アクセス解析
レンタル掲示板
2019.09.21 Saturday

すこしずつ

 
先日の鎌倉の展示でお客さまにいただいたお花から、
ドライにできそうなものを選んでみました。


お茶なども頂いて、私の体質をお気遣い下さってでしょうか、
お客様のお気持ちを感じる内容のものを頂きまして、
いまとても美味しくいただいています。
こういう時に本当にエネルギーになりますね。
心からありがとうございます。

いかんせん家そのものが修復されないと
何も片付けられないのですが、
それでも今日は、工房内に散乱するものをすこし脇に片づけたり、
濡れてしまったので広げて乾かしていたものを脇に纏めたり、
埃をかぶってはならないものを養生したりして
すこしだけスペースができましたので、
土を練り、ロクロを回してみました。
ロクロの下まで浸水してしまったので心配していましたが
電源もとれてロクロも稼働しました。

小さなスペースで、ロクロをひきました。
先日鎌倉の展示でお客様から水に関するヒントをいただいて
偶然にも次の個展が水に深くかかわる内容でしたので(不思議と繋がるものですね)、
ぱあっと目の前が広がりイメージが湧いたので、
その作品を作ってみようと思っています。

台風の被災の中で唯一、絵付けの机と
絵付けの道具一式の置いてあった一角が無事であり、
また重ねて幸運なことに
窯が被災直後から稼働してくれたことで
先日の鎌倉の展示への出展ができたのですが、
土の工程の作業はまた別だと思っていました。

今日、チャレンジしてみて、
土の工程も小さくだったら始められることがわかりました。
今日、作品制作に関する全ての陶芸に関する工程が行えることが分かりました。

3年前にこれまでで最もひどい胃腸の激痛で
のたうち回る程の体調不良を起こした時に、
(食品添加物や農薬などのケミカルのアレルギーの発祥でした)
その当時勤めていた食のお仕事のオーナーさまから、
『遅れた分を取りもどそうとしないでください。
より大きく羽ばたくためのいまはその準備の時です。』
とのお言葉をいただきました。
(実際に食に関して飛躍的に意識が変わりましたし、
究極の毒だしをしたおかげで味覚や直感も鋭くなりました。)

このお言葉が今また胸によみがえっています。

そしてまた、同じくこの食のお仕事で、
別のセクションでお仕事をされていた方から今回の被災の後でご連絡いただき、
『陶芸に関することが無事だったということは
それが求められているということですね』
とのお言葉をいただきました。

励ましのお言葉というよりも私には真理のように受け止められました。
いままでと全く異なる非日常な感じですが、これが今の私の日常なのですね。
研ぎ澄まされ明確に私に訪れたものを表現できる幸せは、
これまでと一切変わらないということもわかりました。




2019.09.20 Friday

何もできないから何でもできる

 


ひとつまえのおぼえがきに
仕事も日常のこともできない、と書いて気づいた。
ということは、何でもできるということ。

仕事があって
日常の諸々があって
できなかったこと。

一番したかったことは
産土神社の境内のお掃除のお手伝い。
ぱっと心にひらめきました。
さっきお参りに行ったら、
ちょうど氏子会の方が境内の木々を綺麗にされていて
勇気を出してお声かけさせてもらいました。

とんとんとんとお話は進み、
お手伝いをさせて頂けることに。

すごくうれしい。
ずっとやりたかったことの願いが叶いました。
諸々理由を持ち出して難しく考えて
自分でできないって思いこんでいただけだったなあと思います。


嬉しくてまた海に行ってしまいました。






そういえば私、泳ぐこともやりたかったんだったなあ。
閉じ込めていた思いを思い出す。


2019.09.20 Friday

工事中断。 海へ。

 
昨日一日屋根の下地を作っただけで工事が中断してしまいました。

千葉の方の被災もあり、現在建材が足りない状態なのだそう。
次にうちの工事をしていただけるのはいつになるのか。。
仕事も日常生活もできない状態なので、
大好きな海の際の神社に行って過ごしました。



ふう。。深い深呼吸と強いびりびりとするエネルギー。

海の浄化力は本当にすごいですね。
2011年の震災以降、海の際に住むことを避けるように警告する人が多いけれど
じっさい今、私は海の際に住んでいて、
果たしてその警告が必ずしも賢い判断だろうか?と思ってしまいます。
人生に於いて大切にして生きるものごとは人それぞれ。
人それぞれの生きる喜びとともにこの世に生まれてきた役割があります。
それが素晴らしいのです。





2019.09.19 Thursday

家の修復工事始まりました

 


昨日までの日常が突然無くなってしまうことが現実に在るとは、
自分が被災者になるとは、
おそらく多くの人は自分の現実として思ってもみないでしょう。
私もそうでした。

昨日と今日が鮮やかに一変する
その自然の大きな力にはやはり敬意しかありません。

被災直後のおぼえがきにも書きましたが、
怖いという感覚はなぜかなかった。
それは思うに日頃から
海と山に自らの細胞ごとすっかり溶け込んでしまっていたから。
だから地震があっても津波があっても台風が来ても、
自然を信じている自分が居ましたし、
いまでも変わらず心から自然が大好きですし
並々ならぬ浄化をもたらず台風にもワクワクします。
そういう自分の心を確かめることができて幸せです。

2011年の東北関東大震災の後、多大なる津波の被害を受けた三陸の漁師さんが
『今でも海が大好きだ』とおっしゃっていた気持ちが
そのままいまの私の実感です。

狭い視野のなかで生きていたら
二項対立で物事を見て
気に入らないものには蓋をして
それで終わったように見せかけることもできるのでしょう。
けれど自然は・自然の生き物たちは、
二項という息苦しい狭さを優に超え、
立体的に立ち上り、
全てを包み込み調えてくれます。
調える方向に動いてくれます。
その自然の中の一粒に自分が居る。
それが真の姿です。
その実感を、今回、魂の奥で得たことが何よりの宝物だと思っています。

だからほんとうは魂は自然がおこなうことに対して「被災」なんて
ちっとも思っていないんです。
きっとこの感覚は私だけではないと思います。
全ての人の魂はまちがいなく大自然の子ですから。

もし災いと感じることがあるとすれば
それは人の魄が起こしたことだとわかるでしょう。

今回無事に救出できた本のうち、
菅原道真公が魂魄について書かれた本を、
落ち着いたら改めて読み返したいといま思っています。


2019.09.18 Wednesday

避難生活10日目

 
先日の鎌倉の展示にお越しくださったお客さまにも
ここおぼえがきを読んでくださっていてお見舞いのお言葉
頂いてしまいました。
ありがとうございました。

現在、避難生活の中でほとんど眠れない(平均睡眠時間4時間くらい)
のがつらいですが、それ以外はやはり恵まれています。
体調だけは崩さないようにと思っています。

ようやく明日から半壊した家の工事を始めてもらえることになりました。
うちの場合は大家さんが建築士ということで、
台風一過の翌日にすぐに大家さんのネットワークで
仮のブルーシートの屋根を付けてもらえましたし、
家が半壊してから本格的な工事開始までに約10日間かかっているとはいえ、
今回被災した家が多い中で、それでも対応は速い方なのだと思います。
(今日、地元の被災した方とお話しする機会があったのですが、
明日から工事が始まると私が言うと、
『それは早いですね。うちはこれから下見して見積もり取ってもらうんです』
とおっしゃっていました。)

台風から約10日経ったその間に家の状態はどんどん悪くなっており、
室内の天井は剥がれ落ち、また目にもはっきりとカビが、
とくに1階の天井一面にはびこってしまいました。臭いもひどい。

窓を開けて風通しは良くしているのですが、
ふつう濡れないはずの壁や床がどっぷり水に浸かりましたので
目に見えないところにもまだまだ並々ならぬ湿度がこもっていそうです。

明日からの工事に使う建材が先ほど届きました。
完成まで何日かかるのか分かりませんが、家全体の改装工事になります。



「体調だけは崩さないようにと思っています。」と上記しましたが、
そういえば9月の初めに地元で行われた防災訓練の時
(まだ台風15号が直撃する前)に、
非常食としてカンパンが配られたのですが、
その原材料にショートニングが入っていました。
気になったのですが、そのカンパンを食べたところ、
食品添加物特有のアレルギー症状が出ました。
胃の重さ、頭がぼうっとするのと、
身体が重くなり立ち上がるのもやっとになり、
何に対しても気力がなくなる、
こういった症状が二日間ほど続きました。

災害時こそ、
農薬や添加物のない食が必要だと実際に活動をしている方々を見つけました。
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=115498489836183&id=110840210302011

2011年の東北・関東の大震災の時にも問題になりましたが
自然災害の二次災害(自殺)を防ぐ一つの方法、
もしかしたらこういったこともかなり重要なのかもしれません。
つまり、食は命そのものということです。
食は心身を司ります。
特に災害時は精神状態と食のエネルギーはかなり直接的に関わってくると、
今回自分の経験からも感じます。


Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
生活をみなおそう
                       
MAJOホームページ
http://majo.moo.jp
MAJOへの仕事のご依頼
展覧会や委託販売、制作などお問合わせは まずはメールにてご連絡下さい。 majo_ceramica@yahoo.co.jp
Profile
MAJOプロフィール
 
Live Moon ブログパーツ
 
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode