような筋になったり
(龍のエネルギーだとすぐにわかりました)
ふわふわもやもや雲のように刻々と変化していました。

 

 

そんな風に部屋の空間を見つめていた眼を閉じると、
今度は横向きの宇宙人の女の子が視えました。現実として。
目を閉じて視えるものがリアルと感じる、
イズミック・タイルを視たときと全く同じ感覚です。

 

女の子の頭部や大きなアーモンド形の目ははっきり見えるのですが
それ以外のものはなんとなくぼやけて煙のように視えました。
女の子は右横を向いて彼女の右側の空間に居る、
先ほどの龍のエネルギーに話しかけているように視えました。

 

私は一瞬「こわい」と思いました。

 

けれど、そう。
宇宙人を「怖い」と思うということは、
刷り込みと思い込みだという事が分かりましたので、
少し怖いという気持ちを抑えつつ、
「よくみなきゃ」としっかりと目を閉じてよく視ようとしました。

 

すると慣れてきたのかどんどん怖さが薄らいで

逆に私は謝りたくなり、
『怖いなんて言ってごめんなさい。』と謝りました。

 

するとそのアーモンド形の目をした女の子のイメージは消え、
更に強いエネルギーが部屋中に満ち溢れて
私の身体も通して満ちているのがわかりました。

 

そして体感として私の身体の右側が集中的に癒されているのを感じました。
とても丁寧に金と薄緑色の光の粒子のエネルギーで癒されている感覚です。

癒しというより治療と言った感覚の方が近いかもしれません。

 

私が気になっていた体の右半身の緊張して疲れているところが
すべて痛みや固さが、とれてゆきました。
特に鼠蹊部にエネルギーが注がれると、
右側の身長が伸びるような感覚が在りました(変な言い方ですが
3次元的な体感と異なるので表現のしようがありません・・)。

 

最後に気になったので心の中で
『あなたがたはどなたですか?』とお聞きすると
(何故か複数人と思って居ましたが、、実際には人の形は全くなくて
ただのエネルギーと感じていたものに対してお聞きしました)
お返事は『アルクトゥルス』と言ったようでしたが
その答えに自分で確信できなかったので
『シリウス?』
『プレアデス?』と順番に聞き返しても反応がなく、
やはり『アルクトゥルス』という音に落ち着くのが分かりました。
(私はテレパシーに慣れていないので意識領域が邪魔して時間がかかるようです)

 

 

朝になって目覚めて(というかずっと目覚めていたのですが)、

いままで凝り固まって重かった私の身体の右側が
左側と同じようにバランスが取れているのが分かりました。

未来、医療はこういった形に変わってゆくのだという事を

胸のどこかで受け取ったようにも感じました。

 

そして『怖いと言ってごめんなさい』と謝れたこと、
怖いと思わなくなり、心にあたたかなものを感じている自分を嬉しく思うのでした。
 
 

 

これはだいぶん前より時々起きていて気づいていたのですが

私の部屋の天井は普段はただの白天井なのですが

このときも天井が金の網目のようになって光っていました。

 

 

 

2020.07.15 Wednesday

霊水

 

図書館の近くの川にいつもよりたくさんの鯉が集まってきていて

踏切を待つ間ぼんやりと眺めていたら、

他の鯉より2倍の大きさはあろうかという主が顕れました。

しかも金色。

 

 

雨でなかなか日常飲む湧き水を汲みに行けなかったのですが

今日の晴間に行くことができました。

 

 

ここはヤマトタケルの湧き水。

古来より霊水といわれて万病に効くとか。

湧き水の上のご神木は楠木。

北極星ともつながってる。

 

 

神紋のことはよく知らないのですが、菱形に目?

宇宙を感じます。。

 

 

ここの湧き水は水量が少ないと言われているのですが、

夏至以降の長雨で豊かに湧いていて水に集まる虫達も豊かです。

 

ここの水を飲むと、水に栄養があることがよく解ります。
とりあえず水を飲んでいるとお腹空かない感じ。。
水だけで活きる仙人の話なんてありますがこういう水だったらありえそう。

 

 

  

ついにお肉が全く必要ない心身になったので

 お野菜が添えものとして扱われていないこういうランチはとっても嬉しい🎵

 

 

 

2020.07.13 Monday

コロナを越えて

 
高校生の時、
『日本海側にいくと誘拐されるんだって!』という
都市伝説が流行っていました。
ずいぶん後になって
北朝鮮の拉致事件ということがあったのを知らされました。
 
大学生の時、
『東京ディズニーランドで子供がいなくなるんだって』という
都市伝説が流行りました。
 
大人になって、
都内の文化センターで陶芸の講師をしていた時、
文化センターの掲示板にとても気になるポスターが貼ってありました。
それは子供の人身売買を防止する訴えのポスターで
『お金で子供たちが売られています。
これは「現代」の「日本」で起きている事です。
身の回りで不振なことがあったらすぐに警察へ』
といった内容のものでした。
このようなポスターが貼ってあることを友人に話しても
『ええ?いまどき?』と吃驚されるばかりでした。
 
すでにアメリカやヨーロッパでは情報開示されているようですが
まもなく日本でも(すでにyahooニュースには少しずつ出ていました)
このコロナというあまりに不自然な世界的現象の本質が明かされるようです。
 
この話題を私が取りあげたのは
日本でもし再び自粛要請が出た場合、
これをお読みになっている皆さまには
何があっても外出を控えてほしいと思ったからです。
 
はっきり言ってマスクや消毒などどうでもよいんです。
日本では7、8月が要注意といわれています。
テレビのニュースでも都内の感染者数を上げてきたことには意味があると感じます。
今日はクラスターといっていましたね。
やはり、と思ってしまいます。
 
人の集まるようなところ、
大きな劇場、
大きな病院、
人込み、
都心部の電車、
そういったところへ行かないように本当に気を付けてください。
停電になることも在るかもしれません。
しばらく分の食料とお水をお持ちになった方がいいかも。
 
もしかしたら山の中や人気のない海も気を付けてください。
 
何もなければそれでよしです。
 
先日の三浦半島の異臭事件、
アメリカの軍用機が何事かと感じるくらいに沢山飛んでいた事、
閉山された富士山はアメリカ軍が演習に使っている事。
(本当にコロナのせいなら他の山も閉山されるはずです)
日本のテレビのニュースではまだほとんど何も報道されていません。
 
すべてこれから明かされるでしょう。
ここにそのソースのリンクを貼れば
簡単にお伝えはできるかもしれませんが、
個人個人にとって重要なことは
なにより表面的なコロナにどうぞ惑わされず
世の中の本質を視てください、ということです。
そしてもし次回、外出自粛の要請がでるのは、
コロナからではなく、
あなたの命を守るためだという事だけ、どうぞ覚えていて下さい。
 
真実を追いたい方は、
コロナという現象がいったい何なのか、
いま世界で何が起きているのか、
日本のテレビや新聞などのマスコミではないところで、
広い視野を持ってご自身で調べてください。
いまは日本語での情報もネット上に出ています。
本質に目を据えて真剣にたどればたどり着けます。
そういう意味ではネットの時代はすごいなとも思います。
 
あと少し、大変な時期を越えましたら
もうその先にはこの5000年間とは比べようもない、
素晴らしい時代が待っています。
すでに世界はそのレールに乗っています。
そのために世界中を巻き込んでコロナという現象を利用したのですから。
 
ほんとうにあと少しの我慢です。
 
「paciencia/我慢」というスペイン語の語源を辿ると
「paz/平和」 という言葉にたどり着きます。
これは現実として大変深い意味のある源だと改めて思って居ます。
 
 
今日もたくさん海に歌ってきました。
 
 
 
2020.07.13 Monday

つれづれ

 

きのうは、高円寺での長きにわたる旧作市の搬出に行っておりました。

ベストな場をご提供くださったToo-tickiの店主さま、そしてスタッフの皆さま

本当にありがとうございました!

重ねましてお越しくださいました皆皆さまには本当にありがとうございました。
 
23年間に渡って続けた旧作の世界でしたが、3年前にいまの状況にシフトしてからは、
旧作の扱いについてずっと気になっていましたので
ようやく綺麗に旧世界の扉を閉めることができて幸せです*
 
心からありがとうございました。
 
 
一昨日のカミナリさま。
すごかったですね。
真頂点で鳴っていたので本当にすごかった。
いえの屋根の真上でも鳴っていたので、稲妻が撮れるかなと思ったのですが、
真上だったので部屋の窓からは撮れませんでしたが
連続(200回以上だったそうです)の雷鳴と稲光に
あたり一面、なんとも不思議な明るい世界でした。
 
 
 
 
気づいたら庭に知らないうちに生えていたいくつかの赤い紫蘇。
 
一株鉢あげして身近に置いています。
今朝きづいたのですが、葉っぱの一部がきれいなコパー系のラスターに
変色していました*こんなの初めて見た〜。可愛い*
 
 
 
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
生活をみなおそう
                       
MAJOホームページ
http://majo.moo.jp
MAJOへの仕事のご依頼
展覧会や販売、作品のお求めやお問合わせは まずはメールにてご連絡下さい。 majo_ceramica@yahoo.co.jp
Profile
MAJOプロフィール
 
Live Moon ブログパーツ
 
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode